BHのマスコット・じんぼうくんがつづるブックハウスの毎日
by bh-jinbocho
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
本日のおきゃくさま☆
ブックハウスイベント
お知らせ
サイン本コーナー
あれやこれや
神保町グルメ
イベントレポート
絵本作家さんのこと☆
フェア
原画展
メディア紹介情報
へなちょこスタッフ
ランキング
グッズ情報
勝手に育児日記
おはなしくまさん
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
「西巻茅子先生にお会いしてきました♪」@ポプラ社絵本カフェ
f0101969_12739100.jpg

東京芸術大学美術学部で、ありとあらゆる美術を学ばれた西巻先生は、大学を卒業後、アルバイトの傍ら、リトグラフという手法で絵はがきなどを作られていたところ、こぐま社に「(リトグラフで)絵本を出してみませんか?」と声をかけられ、『ボタンのくに』で絵本作家デビューされたそうです。

ブックハウスでも大人気、西巻先生の代表作の一つに必ずあがる『わたしのワンピース』(こぐま社刊)は、「目を楽しませるのが絵本」といった、どちらかというとデザイナーの感覚で出版したところ、驚いたことに当時は評判があまり良くなかったらしいのですが、本が出て5年くらい経ってから、「図書館でいつも貸し出し中の本」ということで話題になり、子ども自身が選んでくれて人気が出た本、ということでとても思い入れがある一冊だそうです。 
特徴的な三角形のワンピースは、西巻先生が子どもの時に手作りした(子どもの時から絵を描くのがとてもお好きだったそうです)着せ替えが元になっているそうですよ。

絵本を描くときに一番大切にしていることは
「気持ちを本にこめるにはどうすればいいか、子ども達に伝えるためにどうすればいいか。そのためには流しては作らない。けれど、時間をかける=コテコテに描く、ということではないの。
絵自体は15分くらいで描けるけれども、気持ちにピタッとした絵(表情など)になるまで10枚以上描きます。描いたものが自分の方に向いてニコッと笑ってくれるまで描きます。絵を描くのがすごく楽しい。いろんな画材に挑戦します。本を作る時はまず、どういう画材で描こうか、というところから始めるのよ。」
とのことです。

西巻先生はだいたい3歳くらいのお子さんをメインに思い描いて絵本を描かれているそうです。「毎年新しい3歳が次々と生まれるのが子どもの本を魅力」だとか。
「その子たちが大きくなった時、本で楽しんだ気持ちをまるっきり忘れてしまうのではなく、心のどこかにしまわれていて、大学生ぐらいの年齢になった時、ふっ…と思い出したりしてくれるのが嬉しいわね」。

絵のみを担当される場合は、原稿をひととおり読んで最初のイメージで描かれるそうです。「子どもの本を描く時は、あまり難しく悩みすぎない方がいいというのが持論なの。」
また、絵だけではなくご自分でストーリーも作られる場合は、最初に絵を全部描いて、後で文を書かれるそうですよ。

先生の最新刊である『けいこちゃん』は1983年に雑誌「こどものとも」326号として福音館書店より刊行されたものを、あまんきみこ先生が全面改稿して、絵も西巻先生が新たに描きおろされました。
『けいこちゃん』で使われた画材はガッシュ(不透明水彩)。描いている紙が特殊で、版画に使う手漉きの和紙だそうです。
「こどものとも版の絵は見ないで描いたのだけれども、似ているところと似てないところがあるわね。
当時と一番違うところは電話。今は携帯電話になったので、いろんなけいこちゃんと電話をする場面が、コードがついている昔のダイヤル式電話じゃなくなりました。」
「あまんきみこさんとは何冊も一緒に絵本を作っているけど、楽しくスッと絵が描けます。あまり細かく指定をされないので、絵を描く方がある程度自由に描けるの」
「お話とは関係ない猫とか犬とか人形などを画面にいれるようにしています。一つのページが豊かになるように絵を増やしていくんです。『けいこちゃん』でも主人公のけいこちゃんのお隣にウサギがいるでしょう?」
いました、いました! けいこちゃんの隣にかわいいウサちゃんが♪ 
皆様もぜひ実際に本を開いて確認してみてください☆
ブックハウスでお待ちしております。

<西巻茅子先生のポプラ社最新刊>
f0101969_11522426.jpg『けいこちゃん』(絵本いつでもいっしょ24) 
あまんきみこ作 西巻茅子絵
/税込価格:¥1,155(本体 : ¥1,100)
/出版:ポプラ社/サイズ:23×23cm / 28p/ISBN:978-4-591-10406-4
/発行年月:2008.7


幼稚園に入った日、「けいこちゃん」と先生に呼ばれた時、と同時に返事をした子がいました。同じ名前の子とすっかり仲良しになったけいこちゃんは、お母さんがドーナツをいっぱい作った日に、一緒に食べたいな、と思って電話をしたら、違うけいこちゃんに繋がって…?

