BHのマスコット・じんぼうくんがつづるブックハウスの毎日
by bh-jinbocho
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
本日のおきゃくさま☆
ブックハウスイベント
お知らせ
サイン本コーナー
あれやこれや
神保町グルメ
イベントレポート
絵本作家さんのこと☆
フェア
原画展
メディア紹介情報
へなちょこスタッフ
ランキング
グッズ情報
勝手に育児日記
おはなしくまさん
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧
「夏の終わりのフェアリーズ」
f0101969_1546285.jpg8月28日(土)、小原乃梨子さんとおはなしフェアリーズのみなさんによるおはなし会がありました。夏休み最後の週末ということで、夏にちなんだいろいろな絵本が披露され、みんなで楽しい時間を過ごしました。
最初は「にじいろのさかな」(マーカス・フィスター/作 講談社)。
f0101969_15471696.jpgフェアリーズのメンバーが手作りしたきらきらのうろこが、イベントの最後に参加した子どもたちにプレゼントされました。
「ねこのはなびや」(渡辺有一/作 フレーベル館)は、ねこたちのかけ声が威勢よく、しかけ花火の「ナイアガラの滝」のシーンでは会場から歓声があがっていました。
f0101969_15473328.jpg小原さんは「うみのむこうは」(五味太郎/作 絵本館)を、想像力をかきたてるようにゆっくりと朗読してくれました。
フェアリーズのメンバーは、何度も練習をくり返してから本番にのぞむそうで、それぞれのおはなしはもちろん、全体の構成も楽しくまとまっていて、すてきなおはなし会でした。

次回のブックハウスイベントは、8月29日(日)の13時30分から、「第3回 英語絵本 リードアラウド!」です。
[PR]
by bh-jinbocho | 2010-08-28 15:47 | ブックハウスイベント
「サトシンさんのサイン本、入荷しました」
ひとつずつ手書きのため、写真と実際のサインが異なる場合がございますので予めご了承くださいませ。
数に限りがございますので お早めにどうぞ!

f0101969_1534430.jpgf0101969_15301240.jpg






『きみのきもち』
サトシン作
相田 毅作
ミスミ ヨシコ絵
税込価格: ¥1,260 (本体 : ¥1,200)
出版 : 教育画劇
サイズ : 25cm / 1冊
ISBN : 978-4-7746-1159-4
発行年月 : 2010.8

※サトシンさんのサイン&イラストが入っています。

「きみのきもち」のサイン本はご好評につき完売いたしました。 ありがとうございました。

[PR]
by bh-jinbocho | 2010-08-28 15:41 | サイン本コーナー
「あたらしいサイン本が到着しました☆」
ひとつずつ手書きのため、写真と実際のサインが異なる場合がございますので予めご了承くださいませ。
数に限りがございますので お早めにどうぞ!

f0101969_17482011.jpgf0101969_17502951.jpg『こねこのモモちゃん美容室』
なりゆき わかこ 作
トビイ ルツ 絵
税込価格: ¥1,050 (本体 : ¥1,000)
出版 : ポプラ社
ISBN : 978-4-591-11799-6
発行年月 : 2010.5
※なりゆきわかこさんとトビイ ルツさんのサイン&イラストが入っています。


「こねこのモモちゃん美容室」のサイン本はご好評につき完売いたしました。 ありがとうございました。










f0101969_17491722.jpgf0101969_1751079.jpg





『はなこ八月七日にひろったこねこ』 ポプラちいさなおはなし
なりゆき わかこ 作
垂石 眞子 絵
税込価格: ¥945 (本体 : ¥900)
出版 : ポプラ社
サイズ : 21cm / 87p
ISBN : 978-4-591-10832-1
発行年月 : 2009.3
※なりゆきわかこさんのサイン&イラストが入っています。

