BHのマスコット・じんぼうくんがつづるブックハウスの毎日
by bh-jinbocho
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
本日のおきゃくさま☆
ブックハウスイベント
お知らせ
サイン本コーナー
あれやこれや
神保町グルメ
イベントレポート
絵本作家さんのこと☆
フェア
原画展
メディア紹介情報
へなちょこスタッフ
ランキング
グッズ情報
勝手に育児日記
おはなしくまさん
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
「角野栄子先生と 佐々木 洋子先生にお会いしました♪」
今日はポプラ社さんの 「絵本カフェ」におじゃまして、角野栄子先生佐々木洋子先生のお話をお伺いするという幸運に恵まれました。

角野先生の軽快で優しくひろがりのある文章と 佐々木先生のかわいらしい絵の 「小さなおばけ」 シリーズは みなさんもよくご存知の通りの大ベストセラーの絵本です。 私も大好きなこのシリーズですが、なんとスタートは約30年前! 世代を超えて愛されている絵本たち作りの人気の秘訣はなんでしょうか?

野先生は ブラジル滞在中に本場のスパゲティの作り方を習得なさっていたので まだ東京にケチャップのナポリタン(!)しかなかった時代に それは周りのみなさんのなによりのご馳走になっていたそうです。 お子さまたちには 角野先生のお話よりもスパゲッティがたいそう評判よかったと(贅沢な話ですネ!) 角野先生も笑いながらおっしゃっていました。 そしてそこからお話がふくらんでできたのが 「おばけのアッチ スパゲッティが食べたいよう」。 
々木先生はそれを読んですぐにイメージがふくらんで たくさん絵を描かれたそうです。 ゆっくり時間をかけて、かわいらしいキャラクターの顔が出来ていったということですよ。 こんな風に何気ない日常から こんなステキなベストセラーがうまれてくるんですね~。 
ところで スパゲッティをとっても美味しく作る 登場人物「えっちゃん」の髪の毛はまっ黒ではありません。 今から30年前にはまだ茶髪も珍しく 「なぜ日本の絵本なのに黒い髪じゃないの?」という たいそうな驚きで迎えられたという その佐々木先生の想像力は本当にすばらしいと思います。

f0101969_14123835.jpg(左) 角野先生は お散歩中や運転中に お話の種ができたりアイディアが生まれたりするとおっしゃっていました。 何気なく丸めたペーパーナプキンから名前をつけたり色々想像しながらお話を広げていったりなさるそうです。 小さなおばけシリーズはもちろん、魔女の絵本やモコモコちゃん、その他 たくさんの愉快な楽しい絵本たちが 角野先生の日常から産まれてくる瞬間なんて、考えただけでもワクワクしませんか?
f0101969_14124985.jpg(右) 佐々木先生の原画を拝見しましたが、子どもたちの表情が豊かで柔らかくて動きが軽やかで こちらまで笑顔になってしまうし、とっても丁寧で繊細な線で描かれた一枚一枚が 見事でした。 描くのにすごく時間がかかりそう! でも・・・「これくらい(原画10枚くらいですが)なら1日あれば、まあ・・・」と笑顔でさらりとおっしゃる佐々木先生! かっこいいです。
「『小さなおばけ』シリーズの中で 特に印象深いもの、好きなものはありますか?」という質問に 先生方はどれもそれぞれ好きですが・・・とおっしゃりながら 「フルーツポンチはいできあがり」 です、と。 これは兄弟のおはなしで 絵本から声が聞こえてくるようですね、とお2人とも目を細めていらっしゃいました。

絵本通りのとっても温かくて品があって 美しさにあふれた先生がたにお会いして、ますますファンになってしまったスタッフ(ひ)です! 帰りには 「角野栄子のちいさなどうわたち」第一巻にサインをしてもらっちゃいました♪ やったー (^0^)/

★★ポプラ社の新刊案内★★
f0101969_1426616.jpg角野栄子のちいさなどうわたち 1
作:角野 栄子
絵:佐々木 洋子
税込価格 : \1,050 (本体 : \1,000)
出版 : ポプラ社
サイズ : A5判 / 124p
ISBN : 4-591-09497-9

おばけのアッチはスパゲッティが食べたくって、えっちゃんを脅かしてみようとするけれど・・・?! 角野先生の優しい文章と 佐々木先生の温かい絵がピッタリあって 大ベストセラーの一冊です。 今年はポプラ社60周年で 今おばけのアッチのハンドパペット全員プレゼントを開催中ですよ~詳しくはここをクリック!