「けいこちゃん」という主人公の名前を、お子さまの名前に変えてぜひよんであげてください。楽しくて子どもたちが大喜びすること間違いなしの絵本です。

※ブログでご紹介しております書籍・グッズはお品切れの場合がございます。 予めご了承くださいませ。
[PR]
by bh-jinbocho | 2008-10-27 11:44 | 絵本作家さんのこと☆
「サイン本コーナー、さらに充実!」
いずれも数に限りがございます。お早めにどうぞ!029.gif


f0101969_17574244.jpg『ノンタンぶらんこのせて』
キヨノ サチコ 作絵
税込価格: ¥630 (本体 : ¥600)
出版 : 偕成社
サイズ : 19cm / 1冊
ISBN : 4-03-217010-X
発行年月 : 1976.8
※キヨノサチコさんのイラストとサインが入っています。
「ノンタンぶらんこのせて」のサイン本はご好評に付き完売いたしました。 ありがとうございました。

f0101969_1853733.jpg『あいつもともだち』
内田 麟太郎 作
降矢 なな 絵
税込価格: ¥1,050 (本体 : ¥1,000)
出版 : 偕成社
サイズ : 25cm / 31p
ISBN : 4-03-232150-7
発行年月 : 2004.10
※内田麟太郎さんのイラストとサインが入っています。

「あいつもともだち」のサイン本はご好評に付き完売いたしました。 ありがとうございました。

f0101969_1864639.jpg『ピカピカ』
たばた せいいち 作
税込価格: ¥1,470 (本体 : ¥1,400)
出版 : 偕成社
サイズ : 27cm / 55p
ISBN : 4-03-330830-X
発行年月 : 1998.12
※たばたせいいちさんのサインが入ってます。

「ピカピカ」のサイン本はご好評に付き完売いたしました。 ありがとうございました。

f0101969_1810592.jpg『こうさぎピピピンのたんじょうび』
やまだ うたこ ぶんとえ
税込価格: ¥1,260 (本体 : ¥1,200)
出版 : 偕成社
サイズ : 26cm / 32p
ISBN : 4-03-330980-2
発行年月 : 2003.10
※やまだうたこさんのイラストとサインが入っています。

「こうさぎピピピンのたんじょうび」のサイン本はご好評に付き完売いたしました。 ありがとうございました。

f0101969_18113747.jpg『まつげの海のひこうせん』
山下 明生 作
杉浦 範茂 絵
税込価格: ¥1,050 (本体 : ¥1,000)
出版 : 偕成社
サイズ : 26cm / 1冊
ISBN : 4-03-330270-0
発行年月 : 1983.1
※山下明生さんのサインが入っています。
「まつげの海のひこうせん」のサイン本はご好評に付き完売いたしました。 ありがとうございました。

f0101969_18123812.jpg『水仙月の四日 』
宮沢 賢治 作
伊勢 英子 絵
税込価格: ¥1,680 (本体 : ¥1,600)
出版 : 偕成社
サイズ : 29cm / 35p
ISBN : 4-03-963440-3
発行年月 : 1995.9
※伊勢英子さんのサインが入っています。
「水仙月の四日」のサイン本はご好評に付き完売いたしました。 ありがとうございました。

f0101969_1813587.jpg『氷河ねずみの毛皮』
宮沢 賢治 作
木内 達朗 絵
税込価格: ¥1,680 (本体 : ¥1,600)
出版 : 偕成社
サイズ : 29cm / 34p
ISBN : 978-4-03-963880-9
発行年月 : 2008.2
※木内達朗さんのサインが入っています。
「氷河ねずみの毛皮」のサイン本はご好評に付き完売いたしました。 ありがとうございました。

f0101969_18143227.jpg『チュウリップの幻術』
宮沢 賢治 作
田原 田鶴子 絵
税込価格: ¥1,470 (本体 : ¥1,400)
出版 : 偕成社
サイズ : 29cm / 31p
ISBN : 4-03-963780-1
発行年月 : 2003.4
※田原田鶴子さんのイラストとサインが入っています。
「チュウリップの幻術」のサイン本はご好評に付き完売いたしました。 ありがとうございました。

