BHのマスコット・じんぼうくんがつづるブックハウスの毎日
by bh-jinbocho
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
本日のおきゃくさま☆
ブックハウスイベント
お知らせ
サイン本コーナー
あれやこれや
神保町グルメ
イベントレポート
絵本作家さんのこと☆
フェア
原画展
メディア紹介情報
へなちょこスタッフ
ランキング
グッズ情報
勝手に育児日記
おはなしくまさん
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「シゲリカツヒコさんにお会いしました!」
f0101969_15493347.jpg 鮮烈な絵本デビュー作  「カミナリこぞうがふってきた」 が大ヒット! そして、今年の8月にも 「ごじょうしゃ ありがとうございます」 という新刊を出された絵本作家、シゲリカツヒコさんのお話を伺いに、ポプラ社さんの絵本カフェへおじゃまいたしました。


f0101969_15505637.jpg 2010年に発売となり、ブックハウスに入荷するやいなや、インパクトある愛らしい表紙がスタッフの間で話題沸騰、平積みとなっていた 「カミナリこぞうがふってきた」 、そして、新刊 「ごじょうしゃ ありがとうございます」 (こちらも、現在、ブックハウスに積んでありますよ) と、独特の絵本の世界で読者のハートをぎゅっとつかんでいらっしゃるシゲリさん、一体どんな方なんだろう~とお会いする前からワクワクのスタッフ(ひ)。 想像するに、可愛らしい方なのかな~?なんて勝手に楽しみにしておりました。


 現れた先生は、背が高くてお若くて、笑顔の素敵な男性でした! ちょっぴり照れ屋さんぽいところが、なんだかほんわかしてイイですね~ (勝手にすみません!)。
 「小さい頃から体は大きかったけれど、運動が苦手でずっと絵を描いてばかりいて、子どものころはマンガ家になりたかったですね。 絵を描いて褒められることが嬉しくて、唯一認められた世界だったのでどんどん描いていました。 読み物というよりは、人体や恐竜などの図鑑が大好きで、子どもらしくない緻密な絵ばかり描いていました (シゲリさんの絵の緻密さは、すでにここから!) 。
 高校では油絵を描いて、その後3年間通った専門学校では、イラストを中心に描いていました。 卒業後はゲームの背景や雑誌AERAで時事問題の挿絵を描くなどしながら、活躍できる場所を広げたいと思っていました。 そう簡単にはいきませんでしたけど…ね。 それまでは、実際に目に見えるものをずっと描いていたのですが、ある会社へ売り込みに行ったときに、空想の世界を描くお題が出まして、それを描いてみたところ、それもいいなあと思ったのが始まりで、ここからファンタジー、想像の世界も描くようになりました」 。

 たくさんの原画を拝見しました。 空想の世界が、まるでそこに本当に存在する世界を見て描かれたかのような緻密さ、カッパなど妖怪は (私も見たことはありませんが) これは実在する!と思わせるような力強さで、うーん、うーんとうなりながら眺めていました。 シゲリさんの想像力、筆力に圧倒!すっかり魅了されました。
 シゲリさんご自身が子どもだったらこんな絵本がいいなと思って描いたという 「カミナリこぞうがふってきた」。 小さいお子さまが身近にいる方なら御賛同いただけると思いますが、表情といい、動きといい、おしりのまん丸さ、手足のムチムチさといい、カミナリこぞうちゃんには、幼児の可愛らしい部分が全部含まれていますよね。 雑誌に載っている赤ちゃんの写真を参考に、組み合わせたりして描かれたということですので、これも想像で描かれたということですね。 うーん、すばらしい!
 次の作品を考える中、編集者の方から、子どもの妖怪をもっと見てみたい、とリクエストがあり、描き始めたという 「ごじょうしゃ ありがとうございます」。 ボンネットバスが出て来たりするちょっぴりノスタルジックな昭和な日本の雰囲気、そして奇妙で恐いけどなんとなく愛きょうのある妖怪たち、最初の段階ではなかったという 「おじいちゃん」 のエピソードがジーンときたりと、たくさんの魅力にあふれた絵本です。 読み聞かせも楽しいですし、画面いっぱいに広がる、不思議な感覚の想像の世界は何度ながめても飽きません。 シゲリさんは、細部にも非常にこだわって描かれたそうで、隠された“しかけ”をおひとつ種明かししていただきました。
 バスの車内広告の一つ、人面魚の広告がありますが (絵本をお持ちの方、探してくださ~い) 、途中でバスが海に潜ると、人面魚が広告から飛び出して泳ぎだしちゃうんです♪ わ~ほんとだ、面白い! その他のバスの広告も面白いし (私は “ぐっすりねむれるミイラベッド” がツボでした)、ナンバープレートの番号とか、おじいちゃんの写真が別ページに飾られていたりとか、探せばもっともっと仕掛けがたくさんありそうですよ。 絵本をお持ちの方は、ぜひ一緒に探してみてください。 既に気付いている強者さんも、いらっしゃるでしょうか? 発見したらぜひ、スタッフ (ひ) にも教えてくださいね。

f0101969_16325773.jpg
先生がブックハウスのために描いてくださった、色紙です012.gif。 とーっても可愛くて、細かく描いてくださって、スタッフ感激! 可愛い!

 次は妖怪でなく、普通の人間の世界も描きたい、もっともっと絵本を描きたいとおっしゃっているシゲリカツヒコさん。 もっともっと描いていただいて、読みたいと思っている私たちのために、また素敵な絵本をお待ちしておりま~す♪ お会いできて、とても嬉しかったです。 そして、ポプラ社さん、いつも楽しい時間をありがとうございます。

★NEWS!★
ただいま、シゲリさんのサイン本 発売中! 詳しくはこちらへ。 ※なくなり次第終了となりますので、ご了承くださいませ。
[PR]
by bh-jinbocho | 2012-11-10 15:54 | 絵本作家さんのこと☆
<< 「シゲリカツヒコさん 新着サイ... 「パディントン ベア・マーケッ... >>