BHのマスコット・じんぼうくんがつづるブックハウスの毎日
by bh-jinbocho
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
本日のおきゃくさま☆
ブックハウスイベント
お知らせ
サイン本コーナー
あれやこれや
神保町グルメ
イベントレポート
絵本作家さんのこと☆
フェア
原画展
メディア紹介情報
へなちょこスタッフ
ランキング
グッズ情報
勝手に育児日記
おはなしくまさん
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「新しいサイン本☆」
戦争の苦しみの中でも 私たちと変わらない日常を過ごすアフガンの子どもたちを、絵本という形で決して重くなく、さらりと描かれ、かえって読む者の心を打つ 「せかいいちうつくしいぼくの村」 、ロシアと日本との狭間で歴史に翻弄された実在の人物を描き 日本絵本賞読者賞(第14回)を受賞した 「クラウディアのいのり」(村尾靖子 文)、など さまざまな名作を生み続ける小林豊さん。 今回はな~ん~と~ 選りすぐり著作5点にサインをしていただきました!(すべて小林豊さんのサインが入っています)

f0101969_16433035.jpg
「せかいいちうつくしいぼくの村」
小林 豊作・絵  税込価格: ¥1,260 (本体 : ¥1,200) 出版 : ポプラ社
ISBN : 4-591-04190-5 発行年月 : 1995.12
★アフガニスタンのとある村に生きる少年の一日を描いた絵本。 とても美しく、そして胸をうつ一冊です。


「せかいいちうつくしいぼくの村」のサイン本はご好評につき完売いたしました。 ありがとうございました。


f0101969_16492135.jpg
「ぼくの村にサーカスがきた」
小林 豊作・絵 税込価格: ¥1,260 (本体 : ¥1,200) 出版 : ポプラ社
ISBN : 4-591-05206-0 発行年月 : 1996.11
★サーカスが来て、子どもたちの心に楽しさを一緒に運んできました。 最後の一文にほろりときます。

「ぼくの村にサーカスがきた」のサイン本はご好評に付き完売いたしました。 ありがとうございました。

f0101969_16502428.jpg
「せかいいちうつくしい村へかえる」
小林 豊作・絵  税込価格: ¥1,260 (本体 : ¥1,200) 出版 : ポプラ社
ISBN : 4-591-07805-1  発行年月 : 2003.8
★せかいいちうつくしい村シリーズの3つ目の絵本。 サーカスについていったミラドーが 懐かしい村に帰るところが描かれています。 


「せかいいちうつくしい村へかえる」のサイン本はご好評につき完売いたしました。 ありがとうございました。


f0101969_16504299.jpg
「えほん 北緯36度線」
小林 豊作・絵  税込価格: ¥1,365 (本体 : ¥1,300) 出版 : ポプラ社
ISBN : 4-591-06149-3  発行年月 : 1999.8
北緯36度線― と聞いて何を思いますか。 緯度の同じところには 似た気候、似た空気、似た食生活・・・ 東京付近に住むものにとって 旅をしやすいところなのです。 絵のとても美しい「旅する絵本」

「えほん 北緯36度線」のサイン本はご好評につき完売いたしました。 ありがとうございました。



f0101969_1651240.jpg
「クラウディアのいのり」
村尾 靖子文  小林 豊絵  税込価格: ¥1,365 (本体 : ¥1,300)
出版 : ポプラ社 ISBN : 978-4-591-10407-1 発行年月 : 2008.7
★ロシアに捕えられ、日本に帰ることができない日本人男性と一人ぼっちで生きてきたロシア人女性が長い間育ててきた愛情と 男性の日本を想う気持ち、男性の帰りをずっと待っていた日本の妻。 すべての人たちの愛情にただただ泣けてきます。


「クラウディアのいのり」のサイン本はご好評につき完売いたしました。 ありがとうございました。


実際のサインと写真画像と若干異なる場合がございます。予めご了承くださいませ。 サイン本はなくなり次第終了となりますので お早めにどうぞ。 
[PR]
by bh-jinbocho | 2010-02-02 15:53 | サイン本コーナー
<< 「サトシンさんと西村敏雄さんが... 「サトシンさんが お立ち寄りく... >>