BHのマスコット・じんぼうくんがつづるブックハウスの毎日
by bh-jinbocho
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
本日のおきゃくさま☆
ブックハウスイベント
お知らせ
サイン本コーナー
あれやこれや
神保町グルメ
イベントレポート
絵本作家さんのこと☆
フェア
原画展
メディア紹介情報
へなちょこスタッフ
ランキング
グッズ情報
勝手に育児日記
おはなしくまさん
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:勝手に育児日記( 3 )
「素話の楽しさ」KI③
2歳と0歳の子どもと絵本を楽しむ毎日の、スタッフ(ひ)です。 
まいどどうもこんにちは。

 さて、今日は 「素話」 をテーマにお届けします。

 ブックハウスでもおなじみ、つくしんぼ文庫さんのおはなし会で触れることができる 「素話」 。 読み聞かせとも語りともちょっぴり違うこの素話、私なりの解釈では、お話をいったん自分の中にがっちり取り入れて、それを自分のテンポ、言葉で聞かせるといったお話の仕方のように思います。 聞き手との間に本がないことで、聞き手の反応をよりダイレクトに楽しむことができ、まるで語り手と聞き手とで作り上げるお話のようでもあります。

 つくしんぼ文庫さんの素話は、それはもう素晴らしいもので、子どもと一緒に私たち大人もグイグイ引き込まれていく魅力があります (まだの方は、ぜひ一度ご参加ください)。

 私も子どもが生まれたら、つくしんぼのみなさんのように (素敵に) 素話をしてあげたいなあと悠長に思っていたのですよ。

が!

 産後特有の、頭がボーっとしている状態で (え?私だけ?)、 お話を暗記するなんて、とてもとても、難しい。

 それに、私は素人ですので。 つくしんぼさんのように 「聴かせる」 ようなお話の仕方など、無理無理。

と思っておりました。


が!しかし!!

 毎日子育てをせっせとしていると、細かいところは結構どうでもよくなってまいりまして(え?私だけ?)、自分が大好きな絵本の力をちょっと借りて、素話 ”らしき” ことなら挑戦してみようかな~と思い始めた、そんなある日のこと。

 0歳の子どもを抱っこしながら、電車で一時間ほど揺られているうちに子どもが目をさましたので、小さな声で 絵本のうろ覚えの脚色つきの内容を、顔を近づけてお話してみたのです (電車が空いていたので、幸いでした!)。

 子どもは、目をくりくりさせてじーっと聞いていました。 絵本何冊分かを、続けてお話して、目的地まで平和に着きました。 電車の中で子どもがぐずらなくて済んで胸をなでおろすと同時に、素話の楽しさを体感しました。 子どものくりくりした目を見ながら、お話ができるんですから。

 そういうきっかけで、好きな絵本で素話に向くようなものをいくつかお話できるように意識してみました。
 そこで一番気になるのは、子どもの反応。 私がただ楽しく話していても、子どもたちがつまらなくては、本末転倒。

でも、

例えばせなけいこさんの赤ちゃんえほんたちは、とにかく私も好きで、魅力的なものばかりですが、
「ねないこだれだ」 (「とんでいけー」 の 「けー!」 をいっしょに叫んだり)
「ふうせんねこ」 (「ぷー」 でほっぺたをふくらませたり)
「あーんあん」 (泣きまねをしたり)、
「にんじん」 (最後に自分の名前を叫んだり)、
「きれいなはこ」 (あっ!というところで、口をパカッと開けたり)、
「いやだいやだ」 (顔をブンブン振ったり)・・・

f0101969_16583538.gif「いやだいやだの絵本 4冊セット」
作 せなけいこ
出版社 福音館書店
税込価格 ¥2,520
9784834030075

f0101969_16574764.gif「あーんあんの絵本 4冊セット」
作 せなけいこ
出版社 福音館書店
税込価格 ¥2,520
9784834030082


 教えていないのに、子どもがそんなアクションをいつの間にかするようになりました。 ちゃんと、お話を聞いているんですね。 私も楽しいので、それが伝わっているのかもしれません。

 会話みたいでさらに楽しくなっていきます。

f0101969_1724840.jpg「くまとりすのおやつ」
作: きしだ えりこ
絵: ほりうち せいいち ほりうち もみこ
出版社: 福音館書店
ISBN: 9784834023145
 こちらも、歌が入っていたり、擬態語も楽しいのでよく読みます。 赤ちゃんえほんの中でも、ストーリーがあるもの、歌が入るものや擬態語が散りばめられているものなどを選んでいます。