※店頭在庫切れの際はご容赦ください。
[PR]
by bh-jinbocho | 2007-06-27 14:07 | 絵本作家さんのこと☆
「海外でも愛されている 日本の絵本たち その2」
入口のディスプレイウィンドウが 新しくなりました。
f0101969_13593739.jpg今回は 紙しばいも入っているんですよ♪ 紙しばいも世界に広がっているんですね~。 ステキなことです。 前回の 「14ひきシリーズ」 から 今回は 松谷みよ子さんの絵本、なかやみわさん、長新太さんなど いろんな作家さんの絵本が集まっています。 翻訳も 台湾、韓国、中国、アメリカ、シンガポール、インドネシア・・・ほんとにたくさんの国の言葉に訳されているんですね。
f0101969_143248.jpg
↑くろくん。 私は韓国語も中国語も分かりませんが 原作を知っているので なんとなく 想像して観ています。 絵は同じですからね(笑)。


f0101969_1455467.jpg→私が さりげなく気に入っているのが、、これです(^^)。 長新太先生の大傑作ですが、中国語の方が日本語よりもなんとなくしっくりきていると感じるのは私だけでしょうか・・・。 長新太先生の絵本が世界に出るっていうのは 大歓迎です! 日本はマンガだけの国じゃないぞ~! 


大変貴重な展示です。 みなさま、お見逃しなく! 

※現在こちらのフェアは終了いたしております。
[PR]
by bh-jinbocho | 2007-06-26 13:58 | お知らせ
「笹の葉に 願いをこめて・・・」
f0101969_1732186.jpg
今日のおはなし会にいらしていただきました、せいちゃんももちゃんです! じゃーん。

仲良しご兄弟で、一緒に短冊に願い事を書いて つるしていってくれたのよね。 なんのおねがいしたのかな?? (^^)

叶うといいですね~。 みなさんもぜひ 短冊に ひとこと残していってくださいね! スタッフまでお気軽にお声をおかけくださ~い♪

せいちゃん、ももちゃん、また元気に遊びに来てください。 お待ちしております。
[PR]
by bh-jinbocho | 2007-06-23 17:31 | 本日のおきゃくさま☆
「うれしたのし おはなし会♪」
f0101969_17185779.jpg今日は日本晴れ!の神保町でした。 「小原乃梨子とおはなしフェアリーズ」 のみなさんによる にぎやかなおはなし会の日、たくさんの子どもさんの笑顔に会えました。
f0101969_17283959.jpg今日のメニューは、、
◆あめがだーいすき (そうまこうへい・かとうあやこ/佼成出版社) 
◆おどります (高畠純/絵本館) 
◆うめのみとり (市川宣子・城芽ハヤト/ちいさなかがくのとも) 
◆ごきげんななめのてんとうむし (エリック・カール・もりひさし/偕成社) 
◆バーバパパたびにでる (アネットチゾン・タラス・テイラー/偕成社)
 でした。 
f0101969_1729610.jpg右の写真は 「おどります」 の ひとコマ♪ メケメケ~ フラフラ~ みんなで楽しく踊りました。 ノリノリっ!!
f0101969_17233230.jpg小原乃梨子さんは 先月に引き続き バーバパパシリーズを読んでくれました。 長い間 親しまれている絵本ですが、 読み方によっていろいろな見方ができるんですね~。 小さい頃に読んで、内容もおぼろげになっていたスタッフ(ひ)は 改めてロングセラーの良さを実感しました!
次回は7月14日、ずいうんしゃ おはなしの会のみなさんです。 ビッグブックを使った あっと驚きのおはなし会★ みなさまのお越しを心よりお待ちしておりま~す!
[PR]
by bh-jinbocho | 2007-06-23 17:13 | ブックハウスイベント
「さーさーのーはーさーらさら~」
f0101969_15471061.jpg
もうすぐ七夕です。 笹の葉に飾りをつけて ブックハウスでも ささやかながら (ほんとうに・・・) 入口付近に飾っております♪

いろいろな言い伝えがあるようですが、七夕伝説というのは 織姫と彦星があまりにも仲が良すぎて 仕事もせずにずっとよりそってお話をしているのを見かねて 神さまが2人を引き離し、7日だけ天の川を渡って会うことができるようにした というのが 一般的でしょうか? 

