BHのマスコット・じんぼうくんがつづるブックハウスの毎日
by bh-jinbocho
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
本日のおきゃくさま☆
ブックハウスイベント
お知らせ
サイン本コーナー
あれやこれや
神保町グルメ
イベントレポート
絵本作家さんのこと☆
フェア
原画展
メディア紹介情報
へなちょこスタッフ
ランキング
グッズ情報
勝手に育児日記
おはなしくまさん
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧
「矢玉四郎先生にお会いしてきました。」
とってもいいお天気だった東京。 桜もあちこちで咲いてます。 上野公園はもう満開だそうですよ。
まさに春!といったお天気のこの日。 ポプラ社さんの絵本カフェにおじゃましてきました。
矢玉先生といえばなんといっても 「はれぶた」 (岩崎書店刊) シリーズ。 もう30年近く愛されているシリーズです。 親子でファンという方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

矢玉先生は、童話作家・絵本画家・作詞家・漫画家・デザイナー・評論家・アニメ映画業者・尺八演奏家という多彩な顔を持つ方でいらっしゃいます。

絵本に関しては 「ナンセンス」 といわれる、ユーモアあふれる作品を多数、文章と絵の両方を描かれています。
「ナンセンス」 というジャンルは、お子さん自身にはとても喜ばれるジャンルにも関わらず、大人の方にはあまり理解されにくい (特に頭のいい方にその傾向が強いそうです) ことが多いとのことです。 (実際、ブックハウスのおはなし会でも、ナンセンス絵本が読まれるとお子さんたちの笑い声が一層大きくなります。)
賞や課題図書などに選ばれるということがなかなか難しいジャンルのため、お子さんにプレゼントを選ばれる大人の方の目にとまりにくい、というのが現実とのこと。
先生は「おはなし絵本クラブ」という、会員制のインターネットで絵本が読める取り組みにも積極的に参加されていて、パソコンに向かうお子さん自身が何度も何度も繰り返し読まれることが多く、人気ランキングで常に上位に入っていらっしゃるとのことです。

先生は、同時にこうもおっしゃいました。

絵本は子供のためにある。
大人のための絵本、いわゆる思い出や悲しさを描いた絵本もいいけれど、そのために本当に子供が喜ぶ絵本がないがしろにされてはいけない。
悲しくて重いテーマはドラマチックではあるけれど、ほのぼの楽しく元気で底抜けにあっけらかんとして明るいものこそを子供に!
戦争などをテーマにしたものも、子供にとって必要ではあるけれども、時期や教え方を注意しないと、生きていたくない、希望がなくなる子供が増えるのでは。
感受性の強い子ほどその傾向があるように思える。
今の世の中、暗いニュースばかりなので小学校中学年くらいまでの子供が読む児童書の中でくらいは、どんなにハラハラドキドキしても、ハッピーエンドのものを。
「生きているとこんなに楽しい」ということを子供に伝えることを、出版界もメディアももっと積極的に行うべきじゃないか。

童謡協会にも加盟されている矢玉先生はナントこの日、ご自分で作詞された 「たぬきしっぽのうさぎさん」 という童謡もうたってくださり、会の最後には尺八での演奏も披露してくださいました。

矢玉四郎先生のポプラ社最新刊
f0101969_14381160.jpgなりたいじんじゃ 矢玉四郎のあいうえほん
矢玉 四郎作 絵
税込価格 : ¥1,260 (本体 : ¥1,200)
出版 : ポプラ社
サイズ : 25cm / 30p
ISBN : 978-4-591-10042-4
なりたいなりたい、とお願いするとなりたいものになれるというありがたい神社に、ねずみさんやかばさんが次々と…。


※ご紹介の絵本・グッズのお品切れの場合はご容赦ください。
[PR]
by bh-jinbocho | 2008-03-31 14:35 | 絵本作家さんのこと☆
「桜の美しい季節になりました★」
f0101969_12495170.jpg
東京地方は満開です! なぜこんなに桜が咲くと日本人は騒ぐのでしょう?!003.gif そういう私たちもやっぱりウキウキしております。

靖国神社・千鳥が淵緑道は 3月29,30日の週末は大変な人出でした。 ブックハウスにもお立ち寄りいただいた方 いらっしゃったのではないかと思われます。 今年の 「神保町春の古本まつり・さくらみちフェスティバル」 は大盛況でした。 みなさま、ありがとうございました。 桜はまだまだ美しさを見せてくれます。 桜吹雪も見ものです053.gif 

