BHのマスコット・じんぼうくんがつづるブックハウスの毎日
by bh-jinbocho
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
本日のおきゃくさま☆
ブックハウスイベント
お知らせ
サイン本コーナー
あれやこれや
神保町グルメ
イベントレポート
絵本作家さんのこと☆
フェア
原画展
メディア紹介情報
へなちょこスタッフ
ランキング
グッズ情報
勝手に育児日記
おはなしくまさん
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「おでんさむらい原画展によせて~ 内田麟太郎先生☆」
ブックハウスギャラリーで11/20から開催します 「おでんさむらい ちくわのまき原画展」 へ 著者 内田麟太郎先生が メッセージを寄せてくださいました☆

内田先生は今最も活躍されている絵本作家さんのおひとりで スタッフもその愉快な文章が大好きです。 先生のHPを読んでもその面白さが伝わってきますが そんな遊び心満載の先生からのメッセージ、とくとご覧あれ。

=======================================================>
f0101969_11552290.jpg内田麟太郎先生。 1941年福岡県大牟田市生まれ。個性的な文体で独自の世界を展開。「さかさまライオン」(童心社)で絵本にっぽん賞、「うそつきのつき」(文渓堂)で小学館児童出版文化賞、「がたごとがたごと」(童心社)で日本絵本賞を受賞。絵本の他にも、読み物、詩集など作品多数。
他の主な作品に「おれたちともだち」シリーズ(偕成社)、「かあさんのこころ」(佼成出版社)、「とってもいいこと」(クレヨンハウス)、「ぽんぽん」(鈴木出版)などがある。
 


「解決ひらたおでん物語」

 絵描きさんが決まっていて書くテキストを、ボクはオンリーユー・テキストってよんでいるんだ。その人のためだけに書くテキスト。だから西村さんはなにが好きかなあって、まず考えた。好きなものが一番楽しく描ける、はずだからね。
(西村さんは‥‥)
 おばけが好きで、蛙が好きで、カッパが好きで、ヘチマが好きで、虫が好きで‥‥。
(そうだ、カブトムシ!)
 こうして、かぶへいが登場してきたんだよ。ジャーン。
 それから西村さんはどちらかというと平民的な人なのね、平民的というのはフツウノヒトということ(ボクははじめて明かすけど先祖は、そうなの。ナイショダヨ)。サムライで平民的といったら、もう浪人でしょ。住まいは裏長屋。名前も酒井安房の守忠勝じゃなくて、ひらたおでん。漢字も小学生に楽々書ける平田小伝。そして、好物はおでん。これでキマリ。

「じゃ、おみっちゃんは?」
って君は聞くの。
 それはねえ‥‥。ボクが大好きだったからさ。
「おみっちゃーん」

 おまけ・百足(ムカデ)がはるばるとクマをたずねていった。あいにくクマは留守だった。百足は思わずつぶやいた。「なんたる無駄足」。
わかるなあ。


<=======================================================

以上、先生からのメッセージでした☆

それから、一緒に 直筆の書き物?巻物?もいただいてしまいました! 横2mくらいにもなろうかという豪華な一枚です! 
f0101969_1158174.jpg
みなさんにもちょっぴりお見せしましょう。。 ふふふ。 実物は原画展開催期間中にぜひご覧になってくださいね。 超大作です。 (注:原画展終了後は店内に飾っておりますので 引き続きご覧になっていただけます)

それでは 原画展をお楽しみに。

「おでんさむらい ちくわのまき」 原画展 2008/11/20~12/28 @ブックハウスギャラリー
文 内田麟太郎  絵 西村繁男  くもん出版
痛快時代劇絵本: 正義の味方 ひらた・おでんが 江戸の悪を切り倒す! とても見事な原画です。
☆11月29日(土) 西村繁男先生 おはなし会&サイン会開催します。 お楽しみに~♪
(イベントは終了いたしました。 たくさんのご来場ありがとうございました。)

※ブログでご紹介しております書籍・グッズはお品切れの場合がございます。 予めご了承くださいませ。
[PR]
by bh-jinbocho | 2008-11-14 11:49 | 絵本作家さんのこと☆
<< 「もぐらのクルテクと遊ぼう! ... あき びんご先生がいらっしゃい... >>