BHのマスコット・じんぼうくんがつづるブックハウスの毎日
by bh-jinbocho
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
本日のおきゃくさま☆
ブックハウスイベント
お知らせ
サイン本コーナー
あれやこれや
神保町グルメ
イベントレポート
絵本作家さんのこと☆
フェア
原画展
メディア紹介情報
へなちょこスタッフ
ランキング
グッズ情報
勝手に育児日記
おはなしくまさん
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「原ゆたか先生と原京子先生にお会いしました!」
1月23日、東京に今年初めての雪が降りました。 さむーいさむーい一日でしたが、今日はポプラ社さんの絵本カフェにおじゃまする日です。 心はウキウキで寒さもなんのその、でした。 だって、子どもたちの (大人たちもemoticon-0118-yawn.gif) 大好きな 「かいけつゾロリ」 シリーズの作者さんの原ゆたか先生と、「もりのゆうびんポスト」 などの作者 原京子先生とお会いできるのですから、ウキウキな理由も分かりますよね?!

ということでポプラ社さんの中でウロウロしているとそこに、ひときわ目立つ輝くばかりの赤いニットジャケットとメガネのフレームを赤でそろえていらっしゃるおしゃれな男性と 黒髪サラサラの目のパッチリとした美女が登場、 「こんにちは!」 と元気よく声をかけていただいたのが 原ゆたか先生と原京子先生だったのでした。 (以下、ゆたか先生と京子先生) 
f0101969_12243282.jpg
(写真右は ゆたか先生、左が京子先生。 それぞれ著作をお持ちいただいています) 
ゆたか先生は毎週のようにサイン会を開催されて、何時間もかけて一人ひとりに丁寧にサインを書いて、お話をするんですって。 そこが、先生方の人気のひけつのひとつなんですね。 ゆたか先生は、「できるなら、できるかぎりのことをしてあげたいし、できないならきちんと理由を説明してあげたい。 絵が目の前で出来上がっていく過程を見せてあげたいし、質問にも答えてあげたい」 となんとも胸をうつお言葉を・・・。 20年以上も愛され続ける 「ゾロリ」 シリーズの作者さんは なんとも素晴らしい温かい、そして面白い!方だったのでした。 それから、ゆたか先生は京子先生がいつも一番最初の厳しい読者で、OKが出ないと書けないんだ~っておっしゃっていましたemoticon-0102-bigsmile.gif  おふたりの信頼関係の深さがここかしこにあらわれていましたemoticon-0152-heart.gif


さてさて、1時間半ほどのお時間の中で たくさんのことを語られていたお2人ですが、著作を通じて伝えようとする子どもたちへの思いが大変深く、教育に対してもとても前向きな 真剣なお2人なんだとしみじみ感じました。 

ポプラ社から去年10月に出た 「へいきのヘイタ」 は ゾロリを卒業した高学年の子どもたちが (本当はいつまでも卒業してほしくないんだけど!emoticon-0120-doh.gif) 読んでくれるおはなしを作りたかったということですが、実際のファンには4~5歳なんていう子どももたくさんいて、本は読みなれれば年齢に関係なくすらすら読めてしまうものなんだと感じられたとのこと。 ―課題図書になるような本が心に残るかと言うと案外そうでもなく、どんなおはなしでも読んだ人の心に残ったものがあるならそれでいいよね、児童書というとマンガの自由さからみると 制約やしばりがあって説教くさくなったりするのが 読まれない原因なんではないかな。 今の子どもたちは小さい時から完成度の高いものに触れる機会があり、恵まれているから 読む力はあるはずだよね。。。と子どもたちの読書について語るゆたか先生。 娯楽がたくさんある今も 本という紙媒体でなければできないことというのが必ずあるはずで、それをやっていきたい。 紙の特製を生かして楽しんでもらえる本を作りたい。 と、今後の秘密の楽しいアイディアをいっぱい語ってくれましたが、、ここでは内緒emoticon-0127-lipssealed.gif! ごめんなさい。 そうそう、ゾロリはあと8冊でなんと50巻! ゾロリの中でどれが一番楽しいかと聞かれると、ゆたか先生はいつも 「次の一冊が一番!」 と答えるそうです。 ユーモアたっぷり、アイディアたっぷり。 これからも本当に楽しみです。 


f0101969_12165721.jpg「へいきのヘイタ イシシとノシシのスッポコペッポコへんてこ話」
原 京子 文   原 ゆたか 原案・絵  出版 : ポプラ社

♪今回のお話は落語絵本ということですが、落語をちょっと変化させて子どもたちに読みやすくして、お話を6つにわけて続きを読む楽しみを味わってもらえるようにした、とゆたか先生。 京子先生の筆の冴えも素晴らしく イシシとノシシも登場して、とっても楽しいこわ~い一冊になっています。
f0101969_12185995.jpg「もりのゆうびんポスト」 原 京子 さく   高橋 和枝 え  出版 そうえん社
♪京子先生、今はメールがある世の中だけど、やっぱり手紙をもらうのは嬉しい、 その気持ちを味わってほしくてこの本を書かれたそうです。 最後のページに、登場人物のコンタ君宛のハガキがあって、だすときちんとコンタ君 (ほんとは京子先生emoticon-0105-wink.gif) がお返事を書いてくれるんですよ! 作者と読者が触れ合う機会はあまりありませんから、なんとも嬉しいじゃありませんか。
f0101969_1221997.jpg「はるにあえたよ」
原 京子 文  はた こうしろう 絵  出版 ポプラ社

♪京子先生が優しい言葉でつづる愛情いっぱいのほかほか絵本。 初めての春を心待ちにするふたごの子ぐまのウキウキが読む人の心を暖めてくれます。 絵は はたこうしろうさん。 ゆたか先生 「いや~本当にいい本だよね、これ。 素敵に仕上がっているよね。 ぼく嫉妬しちゃったよ!」  ―それぐらい、素晴らしい絵本ですemoticon-0152-heart.gif


※ご紹介の絵本・グッズのお品切れの場合はご容赦ください。
[PR]
by bh-jinbocho | 2008-01-25 12:05 | 絵本作家さんのこと☆
<< 「今日も楽しいおはなし会♪」 「ちょっと照れやさんの・・・」 >>