BHのマスコット・じんぼうくんがつづるブックハウスの毎日
by bh-jinbocho
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
本日のおきゃくさま☆
ブックハウスイベント
お知らせ
サイン本コーナー
あれやこれや
神保町グルメ
イベントレポート
絵本作家さんのこと☆
フェア
原画展
メディア紹介情報
へなちょこスタッフ
ランキング
グッズ情報
勝手に育児日記
おはなしくまさん
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
「おはなし会 小原乃梨子とおはなしフェアリーズ☆」
今日は寒い寒い神保町。 ちょっぴり雨模様でもあります。 それでも熱気あふれるブックハウス、暖房を切っておりました! それはもちろん 今日のおはなし会 「小原乃梨子とおはなしフェアリーズ」 さんたちが登場だからです~♪
f0101969_16503528.jpgフェアリーズさんたちは サンタの帽子をかぶったり、トナカイの角を頭につけたり、赤い洋服を着たり・・・ いろんな工夫でクリスマスムードを盛り上げてくれました。 
f0101969_1652518.jpgサンタさんからのてがみをひとつひとつ読んでくれました。 みんなもじっくりと聞いていたみたいです。 
f0101969_16553644.jpg小原さんは 「クリスマスってなあに?」 を読んでくれました。 クリスマスって 何の日か知ってる? ・・・って会場に問い合わせると 「はーい!」 って元気に答えてくれる子どもさんたち♪ 今日はとっても盛り上がりましたね。
f0101969_1714152.jpg今日はクリスマス前ということで、お歌をたくさん歌いました。 赤鼻のトナカイ♪で、手遊びをしましたよ。 数字に関係する言葉のところで 指を出すんです。 脳トレって小原さんは言っていましたが、大人はフウフウ! 子どもさんたちはとっても上手にできていましたね。 みなさんもおうちでやってみてくださいね。
ということで、今日は「リサとサンタクロース (アン・グッドマン作 ゲオルグ・ハレンスレーベン絵 ブロンズ新社)」 ♪サンタクロースがやってきた 「サンタさんからのてがみ (アラン・デュラント作 主婦の友社)」 ♪赤鼻のトナカイ 「クリスマスってなあに (ディック・ブルーナ作 講談社)」 ♪きよしこの夜 というメニューでした。
f0101969_176175.jpg
最後に フェアリーズさんがみなさんにプレゼントをくれました。 手づくりのクリスマスカードです。 1つずつ違うカードは 全部ほしいくらいでした。 スタッフももらってしまいました♪
次回は1月5日 (土) かるた大会です!! みなさん、お正月のなまった体を楽しく運動して整えましょう♪ お気軽にご参加くださいね!!!
[PR]
by bh-jinbocho | 2007-12-22 16:48 | ブックハウスイベント
「おはなし会 今日は演奏会形式です☆」
今日はお天気に恵まれた神保町。 ポカポカと暖かくて 過ごしやすい一日でしたね。 ブックハウスでは 「アンサンブル・トゥモロー」 のみなさんの演奏会形式のおはなし会でした。 2回目の登場でした。
f0101969_16231447.jpg写真右から アイリッシュ・ハープと演奏者の方、マリンバと演奏者の方、そしてすずと読み手のお姉さんです。 生演奏ということもあって みんな興味たっぷり! ましてや アイリッシュ・ハープや マリンバは あまり身近な楽器ではありませんからね。。。 
f0101969_16272472.jpg始まる前までは 元気よくでんぐり返しをキメていた男の子たちも かなり集中してお話にのめりこんでいるようでした。 「小さな世界」 の演奏で静かに始まり 「あしたのぼくは」 「ラブ・ユー・フォーエヴァー」 とつづきます。 感動して涙するお客さまもいらっしゃいました。
f0101969_16362430.jpg♪大きな古時計の演奏が入ります。 「メリークリスマスおおかみさん」 そして仕上げはアメイジング・グレイス、ジングルベル、聖しこの夜など クリスマスソングメドレー。 
12月にぴったりの選曲と本で 会場全体 厳かな雰囲気でした。 とても楽しいおはなし会でした。
今日のメニューは♪ちいさな世界 ♪「あしたのぼくは」 (みやにしたつや・作/ポプラ社) ♪ラブ・ユー・フォーエバー」 (ロバート・マンチ・作/岩崎書店) ♪大きな古時計 ♪「メリークリスマス おおかみさん」 (みやにしたつや・作/女子パウロ会) ♪アメイジンググレイス、ジングルベル、きよしこのよるなど クリスマスメドレー

