BHのマスコット・じんぼうくんがつづるブックハウスの毎日
by bh-jinbocho
カテゴリ
全体
本日のおきゃくさま☆
ブックハウスイベント
お知らせ
サイン本コーナー
あれやこれや
神保町グルメ
イベントレポート
絵本作家さんのこと☆
フェア
原画展
メディア紹介情報
へなちょこスタッフ
ランキング
グッズ情報
勝手に育児日記
おはなしくまさん
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧
「けん玉教室やりました☆」
今日は けん玉道6段の重木さん、同じく5段の西田さんという 名人お2人を講師に招き けん玉教室を開催しました。
雨にも負けず、たくさんの方にお越しいただき ありがとうございました。


みなさんでけん玉認定にチャレンジされ、見事に級を取得されました! 認定証を手に、記念撮影。


みなさんけん玉は初めてとおっしゃる方でも 名人の指導のもと 見事成功! 乗ったときの笑顔はいいですね。


名人による ワザ披露のお時間。 大迫力でしたのでちょっぴり雰囲気をおすそわけ (画像が粗くて申し訳ありません)  全部 お見せできないのが非常に残念。


★空中ワザが得意な西田さん 豪快で楽しい!





★重木さん、リフティングやらイナバウワーやら連続技





★なんと、4つのけん玉を一度に操る重木さん 日本でただお一人だそうです





★超高速ワザ



けん玉はただ練習あるのみとおっしゃる西田さん。 現在の美しいワザの数々は継続した努力の結果だそうですよ。 けん玉は年齢や性別に関係なく楽しめ、適度な運動になり、集中力を高めるにも非常によいとされている 理想的なスポーツ053.gif  お金もかからないし、みなさんもぜひご一緒にいかがですか。 とはいえ、けん玉は消耗品ですので お買い替えは必要ですが。 名人は約3ヵ月くらいで交換されるそうです。

 
f0101969_17194365.jpg西田 満さん
日本けん玉協会 北大阪支部長
JKA公認二級指導員
ただいま指導者としても活躍中です。


f0101969_17204912.jpg重木 洋さん
けん玉師
日本けん玉協会 けん玉道六段
JKA公認二級指導員
数々の大会で優勝し テレビ出演も多数。
※けん玉五段所持は現在数十人、六段はなんと十人ほどしかいらっしゃらないそうです。
ちなみに六段が最高段です。 有段者は指導力も求められるらしく お二人とも教えるのもとてもお上手でした。


NPO法人 日本けん玉協会
[PR]
by bh-jinbocho | 2008-08-30 16:38 | ブックハウスイベント
「おかあさんの味 キッチンマミー☆」
だんだん暑さがやわらいできました。少しづつ夏のおわりを感じるこの頃。
すると自然に食欲がわいてくるのですね〜♪
ぶらぶらと神保町の裏通りを歩き、昼飯処を探していると、グリーンの看板に 「キッチンマミー」 の白い文字。
f0101969_1645271.jpg

店頭の黒板には 「おすすめセット 海老フライ×2 ポテトコロッケ×2」 など、なかなかのボリュームを感じます。
f0101969_1652213.jpg


今日は貝柱フライセット (貝柱フライ×3、コロッケ×1、ヒレかつ×1) をオーダー。 写真を見るとすごい量!にみえますが、フライの衣はうすくサクサクでくどくなく あっという間に夢中で完食してしまいました。
f0101969_1653629.jpg


一口で手作りとわかる、ひき肉入りコロッケ・適度な厚さのヒレかつ・3枚もあるのに全く飽きない甘味のあるホタテの貝柱フライ。
そしてキャベツのみそ汁が優し〜い味。 相当大盛りなごはんもおいしい。 これで750円。 ほんとにいいの?というお値段。

伺った日は、女性ふたりできりもりしていました。
美味しいけれど、気取っていない。 まさにマミー!とでも言いたくなる、おかあさんの味でした。
一心不乱にフライを揚げ続ける女将さんの姿に、つい先日お盆で田舎に帰った時の母親の姿を思い出したりして。

安くて・量があって・うまい。 これぞ神保町らしいお店を発見してしました。 とにかくお客さんをお腹いっぱいにしてあげたい。 そんなマミーの心意気を、お腹いっぱい感じてきました。

ごちそうさまでした!

