BHのマスコット・じんぼうくんがつづるブックハウスの毎日
by bh-jinbocho
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
本日のおきゃくさま☆
ブックハウスイベント
お知らせ
サイン本コーナー
あれやこれや
神保町グルメ
イベントレポート
絵本作家さんのこと☆
フェア
原画展
メディア紹介情報
へなちょこスタッフ
ランキング
グッズ情報
勝手に育児日記
おはなしくまさん
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「素話と手あそび歌 つくしんぼ文庫のみなさん」
f0101969_10453519.jpg3月9日(土)、つくしんぼ文庫のみなさんによるおはなし会がありました。
今回はまず手あそび歌からスタート。
「だいこんづけ だいこんづけ うらがえし」と歌いながら膝の上で両手をひっくり返すという簡単なもので、ほかにお子さんたちからのリクエストできゅうりや白菜、なすのお漬物を作りました。
素話「みるなのくら」は、山で迷ってしまった若者が、12の蔵がある屋敷に泊めてもらうおはなし。12番目の蔵は「けっして見ないでくださいね」といわれていたのですが、若者はどうしてもがまんができず、開けてしまいます。
f0101969_10455925.jpg次の素話は「だめといわれてひっこむな」。毛糸をつむいでいるおばあさんと、子ねずみとの会話が楽しく、みんな身を乗り出すようにして聞いていました。
おばあさんと粘り強く交渉し、犬小屋の古い敷物をもらえることになった子ねずみが歌を歌うところでは、会場から笑い声があがっていました。
f0101969_10461828.jpg続いて、鳴き声で何の動物かを当てる遊びをはさんでから、絵本「ペレのあたらしいふく」(エルサ・ベスコフ/作 小野寺百合子/訳 福音館書店)の読み聞かせです。
自分だけの子羊を飼っているペレが、毛を刈ってからいろいろな人たちの手を借りて、洋服ができあがるまでを描いています。
最後に、みんなでじゅうたんの上で輪になって座り、お手玉遊びやティッシュを吹き飛ばす遊びをしました。
素話や手あそびを通して、知らないお子さんどうしでも仲良くなっているようで、とてもいい雰囲気のおはなし会でした。

次のブックハウスイベントは3月16日(土)の14時から、「ねぇねぇ、なに読む? なにしてあそぶ? PiPio おはなしとあそびのじかん」です。
[PR]
by bh-jinbocho | 2013-03-10 10:48 | ブックハウスイベント
<< 「ももんちゃんシリーズ 最新刊... 「新しいサイン本が入荷しました」 >>