次回のおはなし会は12月22日(土) 小原乃梨子とおはなしフェアリーズのみなさんです。 クリスマス間近のおはなし会ということで、なにかサプライズがある・・・・かな?? 楽しみですね~。 今年最後のイベントでもあります。 みなさまのお越しをお待ちしております。
[PR]
by bh-jinbocho | 2007-12-09 16:20 | ブックハウスイベント
「今日はおはなし会!」
寒さもいったん 和らいだ感じのさわやかな神保町。 今日は 「小原乃梨子とおはなしフェアリーズ」 のみなさんが登場です! 
f0101969_16504371.jpg今日もたくさんの子どもさんたちが来てくれました。 みんな元気いっぱい♪ 「ゆめのゆき」 はキラキラキラ・・・という音がとてもきれいでした。 「へんしんプレゼント」 はみんなも知ってるシリーズでしたね、たのしく 「かずお、かずお、かずお・・・」 って言えました♪
f0101969_1724315.jpg 「ぐりとぐらのおきゃくさま」 は大人の方はほとんど全員ご存知だったみたい! やっぱりすごい絵本ですね。 うーん カステラのいいにおいまでしてくるようです。 お腹が空きました。 今日のおやつは カステラにしましょうか。
f0101969_173713.jpg「クリスマスソングえほん」 から "赤鼻のトナカイ" "もみの木" を手遊びしたり 歌ったりしました。 手遊びはちょっと難しかったけれど みなさんできましたか~? 最後の 「よるくま」は小原乃梨子さんが朗読です(左写真中央)。 ブックハウスでも人気の作家さんの代表作です。
さて、今日のメニューのおさらいです♪
●「ゆめのゆき」 (エリックカール/偕成社)
●「へんしんプレゼント」 (あきやまただし/金の星社)
●「ぐりとぐらのおきゃくさま」 (なかがわりえこ・文 やまわきゆりこ・絵/福音館書店)
●「きいて、うたって! デラックスクリスマスソングえほん」 (永岡書店)
●「よるくま クリスマスのまえのよる」 (酒井駒子/白泉社)

明日もおはなし会です♪ 「アンサンブル・トゥモロー」 のみなさんです。 アイリッシュ・ハープとマリンバの演奏会形式のおはなし会、お気軽にご参加ください。 ※アイリッシュ・ハープは ケルト・ハープとも呼ばれ アイルランドに古くから伝わる楽器です。 現代のグランド・ハープと違い、移弦操作が難しいこととペダルがないことなどが特徴です。 音色はとてもよくて ケルト民族の誇りであるこのハープは 中世のマイスタージンガーを思わせどことなく郷愁を誘います。 なかなか普段触れることのできない楽器ですので お楽しみに。
[PR]
by bh-jinbocho | 2007-12-08 16:36 | ブックハウスイベント
「薫くみこ先生と ささめや ゆき先生との楽しいひととき・・」
先日11月28日、 ポプラ社さんの 「絵本カフェ」におじゃましました。 「なつのおうさま(ポプラ社)」の著者 薫くみこ先生(作)、ささめやゆき先生(絵)とご一緒の時間を過ごすことができました♪ お2人とも 次々と話題作を世に送り出す“絵本の達人”です。

「なつのおうさま」は今年の夏に出版されて 第18回のひろすけ童話賞に選ばれた作品です。 日本のアンデルセンとも呼ばれ、その生涯になんと千を越える児童文学を世に送り出したという偉大な浜田ひろすけさんの名のこの賞は、ひろすけ童話の文学精神の継承と幼年童話の新しい世界をひらく優れた作品に贈られるものです。 この「なつのおうさま」は 絵本というカテゴリーの中では なんと初の受賞作品です。 今までは「幼年童話~読み物~」というカテゴリーの中からこの賞が授与されていたそうです。 ひろすけ童話の文学精神の継承という意味では 絵本はどんなに優秀な作品でも 選取の範囲外だったそうです。 ところが この「なつのおうさま」は その慣例を破ってまでの受賞です。 そんな珠玉の一冊の生みの親の薫くみこ先生(以下 薫)と ささめやゆき先生(以下 さ)とは、どんな方なのでしょうか、興味深々です! たくさんの質問をさせていただきました。