注)これを書いたのは、おお食らいのスタッフです。普通はかなりのフライの量と感じるようです。 (K)
[PR]
by bh-jinbocho | 2008-08-28 15:36 | 神保町グルメ
「手作り絵本教室」
雨にもかかわらずたくさんの皆様ご参加ありがとうございました。
なかには表紙だけでなく、14頁もある中身まで完成させて帰られた方もおられました。
毎年夏休みの自由研究のノートがわりに「手作り絵本」を作成される方もいらっしゃいます。
今回は女子のみの参加でした。次回は男子も参加してくださいね。
写真のように皆一心腐乱に集中していました。
f0101969_1964872.jpg
夏休みの素敵な思い出になると良いですね。
ご指導いただきましたログハウスの皆様ありがとうございました。
[PR]
by bh-jinbocho | 2008-08-24 19:08 | ブックハウスイベント
「おはなしフェアリーズ」
23日(土)あいにくの空模様にもかかわらず、今回も32名もご参加いただきありがとうございました。さすが人気のフェアリーズさん!
途中「くいしんぼうのゴリラがバナナをたべた」の手あそびうたをはさんで、山下洋輔「ドオン!」・さとうわきこ「せんたくかあちゃん」・五味太郎「きんぎょがにげた」・長谷川義史「いいから いいから2」以上すべて(福音館書店)・渡辺有一「ねこのはなびや」(フレーベル館)の季節感あふれる五つものおはなしに参加者全員大興奮!
いつも会場と一体になって楽しませてくださるフェアリーズさんありがとうございます。
そして雨を吹き飛ばすほどの歓声をおくってくれた皆さんありがとうございます。
毎月第2・4土曜日の「おはなし会」スタッフ一同皆様をお待ちしていま~す。
f0101969_11183958.jpg

[PR]
by bh-jinbocho | 2008-08-24 10:31 | ブックハウスイベント
サイン本、またまた追加です!
f0101969_17511970.jpg『あまんきみこ童話集 3』
あまん きみこ作
荒井 良二絵
税込価格: ¥1,260 (本体 : ¥1,200)
出版 : ポプラ社
サイズ : 21cm / 145p
ISBN : 978-4-591-10120-9
「あまんきみこ童話集 3」のサイン本はご好評につき完売いたしました。ありがとうございました。

f0101969_17515645.jpg『カバローの大きな口』
戸田 和代作
荒井 良二絵
税込価格: ¥1,050 (本体 : ¥1,000)
出版 : ポプラ社
サイズ : 21cm / 112p
ISBN : 978-4-591-09815-8
「カバローの大きな口」のサイン本はご好評につき完売いたしました。ありがとうございました。


数量限定の入荷となります。お早めにどうぞ!

←のカテゴリ「サイン本コーナー」もぜひご覧ください♪
[PR]
by bh-jinbocho | 2008-08-22 17:54 | サイン本コーナー
「いしかわ こうじさんにお会いしました @ポプラ社 絵本カフェ」

ポプラ社から出ている 「これなあに?かたぬきえほんシリーズ(既刊は6巻)」 、ご存知ですか? ブックハウスでも大人気で カラフルな表紙が印象的。 なんと50万部を超えるベストセラーになっています。 今日は、その著者の いしかわこうじ先生にお会いしましたよ。 いしかわ先生の描くわんこ、にゃんこはとても可愛い。 私もだいすきです。

大学はデザイン科出身の先生。 新刊の 「どうぶつもようで・・・」 のパターン画などは 美術を幅広く学ばれたいしかわ先生ならではの作品で 赤ちゃん絵本とはいえ非常に完成度の高い一冊です。 過去の作品を拝見させていただきましたが イラストレーションのお仕事でもいろいろとご活躍なさっていらっしゃいました。 もしかしたらどこかでみなさんも目にされているかもしれませんね。 また、ずいぶん早くからパソコンで絵を描き始めたというパイオニアでもあります。 かたぬきえほんシリーズを見ると分かりますが 色合いがとても鮮やかで たいへんインパクトがあり心に残ります。

f0101969_11584589.jpg
いしかわこうじせんせい。 なんと、レイアウトや装丁などもこなすという先生。 絵本の宇宙はとても広い、外側も含めて全部 「本」 だ、という先生。 作るなら、子どもが喜ぶのはもちろん 読み聞かせる方 (親たち) も楽しめる絵本がいい、誰が読んでも楽しい絵本が重要だ、という先生。 絵本に対する愛情がとても深いかたです。 これからの、ますますのご活躍が非常に楽しみです。

いしかわこうじ公式HP  とーってもかわいい、楽しいサイトです♪チェック!