←のカテゴリ「サイン本コーナー」もぜひご覧ください♪
[PR]
by bh-jinbocho | 2008-10-25 18:23 | サイン本コーナー
「小原乃梨子とおはなしフェアリーズのおはなし会」
今日のおはなし会にも、たくさんのお客さまが集まってくださいました!
メニューは、秋にちなんだ絵本を4冊。
f0101969_16185477.jpgまずは「あきはいろいろ(五味太郎作 小学館)」。
『あきはいろいろ!』と、フェアリーズのみなさんが声をそろえて読んでくれました。
この絵本は、ブックハウスの「うごくえほん」でもお楽しみいただけますよ。

f0101969_16231966.jpg次は、ポルトガルのむかしばなし「はしれ! カボチャ(エバ・メフト 文/アンドレ・レトリア絵/宇野 和美訳 小学館)」。
孫娘の結婚式に出かけたおばあさんが、道の途中でオオカミ、クマ、ライオンに食べられそうになって……。みんな夢中で聞いていましたね。

f0101969_16405798.jpgそして、おいしそうなたべものがたくさん出てくるおはなし「もりいちばんのおともだち(ふくざわゆみこ 作 福音館書店)」。食欲の秋にぴったりな1冊でした。

f0101969_16473182.jpg最後は、小原さんが「ハロウィンナー(デーヴ・ピルキー 作/かねはらみずひと 訳 アスラン書房)」を読んでくれました。 効果音やネコの鳴き声などをまじえたおはなしは、大迫力。とっても楽しかったです。

f0101969_1733369.jpg次回は、11月8日(土)の14:00から、京北学園のみなさんによるおはなし会です。
[PR]
by bh-jinbocho | 2008-10-25 17:08 | ブックハウスイベント
「今日のおはなし会は 千代田おはなし会 のみなさんでした」
今日は雨が降ったり降らなかったり・・少し寒かったり寒くなかったり・・のあいにくのお天気の神保町でしたが、おはなし会にはたくさんの子どもたちが参加してくれました★

f0101969_20494276.jpg今日は 「千代田おはなし会」 のお2人です。 ブックハウスではもうおなじみですね。 ゆっくり丁寧に、しっかりと4冊の絵本を読んでくれたので ちょっぴり長めのお話も みなさん集中して静かに聞いていました。 
f0101969_20523958.jpg 「かぐや姫(金の星社)」 「ともだち(谷川俊太郎 文 玉川大学出版)」 「つきよのおんがくかい(山下洋輔 文 福音館書店)」 「9ひきのうさぎ(せなけいこ ポプラ社)」 の4点。 今日はうさぎさんや月がたくさん出てきました。 なんとなく秋の雰囲気ですね。

f0101969_20543547.jpg千代田おはなし会のみなさんは 最初と最後に 「ろうそくのうた」 を手遊びするの。 ♪ろうそくふっ、これでおしまい、おはなし会♪ 参加してくれたみなさん、本当にありがとうございました~! 

今日、おはなしていきけんのシールがいっぱいになった子、たくさんいましたね。 これからもたくさん参加して、シールをいっぱい集めてね。

次回は10月25日 小原乃梨子とおはなしフェアリーズのみなさんです。 お楽しみにね。
[PR]
by bh-jinbocho | 2008-10-11 20:46 | ブックハウスイベント
「きむらゆうこさんからのメッセージ☆」
もぐらのクルテクの絵本をはじめ、チェコの本翻訳などでご活躍中の木村有子さんから ブックハウスギャラリーで開催される 「クルテクの生みの親 ズデニェク(ズデネック)・ミレル原画展(10/9~)」 へ お言葉をいただきました。 木村有子さんは ミレルさんとも親交があり もちろんクルテクの生まれた国であるチェコにもとても詳しい方ですので、チェコではもぐらくん (クルテク) はどんな人気なのか、その魅力はなにかを教えていただきましたよ。 木村さん、どうもありがとうございました! (文章中の写真提供 : 木村有子さん)