――絵を描き始めたきっかけは。
 「最初は会社勤めをしていたんだよ。毎日乗る電車から見えるある駅の風景~工場から出る煙が日によって変わるのを眺めていたら・・“そうだ、絵を描こう”と思い立ったんです」
――この絵本表紙の「ささめやブルー」とも呼ばれる美しい青を表紙にもってきた理由は。
 「近くに青い絵の具があったから(笑いながら)。 色って、組み合わせじゃない? 色そのものはそれぞれが全てきれいだから、それをどう組み合わせるか、というだけできれいに見えたりそうじゃなかったりする。 感覚を大切にして描いています」
―― 一作を仕上げられるのはだいたいどのくらいですか?
 「1つの作品は構想まで含めると10年越しなどもありえるので、一概には言えませんが、書き上げるのは比較的速いと思います。 特にどこかにいってイメージやひらめきが、というのではなく、家でじっくりと書くほうで、静かなところで集中して書き上げます」
――絵を描くとき、お話のはじめから順に書いていかれますか。
 「最初から順に。ラフは描かない、下書きはしない。 絵は一瞬の線が命だから」
――煮詰まったときの気分転換は。
 「朝起きた瞬間が一番アイディアが浮かびますね。前の夜にちょっと煮詰まっていても、眠って起きたらすっきりとして。 だから枕元にいつもノートを置いておくんだ」
 「煮詰まったら ”いつか書ける!” と信じる(笑)。 というのは冗談として、例えば他のものを書いている時にアイディアが浮かぶということがあります。 私の場合は、机の前に座っていることが逆に執筆につながるので どこか場所を移動して気分転換を、というよりは 書斎で集中しているほうが仕事がすすみます」
――最後のページ(駅のホームのシーン)に黒をつかうのはすごいと思います・・・
 「いろいろ塗ってみた結果、この色がよかったんだよ(会場笑い)。描きながら、推考していって、自分の描いた絵から発見していくのはいいな。 自分の絵に教えられる。」
――お子さん、お孫さんとの思い出などお聞かせください。
 「妻と幼い頃の娘がお風呂で楽しそうにしている声の昔の録音を最近聞いて、今うちに遊びにくる娘と孫が同じようにやり取りしているのを聞いた時は その変わらない営みに少し涙が出ました・・」
 「息子と過ごす時間はとても幸せでした。 また、夜眠るときは必ずお話を聞かせていて、息子に受けたところを作品のヒントにしたりして。じゃんけんで負けた方がお話を作っていったりしました。 オリジナル作品ばかりで、息子はあまりスタンダードな昔話を知らないのでは・・・(会場笑い)」
――風景や場所、人など 強く印象に残っていることはありますか?
 「空がとても好きです。 息子と屋根にいかだをのせようか?! と計画して、いろいろ考えたりしました。 夜でも朝でも屋根に上るのが好きです。」

影響をうけた画家や作家は?との問いにはお2人とも考えながら 最後はやっぱりご自分の個性で書いていて、特にいないとの結論でした。 心地よく、強い個性をお持ちな先生方だからこそ作品が際立ってくるんですね。本当に一言一言が胸にしみました。
なつのおうさまについて (さ) 「薫さんの文章は断定的に言い切っていないので、画面を想像しやすい。 また、ぼくが咀嚼しつくして解釈すると絵本のためによくないので 読んだ子ども自身が自由に想像して読めるような絵を描こうと思った」 とのセリフに思わず納得です。 感じ取る自由が読み手に与えられているという幸せを実感した午後のひとときでした。 お二人の先生のご活躍がこれからも楽しみです。 先生方、ポプラ社のみなさん、ありがとうございました。

・・・そういえば ささめや先生が「その、”先生”っていうの、やめようよ~」 と笑って言いました。 やっぱりすごいお方です。

f0101969_17592731.jpg
薫先生 (写真右) は 女優さんかと思うようなお美しい方で! いや~見とれてしまいました! 
ささめや先生 (写真左) は 芸術家肌の偉大な風貌をお持ちの 目のやさしい男性でした。

f0101969_17561034.jpgなつのおうさま 絵本のおもちゃばこ
薫 くみこ 作
ささめや ゆき 絵
税込価格 : ¥1,260 (本体 : ¥1,200)
出版 : ポプラ社
サイズ : 26cm / 30p
ISBN : 978-4-591-09809-7


※ご紹介の絵本・グッズのお品切れの場合はご容赦ください。
[PR]
by bh-jinbocho | 2007-12-07 17:49 | 絵本作家さんのこと☆
「ペット」
今日はお店の中に くるみが落ちていました
f0101969_21195892.jpgリス?
注:写真はイメージです
りす?f0101969_21213449.jpg東京の中心・ちよだくにも りすがいたなんて。 しかも うちのお店にいたなんて。
注:写真はイメージで・・・
[PR]
by bh-jinbocho | 2007-12-02 21:19 | へなちょこスタッフ