本来7月7日の七夕というのは旧暦でして、今で言う8月上旬だそうです。 梅雨もあけて 暑さもピークになり、ベガとアルタイルも 晴れた夜空により天高く良く見える、というわけですね。 ちなみに現在でも 「天保暦の七月七日に相当する日」 や 「月遅れ(新暦の8月7日)」 で七夕祭りを行う地方もあるとか (ないとか・・・)。

というわけで、2人がデートできる日は 一年に3度ある! と思えば 7日がもし雨でも安心ですね~。 


お願いごとがあるかたは ぜひブックハウスのスタッフにお声をおかけください。 短冊をご用意しておりますので、お願いごとを書いて 笹の葉に飾っていってくださいね。 今年は炊き上げをしましょう! 
[PR]
by bh-jinbocho | 2007-06-16 15:46 | あれやこれや
「おはなし会やりました!!!」
f0101969_16292533.jpg今日は ミニ・ハープとマリンバの生演奏と読み聞かせの 「アンサンブル・トゥモロー」 さんによる楽しいおはなし会でした♪最初は 「ワンワン物語」 から 「ララルー」 。 
f0101969_16332341.jpgそして 読み聞かせ。 ぎっしりの子どもさんたちの中で、●よわむしライオン (長新太/徳間書店) ●せんたくかあちゃん (さとうわきこ/福音館書店) 続けて読み聞かせがありました。 ライオンシリーズは 「うごくえほん」 でもおなじみですね。 子どもさんたちも 真剣におはなしに聞き入っていました。
f0101969_1639454.jpg楽器紹介中です♪ マリンバって、じつは・・スタッフは知りませんでした。 木琴の親御さんみたいなものですって。 音色が心地よい 軽やかな楽器でした。 ミニ・ハープは優雅に でも力強く 美しく店内に響き渡ります。 
f0101969_1643504.jpgその後は 演奏が続きます。 「アヴェ・マリア」 、 千と千尋の神隠しのテーマソング 「いつも何時でも」 や 最後は 「千の風になって」 ・・・ とってもステキな演奏会でした。 

店内はぎっしり、お客さまで溢れていたブックハウス。 みなさま、いかがでしたでしょうか。 感想などまたお聞かせくださいね。

次回は6月23日(土) 小原乃梨子とおはなしフェアリーズのみなさんです。 梅雨に負けずに 元気に絵本を読みましょう~♪
[PR]
by bh-jinbocho | 2007-06-09 16:27 | ブックハウスイベント
「石津ちひろさんがいらっしゃいました♪」
ただいま 階段下でフェア開催中の 絵本作家の 石津ちひろさんが ブックハウスにお立ち寄りくださいました!(下写真中央の方です)
f0101969_17453271.jpg
笑顔のとってもステキな 上品な方で 大ファンのスタッフは もう大喜び!

f0101969_1748078.jpg←著作をお手に一枚(左)☆ 石津ちひろさんといえば たくさん絵本賞を受賞なさったり 翻訳家としても著名な方ですが とっても気さくな方でもあります。 ちなみに ブックハウスでも大人気の 「リサとガスパールシリーズ」 の翻訳も手がけられています。
f0101969_17501810.jpg→「あらまっ」 (ケイト・ラム/小学館) を おはなしくまさんが読んでいるところです。 くまさん、緊張しておりましたが、ちゃんと読めたんでしょうか・・・? ちょっと声が小さかったみたい(笑


石津ちひろさんのフェアは6月30日まで開催しております。 みなさま、どうぞお見逃しなく!!! たのしい絵本がいっぱいです。


著作にサインをしていただきました。 早い者勝ちでございます。 

f0101969_175954.jpgポピーとマックスものまねだいすき (おひさまのほん ポピーとマックスのほん)
作:リンジー・ガーディナー
訳:石津 ちひろ
税込価格 : \1,365 (本体 : \1,300)
出版 : 小学館 ISBN : 4-09-727441-4


※店頭在庫切れの際はご容赦ください。
[PR]
by bh-jinbocho | 2007-06-02 17:44 | 本日のおきゃくさま☆