今年千年紀の 「源氏物語」 にも桜を愛でる 「花宴」 が登場します。 ちょうど光源氏が紫宸殿の桜花の宴で春鶯囀を舞い 朧月夜と出会う美しい場面です。 千年前から愛でられている桜。 うーん、やっぱり日本に住んでいるなら 桜は外せないキーワードですね!! 
[PR]
by bh-jinbocho | 2008-03-31 12:47 | あれやこれや
ターシャ・テューダー展
アメリカ・バーモント州にある広大な庭で植物を育て、絵本を描き、ゆったりとした生活を送る92歳の女性、ターシャ・テューダーは、今、日本でじわじわとファンを増やしているとっても素敵なおばあさんです。

今回開催されたのは、ターシャが大切に大切に集めてきたアンティークな生活用品と絵本の原画の展示です。平日にもかかわらず、多くの来場者(私の行った日は女性が8割位を占めておりました!)で賑わっていました。

ターシャの愛用品の展示では、今でも現役の木製りんご搾り木やティーセット、クッキー型、ファブリック、糸車、子どもたちのために製作された手作りの人形、マリオネット、ミニ絵本までたくさんのアイテムがならんでいました。
また、絵本とイラストの原画の展示では、新作絵本「コーギービルのいちばん楽しい日」を含む、コーギービルの絵本シリーズの原画のほか、愛犬や愛鶏と子どものイラストなど、水彩で細かく着彩されたユーモラスでかわいらしい作品の数々に、来場者も目を輝かせながらじっくりと鑑賞していました。

まさしくスローライフと言える、ターシャの魅力的な暮しぶりや、92歳になってもなお精力的な創作活動が垣間見える充実した展示になっております。


絵本・ガーデニング・手作りの生活-夢を追い続ける幸福
ターシャ・テューダー展
会期~3月31日(月)
松屋銀座8階大催場にて
(詳しくは展示HPをごらんください。)
[PR]
by bh-jinbocho | 2008-03-28 17:16 | イベントレポート
「敏腕編集者 現る!」
つい先日、ブックハウスの店内のソファに 背の高い、高雅な紳士が佇んでいらっしゃいました。 伺うと、この紳士は 「トム・マシュラー」 さんという方で、3月18日、20日に東京で開催されたシンポジウムのため 初来日・初東京散策中だったとのことです!

じつはこのトム・マシュラーさん、書籍業界ではとても著名な方なのですが、みなさまご存知でしょうか?

答えは・・・ハイ、 なんと過去に 「14人ものノーベル賞作家を世界に送り出した男」 として世界に名が知られ、英国出版界のカリスマ編集者として活躍なさっている方なのです。 ヘミングウェイ(1954年)、ネルーダ(1971年)、ガルシア=マルケス(1982年)、レッシング(2007年)などなど名前を挙げるだけでも すごい人々が14人。 また、ロアルド・ダールやジョン・バーニンガムなど数々の児童文学も手がけています。

2000年末、「ブックセラー」 誌で 「20世紀の出版界に最も影響を与えた十人の出版人」 に選ばれたというトム・マシュラーさん。 編集者ってじつは本作りのうえではとっても大きな役割を果たす一人なのですが それはもう一口では言えないくらい多岐にわたって活躍をしているのです。 

―どの作品を出版するかが決まると、ひとつの仕事がはじまる。 その作品にほれこんでいることを、世の中に伝染させる仕事だ。―

・・・という彼の言葉通り 編集者は ある専門家の世界から それ以外の世界の人たちへ橋渡をするところに 社会的な意味を持つといえます。 表に名前が出ることはあまり多くありませんが、このトム・マシュラーさんのような敏腕編集者たちが 出版界を陰で支えていることは間違いありません! とはいえ、ものすごいプロフィールとは裏腹にご本人はとても穏やかな紳士で、堂々とした笑みを静かに湛えていらっしゃいました。 ご来店ありがとうございました。


