BHのマスコット・じんぼうくんがつづるブックハウスの毎日
by bh-jinbocho
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
本日のおきゃくさま☆
ブックハウスイベント
お知らせ
サイン本コーナー
あれやこれや
神保町グルメ
イベントレポート
絵本作家さんのこと☆
フェア
原画展
メディア紹介情報
へなちょこスタッフ
ランキング
グッズ情報
勝手に育児日記
おはなしくまさん
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「あいはらひろゆきさん&あだちなみさんのゴールデンコンビ♪」
今日は毎月おじゃましているポプラ社さんの絵本カフェの日。 絵本作家さんにいろんなおはなしを聞くことができるとっても嬉しい時間です。
なんと! 今日はあの あいはらひろゆきさん&あだちなみさん。 お二人といえば 「くまのがっこうシリーズ (ブロンズ新社) 」 「フラニーとメラニーシリーズ (講談社) 」 など 可愛らしくてほんわりしていて色遣いがとても素敵でオシャレな絵本で・・・なんて説明も不要の大人気作家さんですね。 私も大ファン! いったいどんな方なのかしら??とワクワクドキドキで行きました。

f0101969_11545260.jpg
(左) あいはらひろゆきさん  (右) あだちなみさん

f0101969_11592118.jpgさて、写真中でお二人が持っているのは 7月に出たばかりの 「りんちゃんとあおくんのレストラン (ポプラ社) 」 です。 このりんちゃん、あおくんはどうやって生まれたの?という質問に、自分たちはすでに 「くま」 シリーズは二つ、 「うさぎ」 も二つ (それぞれ 「くま」は 『くまのがっこう』 『くまのこミン(講談社)』 / 「うさぎ」 は  『うさぎちゃん(教育画劇)』 『フラニーとメラニー』 ) 出しているので、何か新しいキャラクターを動物以外で・・・と考えた結果、果物となったということです。 あだちさんが果物好きということもあり、どの登場人物 (果物?) も本当に可愛いですね。 原画をちょっぴり拝見しましたが まあ、なんと細かく愛らしく描かれていることか! 色遣いの妙、じっくり眺めても眺めても飽きません。
お二人は絵本を作る時も一緒に考えているんですって。 出来上がった文章に絵をつけていく (またはその逆) のではなくて、お互いに好きなものなどを意見としていれつつ、小ネタやらちょっとした遊びなんかもいれつつ話を膨らましていくそうですよ。 だからこんなに一冊一冊にいろいろな面白さがあり、読者を魅了しちゃうんですね~。

小さいころから絵を描いたり物を作ったりが大好きだったというあだちさん、鉛筆でのデッサンやラフを描いたりするのが楽しくて楽しくて・・・いったん手が動きだすととてもスムーズに行かれるそうです。 あいはらさんは 「彼女が描きたいものをできるだけ描いてもらいたい。 乗らずに描いた絵はあまり良くないでしょう?」 と、コンビとしてあだちさんを思いやるお言葉。 文章と絵がいつもしっくりぴったりしているのはここに秘密があったんですね。 「でもね、時々(あいはらさんが) “くまを千匹描いて” とか、無理難題を出したりするんですよ も~!」 と笑うあだちさんが、うーんカワイイ! くまを千匹?!まるでウォーリーならぬ、「ジャッキーを探せ」?(笑)
ちなみに この 「りんちゃん・・」、最初はアニメ化を考えられていたそうで、その後絵本化する際に 「かなり牧歌的になった」 というあいはらさん。 やなせたかしさんの 「アンパンマン」 をリスペクトしていることもあり、ヒーローものにする予定だったそうです。 当然バイキンマン的な悪者も考えられていたそうで、そちらもちょっと興味ある私(笑) 。
「この絵本を読んで、『ともだちって、いいな』 と一人でも多くの子どもに思ってもらえたらいいですね。 りんちゃんとあおくんやお友達を見て、実際に双子や年の近い兄弟同士が ちょっぴり相手を思いやったりする、そんな気持ちになってもらえたら嬉しい」 と優しい目のあいはらさんとあだちさんです。 

りんちゃんとあおくんシリーズ、第三弾も間もなく発売だそうです! なんと、体育が死ぬほど嫌いでスポーツは描くのもいや~・・だったあだちさん初の 「野球シーン」 が出てくるとか・・・?! あ~今から待ち遠しい!

お二人の絵本って、なんともいえない新しいおしゃれな感覚にあふれていて、そこが子どもだけでなく若いママさんや女の子たちの心をぎゅっとつかみ絶大な支持をうけている理由とも思いますが それについて あいはらさんは 「最初から絵本作家を意識していたのではなく “正しい絵本のあり方” など知識としてあまり持っていなかったのが、返って新しい絵本を作ることができた理由かもしれません。 (あだちさんとは) 昔からの知り合いで、一緒に絵本やろうか・・という始まりで特に狙いもなく、『くまのがっこう』 が売れたので こうして結果として 絵本作家になっている、という感じでしょうか」 とおっしゃいました。 な、なんとうらやましい!? いやいや、すべて才能の為せるワザでございます。
お二人ともお若い先生なので これからもずーーーっとお二人の絵本を読めますね♪ 先生方、どうもありがとうございました。これからも絵本を楽しみにしております。


f0101969_1253724.jpg「りんちゃんとあおくんのレストラン」
あいはら ひろゆき ぶん/あだち なみ え
出版 : ポプラ社 ISBN : 978-4-591-11035-5

デリシャス学園のおまつりの日に りんちゃんとあおくんはレストランを開くことにしました。 うまれたときから ずっといっしょ、おはようも、いってらっしゃいも いつもいっしょの二人でしたが、レストラン開店準備となったら ちょっぴりいばりんぼのりんちゃんは あおくんに命令しています。 さて、それから・・・?
りんちゃんとあおくんがお互いを思いやって最後に仲良く家に帰っていく後ろ姿が ほんわりして優しい気持ちになります。 作者のお二人が、「この本を読んで子どもたちが 『ともだちっていいな、兄弟っていいな』 と感じてほしい とおっしゃっていましたが 本当にそんな気持ちになる優しい絵本です。 
他の登場人物・デリシャス学園の仲間たちもみんな魅力的。 いちごちゃんやキィー&ウィー兄弟、アボカド マンゴー マンゴスチン etc・・・♪ 特に、すいかくんのお鼻が気になります! 

ただいま サイン本販売しております♪ こちらをご覧ください。


※ブログでご紹介しております書籍・グッズはお品切れの場合がございます。予めご了承くださいませ。
[PR]
by bh-jinbocho | 2009-09-16 11:38 | 絵本作家さんのこと☆
<< 「ついに入荷☆」 「じっくり、秋のおはなし会」 >>