BHのマスコット・じんぼうくんがつづるブックハウスの毎日
by bh-jinbocho
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
本日のおきゃくさま☆
ブックハウスイベント
お知らせ
サイン本コーナー
あれやこれや
神保町グルメ
イベントレポート
絵本作家さんのこと☆
フェア
原画展
メディア紹介情報
へなちょこスタッフ
ランキング
グッズ情報
勝手に育児日記
おはなしくまさん
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
「おはなし会 レポート!!」
f0101969_16262160.jpg暑い暑い夏の一日でした。 神保町もむせかえるような 「むおおお~」 とした暑さでしたが、今日は第四土曜日恒例の 小原乃梨子さんとおはなしフェアリーズのみなさんによるおはなし会に たくさんの子どもさんが参加してくれました♪ 中央が小原さんです。 フェアリーズのみなさんは今日は艶やかな浴衣姿で登場で ブックハウスに華が咲いたようでした。
f0101969_16311592.jpg今日のメニューは ■きんぎょのおまつり ( 作:高部 晴市 / フレーベル館) ■くいしんぼうず ( つきおか ゆみこ / くもん出版) ■しんちゃんのはなび (新沢 としひこ ・あべ 弘士 ( 童心社)  ■バーバパパのなつやすみ (アネット=チゾン ・タラス=テイラー ・やました はるお/ 講談社)  でした。
f0101969_16414056.jpg
みんなで手遊びしました。 ♪おてらの和尚さんが かぼちゃの種をまきました~♪ それで、今日はね、参加の子どもさんから 手遊びの最新版を逆に教えてもらっちゃいました! かぼちゃの種をまきました、芽が出てふくらんで、花が咲いたらかれちゃって、忍法使って空飛んで、東京タワーを飛び越えて・・・・ って、ニューバージョンを みんなで楽しく遊びましたよ~★

あ~楽しかった。 たくさん笑っちゃった。 また遊びに来てね。


★次回のおはなし会は 8月4日 「よみえもんず」 のみなさんです。 お楽しみに!
[PR]
by bh-jinbocho | 2007-07-28 16:22 | ブックハウスイベント
「内田麟太郎先生と 長谷川義史先生にお会いしました!」
今日はポプラ社の “絵本カフェ” におじゃまして、 内田麟太郎先生と 長谷川義史先生にお会いしました。 長谷川先生は なんと 大阪からのご参加ということで、ほんとにありがたく嬉しい時間を過ごしました。 お二方とも とってもおしゃれで言葉使いが巧みなので、笑いの絶えない明るいひとときでしたよ。

みなさん、狂言えほんってご存知ですか?? 
f0101969_1604790.jpg「ぶす 狂言えほん」
文:内田 麟太郎
絵:長谷川 義史
税込価格 : ¥1,260 (本体 : ¥1,200)
出版 : ポプラ社
サイズ : 26cm / 35p
ISBN : 978-4-591-09841-7



このぶすを、文の内田先生、絵の長谷川先生と、創作秘話(?)を交えて絵本について語っていただきました。 まず狂言えほんというアイディアが生まれた編集部から 作家には 狂言という観点ではなくて それを越えた大きな視点から自由に楽しく書いていただける内田先生が、また絵にはイメージ通りだったという長谷川先生が くどきおとされ、ゴールデンコンビ再び!という形で この幸運な本ができたということです。

谷川先生のタッチって、ほんとに独特な味のある、温かくやさしいそして愉快な感じですよね。 先生はアクリル絵の具を太目の筆に水をたっぷり含ませて水彩のように描くそうです。 色同士がにじんでいい具合になっているのが分かりますが、このにじみもプロの技! こんなステキな絵ばかりの先生でも、やはり失敗を恐れて弱気になって描くとあまり納得のいくものができないそうで、太い筆で、大胆に描いていくことが 先生のユーモラスなこの絵ができあがる秘訣だそうです。う~ん やっぱりすごい!

田先生の言葉使いは いつも洒脱で軽妙、くすくすっげらげらっといつもつい笑ってしまいます。 今回は 狂言えほんという新しいジャンルに挑戦なさって、いろいろと資料をご覧になったり 能楽堂に実際に観劇に行かれたりと 模索なさっていたそうです。 芸術家らしい独特のアクセスの仕方に 私たちは目をまるくするばかり。。。ほんとに物を生み出すっていうのは、すごいことなんですね~。 そのように狂言に入っていく一方で先生は ご本人が狂言に詳しい狂言師で「ない」ということが 狂言えほんの成功に関る最大の強みだともおっしゃっていました。 これには私たちも納得!