f0101969_18125799.jpgトム・マシュラー(Tom Maschler)
1933年、ドイツベルリン生まれ。ナチス・ドイツを逃れて家族とともにイギリスへ亡命。ペンギン・ブックスを経て27歳でジョナサン・ケイプに入社。 2000年末、「ブックセラー」 誌で 「20世紀の出版界に最も影響を与えた十人の出版人」 に選ばれた。 ブッカー賞の生みの親でもある。 邦訳のある著書に 『パブリッシャー 出版に恋をした男』 (晶文社 2006年) がある。
[PR]
by bh-jinbocho | 2008-03-24 18:21 | 本日のおきゃくさま☆
「小原乃梨子とおはなしフェアリーズのおはなし会♪」
今日も爽やかな春の光こぼれる神保町でした。 気候のおかげか 街中がたくさんの人たちで活気あふれていました。 今日は「小原乃梨子とおはなしフェアリーズ」のおはなし会で 朝からお問合せをたくさんいただきました。 ありがとうございました。
f0101969_1171915.jpgフェアリーズさん。 プロの声優さんたちが読んでいます。
f0101969_119482.jpg今日はいつもにもまして たくさんの子どもさんたちが。。。 みんなきちんと座って見られたかな? 
f0101969_119565.jpgおはなしを聞く子どもたち。 本を聞くときは集中して、手遊び歌や問いかけには元気よく、と きちんと場面場面で対応しているのが素晴らしい!
f0101969_11114724.jpg小原乃梨子さん(右) は 「リサとガスパールのであい」 を。 かわいいキャラクターと愉快なストーリーで人気のリサとガスパール、小原乃梨子さんが声を使い分けて 愉快に読んでくれました。
f0101969_11141946.jpg「おはなしていきけん」 今日はシールがいっぱいになった子がたくさんいましたネ053.gif どんどんイベントに参加して、たくさんシールを集めてね。
【今日読んだおはなし】
○はるはゆらゆら (五味太郎/小学館)
○えんぴつのおすもう (かとうまふみ/偕成社)
○♪おおきなはたけ (わらべ歌 てあそびうたえほん/永岡書店)
○せーのジャンプ! (深川直美/福音館書店)
○♪とんとんとんひげじいさん ⇒アレンジで ドラえもん037.gif
○♪パンダウサギコアラ 
○リサとガスパールのであい (アン・グッドマン/ブロンズ新社)

今日のおはなし会はいかがでしたか。 ご感想やご意見をぜひスタッフまでお知らせくださいね。 よろしくお願いします。

次回のイベントは 4月12日(土)アンサンブル・トゥモローさんの演奏会形式のおはなし会。 アイリッシュ・ハープやマリンバを使って 演奏をはさみながらお話を聞く会です。 歴史ある楽器の音色を身近で聴くのは 心地よいものです。 お気軽にご参加ください。
[PR]
by bh-jinbocho | 2008-03-22 11:07 | ブックハウスイベント
「縁台設置で みなさまのお越しをお待ちしております♪」
昨年からスタートしました 「縁台でおもてなし060.gif」サービス、今年も実施中です! 

本の街・神保町に お越しになるお客さまみなさまへの 「おもてなし」 の気持ちや くつろぎスペースを提供するために 神保町商店街の歩道に縁台を設置するサービスなのです053.gif  竹で編まれたベンチは 江戸情緒あふれる神田の街にぴったり?! お買い物の途中で一息つきたい時、ちょっぴり休憩する時など ご自由にお使いいただけます。

場所と設置期間は 
★靖国通り 専大前交差点から駿河台下交差点付近まで、ブックハウスのある側(九段方面に向かって左側) は3月27日(木)まで(2週間)
★神田すずらん通り商店街は 9月30日(火)まで(6ヶ月半)

設置時間は大体午前10時から午後7時くらいの間、雨天・強風時には縁台を屋内に引き上げますので ご了承くださいませ072.gif

みなさまのお越しを、お待ちしております!!!
[PR]
by bh-jinbocho | 2008-03-17 11:59 | お知らせ
「だいすきペネロペ☆」
f0101969_12303358.jpg今日も晴れてさわやかな神保町。 ご家族連れでにぎわうブックハウス。
の中に 一見怖そうな男性のお客さまがいらっしゃいまして・・・008.gif ・・・しかし 開口一番 「大きいペネロペはどこですか?!」 がくっ!

ということで 記念に一枚 特大サイズのペネロペと一緒に撮らせていただきました060.gif  恐るべし、ペネロペ。 老若男女問わずに 大人気です。

ペネロペの絵本

f0101969_12372794.jpg「おかたづけしてね、ペネロペ 」
アン・グットマン文  ゲオルグ・ハレンスレーベン絵  ひがし かずこ訳
税込価格 : ¥525 (本体 : ¥500) 出版 : 岩崎書店
サイズ : 14×14cm / 1冊(ページ付なし)
サイズの小さいお買い得ペネロペできるかなえほんシリーズは現在4冊056.gif  入園や小さなお子さま向けのプレゼントにどうぞ053.gif


