BHのマスコット・じんぼうくんがつづるブックハウスの毎日
by bh-jinbocho
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
本日のおきゃくさま☆
ブックハウスイベント
お知らせ
サイン本コーナー
あれやこれや
神保町グルメ
イベントレポート
絵本作家さんのこと☆
フェア
原画展
メディア紹介情報
へなちょこスタッフ
ランキング
グッズ情報
勝手に育児日記
おはなしくまさん
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「たるいし まこ先生と 思い出の本たち」
f0101969_19174619.jpgポプラ社さんの絵本カフェ、6月は 昨年の課題図書 「かわいいこねこをもらってください (なりゆきわかこ作・ポプラ社)」 の絵を描かれた 垂石眞子先生の日でした。 表紙の猫の可愛さに思わず手にとられた方も多かったというこの本、私も大好きです。 長年絵本屋で働いていて 絵本の絵の力、表紙の持つ力というのに改めて気付かされた一冊でもありました。 先生の描かれるものの魅力について 自ら語っていただきましたよ。

f0101969_19175772.jpg最新作 「はなこ 八月七日にひろったこねこ (なりゆきわかこ作・ポプラ社)」 、赤ちゃんえほんの 「ぷーちゃんシリーズ(ポプラ社)」 や 「サンタさんからきたてがみ (たんのゆきこ作)」 、「よくばりぎつねのじろろっぷ (おのりえん作)」 (以上、福音館書店) などたくさんの人気の絵本を描かれている先生、それぞれの絵本を見てみると同じ方が描かれたと思わないほどタッチが様々で豊かです。 「同じような作品ではつまらない。 いろいろな発見がある、そんな作品が面白い」 とおっしゃる先生。 これらは全部同じ画材 (クレヨン) で描かれているんですって! ひとつの画材でこれだけ豊富に表現できることに驚き、ますます尊敬の眼差しを向けてしまったわたしでした。
 可愛らしい動物を描かれる印象が強い先生ですが ねずみ、ねこはもちろん、ライオンなどもきちんと観察して描かれているそうです。 風景も可能なかぎりその土地、もしくは近しいところを訪れて取材されるということでまたびっくり。 「きちんと観察することは大事」 とおっしゃる先生。 ライオンを見に動物園に通って ライオンの生態まで楽しんで観察していらっしゃるんですって♪

さて、そんな先生が絵本を描くようになるきっかけとなったという、大事な思い出の本を3冊 拝見させていただきました。 何やら貴重な年代物といった感じで、こわごわ手にとらせていただきました。

「シートン動物記(竜口直太郎訳・評論社)」1958年
「嵐が丘(集英社ジュニアコミック・あすなひろし)」1967年
「リッラン」イーヴァル・アロセニウス(邦訳リッランとねこ(福音館書店))

f0101969_18594614.jpg先生の生まれた頃はまだ読み物が豊富になかったという 活字にちょっぴり飢えていたそんな時代――小学校の時に出会った 「シートン動物記」、中学に入って夢中で手に入れて読んだ 「嵐が丘」、そして美大を出 社会人となってからスウェーデンで運命の出会いをした 「リッラン」。 この3冊との出会いが先生の生涯で大事な分岐点となったそうで、これがきっかけで絵本を描くようになったと言っても過言ではないとのことです。 「シートン」 は当時お小遣いよりも高い本のシリーズを苦労の末2年間かけて8巻集め、「嵐が丘」 はセリフも展開もそらでいえるほど繰り返し読み、「リッラン」 は会社の引き出しに大事に大事にしまっておいた・・ などなどこれらの本のお話は尽きません。 年月が経っても先生の心の中に生き生きと生き続ける本たち。 一冊の本を大事にする時代というのは 現在 物が豊富に手にはいる時代から見ると ちょっぴりうらやましくもありますね。
f0101969_19193799.jpg
「現在、本が与える影響力はどうなのかわかりませんが、自分にとって本は進む方向の道しるべになってくれたと思います。そういう絵本を作っていかれたらいいなと思います」
――先生の作った素敵な絵本たちが人生の分岐点になる、そんな幸せな子どもたちがこれからも増えていくといいなあ・・と 先生のキラキラ笑顔を見ながら思ったわたしでした。

たるいし先生、また素敵な絵本を待っています! ありがとうございました♪

f0101969_19221415.jpg「おきておきてぷーちゃん 」 たるいし まこさく
税込価格: ¥840 (本体 : ¥800)
出版 : ポプラ社
サイズ : 19×19cm / 24p
ISBN : 978-4-591-10331-9
発行年月 : 2008.5
先生の次男坊さんの小さな頃がモデルという ちょりんとした頭が可愛いぷーちゃんシリーズは あかちゃんに大人気です♪ 赤ちゃんの好きなものがたくさん詰まったぷーちゃんシリーズ、オススメです。
f0101969_16495456.jpg



※ブログでご紹介しております書籍・グッズはお品切れの場合がございます。予めご了承くださいませ。
[PR]
by bh-jinbocho | 2009-07-09 18:54 | 絵本作家さんのこと☆
<< 「元気いっぱい! おはなし会」 「たなばたミニ飾りをつくろう!... >>