 絵本を先にめくられたりして、ストーリーが切れてしまう心配もないし、本を投げちゃう心配もなめちゃう心配も破る心配もないので(え、うちの子だけ?!)、ストーリーを最後まで楽しめるということもあります。 自分のペースでお話できるので、子どもの反応に合わせることもできます。 夜に電気を暗くしてもお話をすることができて、それこそ、話す人と聞く人さえいたらいつでもどこでも楽しめます。

 絵本が手元にない時にはそうして楽しんで、また家で絵本と一緒に楽しむ。 2度おいしいですね。

 今では2歳になった素話大好きっ子は、「おおきなかぶ」 などちょっと長いお話を同じように楽しんでいますし、2歳児が逆に私に素話をしてくれるようになりました(笑)。 生まれたばかりの0歳児にも、上の子にお話ししたものと新しいものを少しずつ聞かせています。 あんまり上手とはいえませんが、練習あるのみ!次第に楽しくなってきました。

 今回は、素話 "らしき" ことを楽しんでいるということをお届けしました。

 みなさんも、子どもさんたちと素話をぜひ試してみてくださいね。

 それでは、またいつかお会いしましょう。

*********************************
スタッフ(ひ)・・・ブックハウス神保町オープン時からお店の隅っこにひっそり生息していた、座敷ワラシならぬ、座敷オバサン。
現在、しっかり者の2歳(はなかっぱ似)と0歳(猪瀬直樹ちょい似)にダメ出しをされる母親業に勤しんでいます。
好物は、絵本とナンプラー。
*********************************
[PR]
by bh-jinbocho | 2013-08-23 17:04 | 勝手に育児日記
「子どもが生まれて最初に読みたい絵本は?」KI②
 2歳と0歳の子どもと絵本を楽しむ毎日の、スタッフ (ひ) です。 
 まいどどうもこんにちは。

 子どもが生まれて最初に一緒に読む本、さて、みなさんは何を選んだのでしょうか?
 これからの方、何を読むか決めていますか?
 出産祝いが絵本の自治体があるようですし、絵本コーナーにもたくさんの絵本が並んで、何を読むのか選択肢がたくさんあって悩ましいですが、いい時代ですね。


 さて、私はというと、何を読むかは子どもを産むずっと前から決めていました。 そして、子どもがお腹にいる時から読んでいた、長ーいつきあいの絵本です。

f0101969_1554782.jpg「ちいさなうさこちゃん」
作:ディック・ブルーナ
訳:いしいももこ
出版社:福音館書店
¥735

 絵本の中でも 「超」 のつく有名な絵本。
60年もの長い間、そして現在では約40カ国語で読まれているという、世界一有名なうさぎのひとり、ナインチェ・プラウス (うさこちゃん) 。

 うさこちゃんの魅力は、私がお伝えするまでもなく、既に読んだ方の心に答えがあると思いますが、私がこれを読もうと思っていた大きな理由のひとつに、「読みやすい」、このひとことがありました。

 まず、絵。最高に、これ以上ないほどのシンプルさ。

 そして、文章。 原文は残念ながら私には読めませんが、石井桃子さんの訳された日本語が、なんとまあ心地よいこと。 日本語のリズム、音のながれ、言葉のチョイス・・・。 どんなに優れている文なのか、実際に言葉に出して読んでみて初めてわかることかもしれません。

 以前、訳者の石井桃子さんと共に東京子ども図書館を創設なさった松岡享子さんの講演会で、松岡さんが、「この絵本にはいろんなことが描かれているんですよ」 と、 『ちいさなうさこちゃん』 の素晴らしさを語ってくださっていました。
 お父さんとお母さんがそれぞれお仕事をきちんとしていること、小さな赤ちゃんが生まれて、それを周りの人が祝福するけれど、赤ちゃんやご両親のために、早めにおいとましてあげる気配りをしていること・・・など。
 愛情あふれる家庭と隣人に恵まれたうさこちゃん、それが赤ちゃんにとってどれほど大切なことかが絵本を通して伝わってきます。
 ブルーナさんの絵本が読者を温かい気持ちにさせてくれるところも、長年の人気の秘密なのでしょう。

 いろんな読み方ができる、深い絵本なんだなあ、とますます好きになってしまいました。
 最初に読む絵本として、ぴったりでした。

 さて、私と子どもと 『うさこちゃんの絵本』 で忘れられないエピソードがあります。
 
 感情も外に現れない、眠っているような子に向かって、くり返し、くり返し読むのはちょっぴりシンドイな~なんてちょっぴり思いつつも、絵本の素晴らしさに助けられながら、何度も読み聞かせをしていた新生児時代。 眠る前、電車の中、旅先や入浴中でも、子どもが心地よさそうに聞いていることに私も嬉しくなっていましたが、そんなある日・・・