「先生方のユーモアは どこで培われたんですか?」 という質問に 内田先生は どうも周りからの “おだて” があったから、と笑いながらおっしゃっていました。 長谷川先生は 「僕はべつに面白くないよ」 と・・・ 周りからは思わず笑いがこぼれました! おふたりのコンビは息もぴったりという感じで この絵本が面白くないわけがないっ。 読み聞かせにもぴったりですし 大人が読んでも手ごたえアリという感じで、幅広い世代の方々に 読んでいただきたい一冊です♪ 

最後に出た、「今後一緒にお仕事をしたいなぁ~と思われる作家さんは?」 という質問のお答えは 少々難しいようでした。 長谷川先生は 「それは好きな人は誰?と聞かれて答えられないのと似てるなぁ~」 、画家さんと作家さんのコンビを恋心に喩えられた先生、さすがです。 内田先生がこっそりと 「沢口靖子さんとの対談・・・」とおっしゃっていたのには 会場大爆笑。 とにかく楽しさいっぱいの数時間、またまたほんわか気分で 頭に♪が浮かんでいた私でした。 内田先生、長谷川先生、お会いできてとっても嬉しかったです。 そしてこんな幸せなカフェを開催してくださるポプラ社のみなさんも ほんとにありがとうございます!


内田 麟太郎
1941年福岡県大牟田市生まれ。個性的な文体で独自の世界を展開。「さかさまライオン」(童心社刊)で絵本にっぽん大賞、「うそつきのつき」(文渓堂刊)で小学館児童出版文化賞、「がたごとがたごと」(童心社刊)で日本絵本賞を受賞。絵本の他にも、読み物、詩集など作品多数。 内田麟太郎HP ←内田先生の魅力満載のHPです♪


長谷川 義史
1961年大阪府藤井寺市生まれ。1990年JACA日本イラストレーション展入選。「おたまさんのおかいさん」(解放出版社)で講談社出版文化賞絵本賞を受賞。作品に「スモウマン」(講談社刊)、「うえへまいりまぁす」(PHP研究所)、「かあちゃんかいじゅう」(ひかりのくに刊)など多数。


※ご紹介の絵本が店頭在庫切れの場合はご容赦ください。
[PR]
by bh-jinbocho | 2007-07-25 15:57 | 絵本作家さんのこと☆
「ふしみ みさをさんがいらっしゃいました♪」
「うんちっち (PHP研究所)」 「どうぶつに ふくをきせては いけません (朔北社)」 「アナトールさんのロバ (青山出版社)」 などで有名な 翻訳家 ふしみ みさをさんがお店に お見えになりました。
f0101969_1535653.jpg
ふしみさんは 1970年埼玉県生まれ。 洋書絵本卸会社勤務を経て、フランス語、英語を中心に子どもの本の翻訳や紹介をしていらっしゃいます。 ブックハウスにも たーくさん 手がけられた本があります。 「うんちっち」 は みなさんもうお馴染みの "おはなしくまさん" が読む本としても大人気! ふしみさんの訳は 日本語がなめらかで とっても優しい感じで ほんわかします。
f0101969_15411973.jpgちゃっかり 色紙にサインをしていただいてしまいました。 色紙には おはなしくまさんを描いていただきましたよ~。 絵がとってもお上手で、ぜひご自身でも創作していただきたいな と勝手に思ったスタッフ(ひ)でした。 笑顔のステキなふしみさんに乾杯!

ありがとうございました!

f0101969_1551146.jpg「うんちっち」
作・絵:ステファニー・ブレイク
訳:ふしみ みさを
税込価格 : ¥1,260 (本体 : ¥1,200)
出版 : PHP研究所
サイズ : 26cm / 1冊
ISBN : 4-569-68528-5

★この本の魅力はなんといっても 「うんちっち」! 洒脱で軽妙な絵本で、小さいお子様から大人まで楽しめる不思議な絵本だよ。
[PR]
by bh-jinbocho | 2007-07-17 15:24 | 本日のおきゃくさま☆
「夏休み 読書の時間」
もうすぐ楽しい夏休み・・・の子どもさんたちも多いのではないでしょうか! 夏休みは 長い旅行に出かけたり、ゆっくり家族と過ごしたり、クラブに専念したりと 普段できないことを 思いっきりやり倒すチャンスです♪ 