「これなあに?かたぬきえほん」 シリーズは フランスや韓国でも出版されています。 中国版も作成中 (2008.8現在) とのこと。 装丁が各国異なって 面白いですね。 写真左は フランス版の中身をちょっぴり公開。


f0101969_11564283.jpg「ふねくんのたび」 (いしかわ先生の新刊)
いしかわ こうじ作・絵
税込価格: ¥1,260 (本体 : ¥1,200)
出版 : ポプラ社
いしかわこうじ先生 はじめてのストーリー絵本。 今まで吸収したいろいろなものを作品としたそうで 移り変わる海と空の景色がとっても見事に表現されています♪ 読み聞かせにもどうぞ!

先生の 「ペーパーわんこ」 の絵本や工作絵本などもお見逃しなく! とっても可愛いのです。 


※ご紹介の書籍・グッズは在庫切れの場合がございます。予めご容赦くださいませ。
[PR]
by bh-jinbocho | 2008-08-20 10:39 | 絵本作家さんのこと☆
「字のない絵本『Swing』で遊んじゃおう! 作詩&ぬり絵会
f0101969_1744404.jpg「スウィング」
企画制作:㈱フォルツァ・グラフィコ・ディアロ・デザイン・チーム
ISBN 978-4-904040-00-3
発売日:2007年10月10日
発行所:㈱フォルツァ・グラフィコ
定価:1,575円(税込)
f0101969_1752334.jpg
本日のイベントに参加してくれたのは24名のお友達。ありがとうございました。描いてる間は皆無言一所懸命!でも完成すると「こんな風に塗れたよ」「うまく塗れたね」と皆さん大満足。楽しかったですね。
前頁色をつけストーリーまで完成してくれたお友達もたくさんいらっしゃいました。
f0101969_17574276.jpgこちらは下川茉緒さん(8才)の作品です。タイトルは「今日はここからスタートだ!」
子供はだれでも天才ですね!ありがとうございました。


※ご紹介の書籍・グッズは在庫切れの場合がございます。予めご容赦くださいませ。
[PR]
by bh-jinbocho | 2008-08-16 18:07 | イベントレポート
宮坂榮一原画展「伝えよう! わくわくおてんば 子供の遊び」
f0101969_11101638.jpg宮坂 榮一絵
西川 夏代文
税込価格: ¥2,100 (本体 : ¥2,000)
出版 : 教育出版
サイズ : 27cm / 63p
ISBN : 978-4-316-80253-4
発行年月 : 2008.4
f0101969_11111528.jpg
昔懐かしい子供の遊びの世界をご覧ください。おはじき、おてだま、けんだま、・・・。実物も合わせて展示中です。9月16日(火)まで。
当店入口左のディスプレイ・ウインドウにて。
宮坂さんサイン本も販売しています。
[PR]
by bh-jinbocho | 2008-08-15 11:16 | ブックハウスイベント
「マイケル・グレイニエツさんから みなさんへ☆」
f0101969_18134922.jpg「フィアボ  おはなしのすきなまっかなさかな 」
マイケル・グレイニエツさく  ほその あやこやく  出版 : ポプラ社
海の底で しあわせなできごとが起きています。 みんなでそーっとのぞいてみませんか? フィアボのこと・・・。

マイケル・グレイニエツさんは 1955年ポーランド生まれ。 「お月さまってどんなあじ?」(セーラー出版)で日本絵本賞翻訳絵本賞を受賞され 「どうしてかなしいの?/どこにいるの?」(ポプラ社)、「クレリア」(セーラー出版)など たくさんの作品がある先生です。

マイケルさん作の絵本 「フィアボ」 は昨年ポプラ社さんから出版されました。 真っ青な海の底に住んでいる まっかな魚・フィアボの 「ある日」 をお話にした きれいで優しい絵本です。 9月6日(土)からブックハウスギャラリーで原画展を開催します♪ お楽しみに。

さて、そんなきれいな絵本の作者さんはどんな方でしょう? ということで マイケルさんに独占インタビュー!(文中 『マ』 はマイケルさんの言葉です)