 8か月頃、絵本の最後の方で、うしが 「うさこちゃんがおうまれになって おめでとう」 というシーンで、子どもがパチパチ拍手をするではありませんか。 特に、教えたわけではないのに、「おめでとう=拍手」 ということが乳幼児の頭の中でつながったということに非常に驚き、また、子育て中の親にとって、こんな成長がどんなに大きく心に響き嬉しかったことか! 心が躍ったことを、今でも鮮明に覚えています。
 絵本の力って、すごい!うさこちゃんは、すごい!
 
 なぜうさこちゃんが愛され続けているのか、残念ながら私には上手に言葉にすることができませんが、我が子がこの絵本の持つ魅力を証明してくれたような気がしました。 もちろん、今でもよーく読んでいます。

 家にたくさんあるから、よく読む・・という理由もありますが(笑)

f0101969_16163587.jpgf0101969_16164071.jpgf0101969_16163814.jpg


 それでは、またいつかお会いしましょう。

*********************************
スタッフ(ひ)・・・ブックハウス神保町オープン時からお店の隅っこにひっそり生息していた、座敷ワラシならぬ、座敷オバサン。
現在、しっかり者の2歳(はなかっぱ似)と0歳(猪瀬直樹似)にダメ出しをされる母親業に勤しんでいます。
好物は、絵本。 たんと召し上がれ。
*********************************
[PR]
by bh-jinbocho | 2013-07-23 16:19 | 勝手に育児日記
「お腹にいる赤ちゃんへ」 KI①
一歳の子どもと絵本を楽しむ毎日の、スタッフ (ひ) です。 どうもこんにちは。

我が子を通して、いろいろな子どもたちと絵本を共に楽しむ機会が増えてきました。
ブックハウスのスタッフとしてだけでなく、朝起きてから夜眠るまでいろいろな絵本を子どもと楽しむようになって、改めて絵本についてたくさん考えるようになりました。

「絵本は奥が深い!」 ・・・そんな毎日を、絵本のご紹介を中心に (不定期に、そして自由に・・・) つぶやいていきたいと思っています。 


とりあえず、最初の一冊は、お腹にいる子どもに読んだものをご紹介☆

「たいせつな あなたへ あなたが うまれるまでの こと」
f0101969_16145158.jpg作・絵: サンドラ・ポワロ=シェリフ
訳: おーなり由子
出版社: 講談社
税込価格: ¥1,260
ISBN: 9784062830515
ある日お腹に宿って育って行き、生まれてくる新しい命に向けて、丁寧な言葉で優しく語りかける絵本。
どんなにみんなが 「あなた」 が生まれてくるのを待っているか、どんなに嬉しいか、そんな気持ちが綴ってあります。

私自身、初めてお腹に命が宿った時、そして育てていく時の気持ちはなんとも言えないものがありましたが、自分では上手く表現できないそんな気持ちを、自然な言葉で伝えたいと思っていました。
そんなもどかしさを、この絵本が解消してくれました。
絵本を開いてページをめくるたびに飛び込んでくる言葉のひとつひとつが、あまりにも、自分の気持ちとぴったり重なったのでビックリして、こんがらがった糸がすっとほどけるようなすっきり感。そして感泣。

子育てのあわただしい毎日に流されそうになっても、この絵本を開けばいつでもあの時の気持ちに戻れる、
そんな素敵な絵本だなあと思うのでした。

優しい言葉であふれているので、新しく宿った命へ、そして新しくパパやママになる方への、プレゼントにもいいと思います。

眠る前に夫とふたり、日々大きくなるお腹に向けてゆっくり読みかけていたあの頃を思い出しながら、いつか子どもが大きくなったらまた一緒に読みたい一冊です。


それでは、またお会いしましょう。

**************************************************************
スタッフ (ひ) ・・・ブックハウス神保町オープン時からお店の隅っこにひっそり
生息していた、座敷ワラシならぬ、座敷オバサン。育児休暇の後、こっそり復帰。
好物は、絵本。 将来は自宅で文庫を開くのが夢。
現在、子育て別名 「自分育て」 真っ最中。
子供 (1歳・はなかっぱ似 ※あきやまただしさんの絵本の主人公) は勝手に
育っていっています。
********************************************************

[PR]
by bh-jinbocho | 2012-09-07 16:05 | 勝手に育児日記