ブックハウス神保町のミレル原画展に寄せて


《もぐらのクルテクはチェコで・・・》


ミレルさんの次女の家で写真を撮る瞬間
娘さんがもぐらくんのぬいぐるみを高くかかげて隠れました。(2006年)
「えっ、クルテチェックを日本語に訳すの?」
チェコの友人に翻訳が決まったことを伝えたとたん、目を丸くして喜んでくれました。その嬉しそうな表情が今も忘れられません。
“クルテク”(KRTEK)とは、チェコ語で“もぐら”を意味しますが、チェコの人は愛情を込めて“クルテチェック”(KRTEČEK)と呼ぶことが多いのです。もぐらのクルテクの話題になると、チェコの様々な年齢の人は、なぜか笑顔になることに気がつきました。その秘密はどこにあるのでしょう。
 私が初めて本場のもぐらくんと出会ったのは、1970年代初めのことでした。親の仕事の関係で、当時のチェコスロヴァキアの首都プラハに住むことになり、私はチェコの小学校へ通うことになりました。
チェコの友達の家に遊びに行くと、子ども部屋の本棚には「もぐらとずぼん」「もぐらとじどうしゃ」を始めとするミレルさんの絵本が、必ずと言っていいほど並んでいました。
中でも、もぐらくんはアニメーションも放映されていたためか知名度が高く、学校や保育園などの手作りポスターにもよく登場し、目につきました。また、当時は10センチ大のぬいぐるみが、雑誌やタバコを売る店「キオスク」で売られていて、小学生でも買える値段だったように思います。チェコスロヴァキアで、もぐらのクルテクを知らない人がいない、と言っても過言ではありませんでした。

もぐらくんといえば、チェコで知らない人はいないくらいの人気者です。
その生みの親であるミレルさんに会いする、というので最初は緊張していました。
ところが、気さくでやさしいミレルさんとは、すぐに打ち解けました。(2004年)

この人気キャラクターを生んだズデニェク(ズデネック)・ミレルさんは、今年87歳ですが、今も現役で絵本の構想を練ったり、娘さんと一緒に絵本を作ったりしています。
では、もぐらのクルテクの歳は一体いくつでしょう?今年でなんと52歳です!「もぐらとずぼん」というアニメーションで、もぐらくんがデビューしてから、すでに半世紀以上も経っています。
数年前プラハで、10歳のチェコの女の子に“もぐらくん”についてインタビューをしたことがあります。
「もぐらくんの絵本は何冊も持っていて読書も大好き。“クルテク“のアニメーションはDVDで、お母さんやおばあちゃんと観ます」と言っていました。
テレビ放映もあるので、学校でもクルテクが話題に上ることもある、と聞きました。チェコでは、本当に半世紀前のアニメーションが、世代を超えて愛されているのに感心しました。
ミレルさんの絵本を訳していて思うのは、作者のやさしい眼差しです。そのやさしさは、友達思いで、困っている仲間がいれば飛んでいくような、そんな正義感あふれるもぐらくんのストーリーに現れていますが、ミレルさんの描く花ひとつ、木一本、イモムシも良く見ると、愛情がたっぷり注がれていることに気づきます。

約1年ぶりに再会のミレルさんと木村有子さん(2007年)
「いつの時代にも子どもには幸福な時間や場所があることを知らせたい」という強い思いを持って作品を描いているミレルさん。
私たちが、ミレルさんの絵本を開いて心がなごむとしたら、それは年齢に関係なく“子ども時間”を持つことができたからではないでしょうか。 


木村 有子

チェコのヤポンカ きむらゆうこさんのHP
[PR]
by bh-jinbocho | 2008-10-06 18:09 | 絵本作家さんのこと☆
「新しいサイン本が到着しました!」
数に限りがございますので、お早めにどうぞ016.gif

f0101969_17244620.jpg「かいけつゾロリ カレーVSちょうのうりょく」
原 ゆたか さく・え
税込価格: ¥945 (本体 : ¥900)
出版 : ポプラ社
サイズ : 22cm / 105p
ISBN : 978-4-591-10396-8
発行年月 : 2008.7
※原ゆたかさんのサイン&イラスト入りです。
「かいけつゾロリ カレーVSちょうのうりょく」のサイン本はご好評に付き完売いたしました。 ありがとうございました。
f0101969_17282885.jpg
「はるにあえたよ」
原 京子 文
はた こうしろう 絵
税込価格: ¥1,365 (本体 : ¥1,300)
出版 : ポプラ社
サイズ : 26cm / 33p
ISBN : 978-4-591-09715-1
発行年月 : 2007.3
※原京子さんのサイン&イラスト入りです。
「はるにあえたよ」のサイン本はご好評に付き完売いたしました。 ありがとうございました。
←のカテゴリ「サイン本コーナー」もぜひご覧ください♪
[PR]
by bh-jinbocho | 2008-10-03 17:33 | サイン本コーナー