※ご紹介の絵本・グッズのお品切れの場合はご容赦ください。
[PR]
by bh-jinbocho | 2008-03-16 12:27 | 本日のおきゃくさま☆
「暁星小学校おはなし会♪」
f0101969_18545191.jpg
今日のおはなし会は 小学生5,6年のみなさんそれぞれ3人ずつ、計6人でした! 
f0101969_18561784.jpgまずは 「ウラパン・オコサ かずあそび (谷川晃一・童心社)」 から。 (6年生) 1ならウラパンで2ならオコサ!と呪文のような言葉を大きい声で一緒に唱えました。 ページに合わせてみんなで楽しく盛り上がりました012.gif 
f0101969_19285498.jpg「バルボンさんのおでかけ (とよたかずひこ・アリス館)」 が続きます(6年生)。 わにのバルボンさんの愉快なある朝のお話。 ページをめくるごとに ほんわか笑いが出てきます。 
f0101969_19364371.jpg「はなをくんくん(ルース・クラウス・福音館)」 はとってもよくできた絵本です(6年生)。 最後にほんのりと幸せな春がひろがって、今の時期にとってもぴったりなお話でしたね。 たくさんの子どもさんが とっても静かに聴いていました。
f0101969_19383934.jpg今日もたくさんの子どもさんたちがいらっしゃって 楽しいお話会でした。 読み手の親戚の方々も多数ご参加いただいていたようで、ありがとうございました! 赤ちゃんも楽しそうにお話を聞いていた様子です。
f0101969_19402962.jpg「あらまっ! (ケイト・ラム・小学館)」 こちらは5年生の3人がそれぞれ ナレーション・おばあちゃん・男の子 と役を演じてお話してくれました。 会場は大盛り上がりで楽しかったです。
f0101969_19421616.jpg終わった後で 今日読んだ 「ルラルさんのにわ(いとうひろし・ポプラ社)」 の絵本を眺める女の子。 お庭のポカポカ素敵な感じがこれまた今の季節にぴったりのよい一冊です。 その日読んだ絵本を販売しておりますので みなさんぜひご覧ください!
f0101969_19541760.jpg終わった後、「面白かったー」 と子どもさんたち。 おはなしていきけんに シールを貼っていない子には終わった後に貼っています。 今日も大盛り上がりで 終わった後も楽しい余韻たっぷり。 ご参加いただきましたみなさん、ありがとうございました!
次回のおはなし会は 3月22日 小原乃梨子とおはなしフェアリーズのみなさんです。 お楽しみに060.gif
[PR]
by bh-jinbocho | 2008-03-15 16:48 | ブックハウスイベント
「チェコの児童文学」
f0101969_16255349.jpg
国立国会図書館国際子ども図書館展示会に行ってきました!

「もぐらくん」シリーズでおなじみの ズデニェク・ミレルや 「長い長いお医者さんの話」などのカレル・チャペック、世界的に有名なイラストレーター ヨゼフ・ラダ・・・。
優れた児童文学をたくさん世に送り出した偉大な彼らはみなチェコ出身です。 このような偉大な芸術家たちを生み出したチェコの子どもの本たちを、現在国際子ども図書館で開催されている 「チェコへの扉-子どもの本の世界」 という展示会で目にすることができます。

展示室の中は児童文学の歴史はもちろん、チェコのカッパ (日本の河童と似ています053.gif ) が出てくる本のコーナー、しかけ絵本ではパイオニア的存在のクバシュタの絵本コーナー、チェコ人で初めて国際アンデルセン賞を受賞したりディズニーを抑えてカンヌで賞をとったりミレルの師でもある偉大なイジー・トゥルンカのコーナーなどとても充実しています。 「チェコ出身で他国で活躍した作家」 コーナーではプロイスラーやサセックやシスたちが! なるほど~へぇ~っほぉ~っなどと声をあげつつ、結局ほぼ半日たっぷり見学してしまいました。 

ちょっと余談ですが、、個人的にチェコ文学といえば 「千野栄一」 氏が思い浮かぶ私ですが 今回の展示では、国際子ども図書館が所蔵している千野栄一氏旧蔵チェコスロヴァキア児童書コレクションが見られます!038.gif 

ところで 17世紀に活躍した近代教育学の父 "コメニウス(1592-1670 チェコのモラビア生まれ)" の著書 「世界図絵」 がおそらく世界で初めての児童書 (児童向けの本という意味です) ということを知りました。 ちなみにスメタナやドヴォルジャークといった音楽家もチェコ出身で モーツァルトの歌劇 「ドン・ジョヴァンニ」 の初演はプラハですし、東欧最古の大学はプラハ大学、ビールは世界一安くて美味しい(笑) などなど・・・。 チェコは世界に通用するキーワードをたくさん持っている偉大な国ですが そこで改めてチェコの歴史を鑑みてみると 「激動の・・」 という形容詞がふさわしいこの小さな国で これだけ世界に文化を発信しているということに驚きを通り越して感激しております。 ますます興味が湧いてきました! 


