BHのマスコット・じんぼうくんがつづるブックハウスの毎日
by bh-jinbocho
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
本日のおきゃくさま☆
ブックハウスイベント
お知らせ
サイン本コーナー
あれやこれや
神保町グルメ
イベントレポート
絵本作家さんのこと☆
フェア
原画展
メディア紹介情報
へなちょこスタッフ
ランキング
グッズ情報
勝手に育児日記
おはなしくまさん
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「ミヒャエル・ゾーヴァの世界と仕事」
シュールで思わずにんまりしてしまうユーモアもあり、芸術的な画風も大変高い評価を受けているドイツの大人気の画家といえば・・・。

ミヒャエル・ゾーヴァ。 画集 「ゾーヴァの世界」、 挿し絵では 「ちいさなちいさな王様 (講談社・アクセル・ハッケ著)」 など多数、オペラ 「魔笛」 の舞台美術・衣装制作、アニメーション 「ウォレスとグルミット:ウェアラビットの呪い」 の背景担当などなど 彼の活躍は多岐にわたって 世界中の人々に愛されています。

f0101969_1793284.jpg最新刊 「ミヒャエル・ゾーヴァの仕事」
ミヒャエル・ゾーヴァ画・文  
那須田 淳/木本 栄 構成・訳  出版 : 講談社
★日本の読者のためにゾーヴァが語りおろした画集第二弾! 今までの主な仕事についての言葉と たくさんの絵が入った大満足間違いなしの贅沢な最新刊です。



さて、彼は3年ほど前から 静岡文化芸術大学の招聘客員教授となって、日本の学生に指導をしています。  その他公開講座なども開催されていますが 昨日4月26日も 「ミヒャエル・ゾーヴァの世界と仕事 (平成21年度 特別公開講座) 」 が同大学で開かれました。 ゾーヴァ大好き!なスタッフは ちょっぴりおじゃましてきました。

公開講座は 講堂の舞台を教室に見立て、在学生、院生、卒業生で現在プロで活躍している方々などが机に座り 先生 (=ゾーヴァ) の出されたお題にそって自由に、そして決められた時間 (短い!) に仕上げる、という 素人の私からしたら非常に難しそうなワークショップでした。 正面スクリーンに学生さんの手元が大きく映し出され、作品を見ながら ゾーヴァさんのコメントを聞きました。 遊び心たっぷりのお茶目なゾーヴァさん、 評価が面白すぎて 時に会場が大爆笑になることも。 お題はたくさんあったのですが いずれも学生さんたちの想像力を問うものでした。 たくさんの人の前で 限られた時間にという厳しい条件の中 みなさんの作品はとても素晴らしく ゾーヴァさんもよく頑張りました、ありがとう、と最後にお声をかけていました。 

公開講座は残念ながら撮影禁止だったので、ゾーヴァさんのお顔をこちらに載せることはできませんが 今年64歳のゾーヴァさんは 堂々とした体格の 白髪の紳士、長年積み重ねてきたキャリアを基にした揺ぎ無い自信にあふれた キラキラした男性でした。 

最後に質問コーナーがあり、たくさんのゾーヴァさんの声が聞かれました。 その中のひとつ、「一番楽しかった仕事は? 逆に、辛かった仕事はありますか?」 という質問に答えたゾーヴァさん。

――― 一番楽しかった仕事は、前から個人的に好きだった ニック・パーク (ウォレスとグルミットの監督) と一緒に仕事ができたことです。 辛かったことは、(たくさんあるのですが) 20年くらい前にベルリン映画祭のエルビスプレスリーのポスター制作中、絵の受け渡しの1時間前に出来上がるようにラッカーをかけて置いておいたら 真上を猫がドタドタ渡って すべてめちゃくちゃになってしまったこと。

―――ユーモアたっぷりのゾーヴァさん、もちろんドイツ語で語られ通訳を介して聞いたのですが 直接理解できたらなぁっ!と思います。 司会は那須田淳さん。 ベルリン在住の作家さんであり、ゾーヴァの本の翻訳や 那須田さんの文章にゾーヴァが挿し絵を描かれたり、というゾーヴァさんのご友人でもあります。 和やかに充実のワークショップは終わりました。

4月29日から松屋銀座にて 「ミヒャエルゾーヴァ展」 開催されます♪ 29・30日は来日中のゾーヴァさんが松屋にてサイン会を行う模様。 わくわくわくします。

f0101969_11471859.jpg白いニガーのウンババ。 購入しました。 うふふ。



※ブログでご紹介しております書籍・グッズはお品切れの場合がございます。予めご了承くださいませ。
[PR]
by bh-jinbocho | 2009-04-27 10:18 | 絵本作家さんのこと☆
<< 「そらまめくんの絵本 ~なかや... 「アメリカからの小さなおきゃく... >>