BHのマスコット・じんぼうくんがつづるブックハウスの毎日
by bh-jinbocho
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
本日のおきゃくさま☆
ブックハウスイベント
お知らせ
サイン本コーナー
あれやこれや
神保町グルメ
イベントレポート
絵本作家さんのこと☆
フェア
原画展
メディア紹介情報
へなちょこスタッフ
ランキング
グッズ情報
勝手に育児日記
おはなしくまさん
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「きたむらさとしさん サイン本☆」
f0101969_115425.jpg本日 絵本作家の きたむらさとしさんが ブックハウスにお立ち寄りくださいました☆ お忙しい中、いろいろなお話を伺うことができました。 ありがとうございました! きたむらさんといえば、「ミリーのすてきなぼうし」 が 今年の課題図書にも選ばれていて 注目の作家さんです。 きっちりサインをいただいてしまいました! ただいま販売中! お早めにどうぞ。

f0101969_1184037.jpgf0101969_117586.jpg






「ミリーのすてきなぼうし」
きたむら さとし作
税込価格: ¥1,575 (本体 : ¥1,500)  
出版 : BL出版 
発行年月 : 2009.6
ISBN : 978-4-7764-0363-0 
☆きたむらさとしさんのイラストとサインが入っています。 一冊ずつ手書きのため 写真と実物が異なる場合がございますので 予めご了承ください。 数に限りがありますので お早めに☆

「ミリーのすてきなぼうし」のサイン本はご好評につき完売いたしました。 ありがとうございました。


ぼうしがほしかったミリー、買うにはお金が足りません。 でも、ミリーは お店のぼうしよりも もっともっとすてきなぼうしを 持っていたのです。 子どもの想像の世界の素晴らしさを描いた一冊。 
英語の慣用句 “put on one's thinking cap” (本気になって考える/直訳:考えるための帽子をかぶる) からアイディアが湧いたというこの絵本、とっても楽しく、とっても美しく、とっても考えさせられる一冊です。 あなたはどんな帽子をかぶっていますか? あなたは どんな帽子をかぶりたいですか? 
☆「ミリーのすてきなぼうし」 は 今年の課題図書 (低学年の部) にも選ばれています。

f0101969_11283919.jpgお忙しいというのに、色紙までちゃっかり描いていただいてしまいました。 店内に飾ってありますので、探してみてくださいね。 

きたむらさんの全体的な色彩のバランスのよさ、美しさの秘密は? との質問には、「直感です」 とのお答えをいただきました。 水彩・ガッシュを組み合わせて塗っているということですが、水彩は重ね塗りがあまりできないですから、一発勝負みたいなものです。 しみじみ、絵本を手に取って眺めてしまいました。 うーん、素敵ですねえ。 きたむらさん、ありがとうございました!

【きたむらさとし プロフィール】
1956年 東京生まれ。 イギリスを拠点に日本と行き来しながら絵本作家、イラストレーターとして活躍。 デビュー作 「ぼくはおこった」 (評論社) でイギリスの新人絵本画家に与えられるマザーグース賞を受賞。 「ぼく ネコになる」、「おんちのイゴール」 などの著書の他、「ふつうにか学校にいくふつうの日」 (小峰書店) では絵本日本賞翻訳絵本賞を受賞。
 その他 「ぞうのエルマー」 シリーズの翻訳者としてもおなじみ。
[PR]
by bh-jinbocho | 2010-06-27 11:03 | サイン本コーナー
<< 「松谷みよ子さん サイン本!」 「梅雨のおはなしフェアリーズ」 >>