060.gif展示は見やすく チェコに詳しい方からあまり知らないという方まで 楽しめるような構成になっていると思います。 ぜひ行ってみてください。


詳細は以下をご覧ください。 国際子ども図書館HPでは展示リストを見ることができますよ029.gif


(以下 HPより引用)
チェコは、児童文学や絵本など子どもの本の宝庫としても知られています。 この展示会では、昔話や伝説の本をはじめ、第一共和国時代(1918-1938)を代表するチャペック兄弟やラダ、第二次大戦後では詩人のフルビーン、作家のジーハやペチシカ、画家ではトゥルンカ、ズマトリーコヴァー、ミレル、パツォウスカーなどの作品により、チェコの児童文学の歩みをたどります。
 また、しかけ絵本のほか「もぐら」や「カッパ」などチェコで愛されているキャラクターが登場する絵本などの特別コーナーも設け、国際子ども図書館所蔵資料を中心に、約280点の資料を展示いたします。
(開催期間・場所などはこちら!)
[PR]
by bh-jinbocho | 2008-03-14 16:23 | お知らせ
「はじめての 英語のおはなし会でした☆」
今日は まことに気持ちのいい土曜日、たくさんのお客さまでにぎわった神保町です。 おはなし会は アールアイシー出版の絵本の中から 大江パトリシアさんがご本人の著作を英語で読み聞かせということでしたが ご本人の体調がおもわしくなく、急遽娘さんのエリカさんがいらしてくださいました。 

f0101969_1551550.jpgエリカさん。 お母さまにそっくりな方です。 今日はずっと英語なわけですが、ブックハウスでは初めてなので 「どうかしら」 と思っていましたが 参加してくれた子どもさんたち 楽しんでいらっしゃったようですね。。 いかがでしたか? ご感想・ご意見など 年中無休でうけつけておりますので お気軽にスタッフまでお声かけてみてくださいね。

f0101969_1552991.jpg「Blue Mouse, Yellow Mouse(あおいろねずみときいろねずみ)」 。 青色ねずみの国はなにもかも青色。 黄色ねずみの国はすべてが黄色。 では、黄色ねずみが青色ねずみの国に行って住むと・・・? 異なる環境にも心を開いてほしいという、子どもたちへの願いが込められているすてきな一冊です。

f0101969_1554225.jpg今日は絵本は2冊、ねずみ当てゲームやリズム遊び、歌など たくさん遊びました。 踊って踊って♪ みなさん とっても上手に遊びをしていましたが、英語は得意なのかな?? すごいですね!! スタッフの方が わたわたしていたかもしれません042.gif  

f0101969_1561330.jpg子どもさんがたくさん来てくれて 盛り上がりました。 今日読んだ絵本は 『Blue Mouse Yellow Mouse(あおいろねずみときいろねずみ)』 『Where are My Stripes(しましまのクリスタ)』 (共にR.I.C出版/パトリシア大江) でした。 最後にシールのプレゼントありました053.gif 

f0101969_1562437.jpgねずみあてゲームで使ったカードです。 子どもさんたちが 好きな色のねずみを選び、読み手の方が選んだねずみと同じ色ならば勝ち残ります。 最後に残った3人の子に オリジナルノートのプレゼントが配られました053.gif おめでとうございます!


次回のおはなし会は3月15日(土) 暁星小学校の5,6年生のみなさんです! ブックハウスでも最年少の読み手チームです。 お見逃しなく!!

アールアイシー出版Story Chestシリーズ  日本のよい絵本を英語訳をとおして世界の子どもたちにも届けています。 「きんぎょがにげた」 「はじめてのおつかい」 「うしろにいるのだあれ」 など 0歳から英語に慣れているお子さままで広く楽しめる充実したレパートリーです。 

パトリシア 大江   イギリス-ケント州出身。 バーミンガム-アストン大学にて経営学・ドイツ語を専攻。 英語教師の資格を取得。1987年来日し、東京都在住。 オリジナル英語教材を作成し、幅広い年齢層に英語の楽しさを広め、現在に至る。 著書に 『Blue Mouse, Yellow Mouse』  『Where are my Stripes』 などがある。ワークショップを開催するかたわら、ナレーションの活動もしている。
[PR]
by bh-jinbocho | 2008-03-08 11:33 | ブックハウスイベント