 ―フィアボを制作する中での こぼれ話があったら 聞かせてください。

(マ)前から 口の中で子どもを育てる魚がいることは知っていて、そのことをとても興味深いと思っていました。 フィアボを 「おはなしのすきな」 魚にしたのは、他の動物は鳴き声 (音) を持っていますが魚はそうではありません。 (魚のパクパクする様子を真似てみせるマイケルさん) だからこそ、魚に音を持たせ、話をさせたいと思いました。


 ―ご自身の作品の中で一番に思い浮かぶ作品はなんですか。 またその理由を教えてください。

(マ) 『クレリア えだのうえでおきたできごと』(セーラー出版刊)。 一番自分に近い考え方だからです。 また、ふつう、本は読んで、本を閉じてしまえばおしまいですが、この作品は本を閉じてもお話が続いていきます。 それがとても気に入っています。


 ―絵本作家として 日常的に気をつけていること、こだわっていることなどありますか。 

(マ)自分、編集者、そして読者のみなさん。 それぞれの考え方がどうであるか。 そう、コミュニケーションがうまくできているか、と考えますし、大切にしています。

 
 ―影響をうけた人物や物事、場所や風景 (空気・匂いなども含め) などありますか。

(マ)であったもの、目にしたものすべて。


 ―最後に、子どもたちへのメッセージ、ブックハウスへのメッセージをいただければ嬉しいです。
 
(マ)子どもたちへ:歯を毎日ちゃんとみがいてください。
 ブックハウスさんへ:原画展をひらいてくれてどうもありがとう。 サイン会でみなさんにあえるのを楽しみにしています。


以上、ミニインタビューでした☆ おだやかな目のマイケルさん。 
原画展は 9月6日から9月16日まで、おはなし会 (英語です) &サイン会は9月13日14時からです。 今からとっても楽しみなスタッフです。

独創的なサインをしてくれることで有名なマイケルさんですから どんなサインになるのかドキドキワクワクです。

みなさんのお越しを心よりお待ちしております。 
[PR]
by bh-jinbocho | 2008-08-12 17:33 | 絵本作家さんのこと☆
かこさとし氏講演会と原画展かこさとしの世界、サイン会
8月10日に銀座の教文館/子どもの本のみせ ナルニア国で行われた、
かこさとし氏講演会~科学絵本にこめた願い~」と
そのあとに行われた、かこさとしさんのサイン会に行ってまいりました☆

講演会は近隣のホールで行われました。
300名ほどの聴講者を前に、ちょっと照れた様子のかこ氏。
ジョークをとばしたり、とってもおちゃめな方でした。
全体に配られた資料は、かこさんお手製の印刷物です。※1
f0101969_18131146.jpg
野山で走り回っておられたという子ども時代には、トンボの羽の模様(し脈)を観察するのが好きだったそうです。羽の“し脈”の観察から、シオカラトンボとカワトンボの見分け方を
発見したという、研究者も顔負けの逸話も披露してくださいました。

とくに印象的だったのは、軍人を目指した少年時代のお話です。
大好きだった読書も美術もやめてしまった当時、
歴史や世界情勢や社会科学などの知識に欠け、
将来の展望もあやふやに軍人を志したことをとても後悔していると
語っておられました。
また、その後、絵本作家となって科学絵本に力を注いできたことも
今の子どもたちに身の回りのことに対して、
幅広い知識や関心を持ってほしい
という願いがこめられているそうです。


演劇サークルで活動した大学時代のことや、
会社員として働きながら、地域のセツルメント活動で
紙芝居を創作していたことなど、
一時間では語りきれないほど、沢山のお話をしてくださいました。
最後には、ビッグブックで「しろいぞうのはなし」を披露してくださいました。

「ただ単にたのしいお話をつくるより、
泣かしてしまうような怖いストーリーでも、
子どもの心をつかんで揺さぶるような作品を
つくることが私の使命」

かこさんの熱い言葉が心に残る、すばらしい講演会でした。

※1 8月10日講演会で配布された資料の写真(全8ぺージ、手の平サイズ)
写真の掲載は教文館子どもの本のみせ ナルニア国様の許可を頂いております。

原画展とサイン会の様子につづきます。(松)
[PR]
by bh-jinbocho | 2008-08-11 18:24 | イベントレポート