そういえば、分厚い本や シリーズものになっている本をじっくり読む時間としても 夏休みってとってもいい時です。 本に夢中になって 思わず汗をかくのも忘れたりして、夏の読書も中々おつなものですね~。

今年の課題図書も ラインナップ出揃いました。 どれも興味深そうな内容で、悩んじゃうな。。。 全部読んでしまおうかな。。。 「ブックハウスおすすめ本」 でご紹介しておりますので、ぜひチェックしてみてくださいね。
[PR]
by bh-jinbocho | 2007-07-14 11:55 | あれやこれや
「おはなし会 レポート!」
f0101969_1154272.jpg今日は 「ずいうんしゃ おはなしの会」 の井上さんが 読み手を務めてくれました。 瑞雲舎さんは大人気のロングセラー 「ちびくろさんぼ」 の出版元でもあります。 今日は
 ◆ちびくろさんぼ
 ◆てのひらどうぶつえん
 ◆シナの5人兄弟
 の三冊でした。 台風が迫る 雨の中 たくさんのお客さまにお越しいただきました。 ありがとうございました。
f0101969_11504168.jpgちびくろさんぼは ビッグブックを見せながら マスコットや切り絵などを使っての楽しい展開に 子どもさんたちもじっと聞き入っているようでした。 サンボのパンケーキは とってもおいしそうですよね♪ でもちょっと食べすぎです!


次回は7月28日 小原乃梨子とおはなしフェアリーズのみなさんです。 お楽しみに!
[PR]
by bh-jinbocho | 2007-07-14 11:44 | ブックハウスイベント
「ただいま 若い女性に大人気の作家さんといえば・・・!」
ブックハウスでもいつも売上ベストに入っている人気作家さんで、 女性中心に人気を博している若手3人さんを 勝手に特集してみました。 階段下スペースで7月1日からフェア開催しておりますので、どうぞお見逃しなく!

酒井 駒子さん・・・1966年兵庫県生まれ。東京芸術大学美術学部卒業。 「よるくま」 「ぼく、おかあさんのこと・・・」 「金曜日の砂糖ちゃん」 など、壮麗で個性的な画風で人気。
f0101969_18193973.jpg「ビロードのうさぎ」
原作:マージェリィ・W.ビアンコ
絵・抄訳:酒井 駒子
税込価格 : \1,575 (本体 : \1,500)
出版 : ブロンズ新社 サイズ : A4変形 / 1冊(ページ付なし)
ISBN : 4-89309-408-4


どい かやさん・・・1969年東京生まれ。東京造形大学デザイン科卒業。 「チリとチリリ」 「ハーニャの庭で」など、繊細で柔かい温かさの色鉛筆使いが人気。
f0101969_18222877.jpg「チリとチリリはらっぱのおはなし」
作:どい かや
税込価格 : \1,260 (本体 : \1,200) 出版 : アリス館
サイズ : 18×25cm / 〔32p〕 ISBN : 4-7520-0371-6


たちもと みちこさん・・・絵本作家。子どもをテーマにしたマルチメディアの企画制作を手がけるレーベル「colobockle」を主宰。 絵本に「アニーのちいさな汽車」 「じっくりおまめさん」 など 愛らしい絵とコラージュのような不思議な魅力がいっぱい。
f0101969_18313070.jpg「アニーのちいさなかばん (BOOKS POOKA)」
作・絵:たちもと みちこ
税込価格 : \1,050 (本体 : \1,000) 出版 : 学研
サイズ : 菊判 / 〔32p〕 ISBN : 4-05-202858-9

みなさんの著作を並べると 絵がとってもきれいで、華やかです。 ブックハウスに花が咲いたみたいですよ。 上記はそれぞれ新刊のご紹介ですが、今までの著作を 出版順に見てみても楽しいですね。 たくさんありますからね~。

スタッフの勝手なつぶやきは 酒井駒子さん 「こうちゃん」 どいかやさん 「くりちゃんとぴーとなーとつー」 たちもとみちこさん 「ポヤップとリーナのシリーズ」 がとっても好きです。 でも、他のも好きです(笑。  たちもとみちこさんは ポストカードやグッズも扱っていますので、合わせてお楽しみくださいね。


※現在こちらのフェアは終了いたしております。 ご紹介の書籍は店頭在庫切れの場合ご容赦ください。
[PR]
by bh-jinbocho | 2007-07-01 18:13 | お知らせ