「はなこ八月七日にひろったこねこ」のサイン本はご好評につき完売いたしました。 ありがとうございました。






f0101969_17493828.jpgf0101969_17511540.jpg





『かわいいこねこをもらってください』 ポプラちいさなおはなし
なりゆき わかこ 作
垂石 眞子 絵
税込価格: ¥945 (本体 : ¥900)
出版 : ポプラ社
サイズ : 21cm / 79p
ISBN : 978-4-591-09938-4
発行年月 : 2007.10
※なりゆきわかこさんサイン&イラストが入っています。

「かわいいこねこをもらってください」のサイン本はご好評につき完売いたしました。 ありがとうございました。




なりゆきわかこさんと トビイ ルツさんにお会いした時のおはなし
[PR]
by bh-jinbocho | 2010-08-26 17:32 | サイン本コーナー
「なりゆきわかこ先生とトビイルツ先生にお会いしました☆」
f0101969_17472493.jpg 今日は月に一度のポプラ社さんの絵本カフェ。 今年の5月に出版された 「こねこのモモちゃん美容室」、作のなりゆきわかこ先生と絵のトビイルツ先生のお二人にお会いしました。

 なりゆきわかこ先生は、この 「こねこのモモちゃん美容室」 を始め、「かわいいこねこをもらってください(絵 垂石 眞子)」 「そっといちどだけ(絵 いりやまさとし)」 (以上ポプラ社) など、犬や猫を中心としたお話を書かれて人気の作家さんです。

f0101969_17471285.jpg 「歳をとって飼い主から捨てられた保健所にいる動物たちは、それでもずっと飼い主を待っているんですよね。 そういう動物たちをすべて救えないならば、せめてそういうことを子どもたちに伝えていきたい、それが自分の仕事かなって思いまして・・・」。 なりゆき先生は、漫画家として既にご活躍でしたが、ある日 “ある犬” のことをお話にしたい、描きたいと思ったところ、「この話は、漫画では表せない」 と、絵本出版社にその作品をお持ちこみになりました。 その出版社とは、もちろんポプラ社。 その時にその作品をご覧になった編集者さんが、今までずっとなりゆき先生の作品を編集してこられているベテラン編集者さん(以後、Nさんとさせていただきましょう!)。 「なりゆきさんの作品を拝見したときに、すうっと感情移入できたんですよね。 人生を重ね合わせていけるこの作品は、なりゆきさんの核となる作品になるんじゃないかなと思いました」。

f0101969_17492032.jpg -そんなお二人の出会いから なりゆき先生の絵本第一作目 「さよならチワオ(津金 愛子絵)」 が絵本としてこの世に送り出されました。 「なりゆき先生が 『一人で生きてゆけない弱い存在である犬や猫たちの命を助けたい』 というお気持ちで書かれているのと同じように、編集側も一冊一冊を大切に世に送りたい、そんな気持ちで一緒に作っています」 とお二人の絆を感じさせるお言葉を口にされる編集Nさん、最初に作品をご覧になった時は、途中で涙をこらえきれずにハンカチを取りに行ったというくらいでした、とおっしゃっていました。

f0101969_17495024.jpg そこからなりゆき先生が絵本作家さんとしてスタートされ、第54回 青少年読書感想文全国コンクール<課題図書>にも選ばれた 「かわいいこねこをもらってください」 が大ヒットとなるなど、先生の物語はたくさんの子どもたちに愛され読まれていきます。

f0101969_17485865.jpg 最新刊の 「こねこのモモちゃん美容室」 もとてもステキな物語です。 そして愛らしくておしゃれで思わず手に取ってしまう不思議な魅力がある装丁、表紙の絵。 このステキな絵を描かれたのがトビイ ルツ先生。  なりゆき先生とNさんは、いつも物語がほぼ出来上がると、絵を 「どなたに描いていただこうか」 と書店などをいろいろと話しながら回られるそうですが、そんな折、トビイ先生の絵をご覧になったお二人、即座に 「これだ!」 とひらめき、すぐにトビイ先生へお願いしたというエピソードが聞かれました。 Nさんが言うには 「あっ、今この絵が私を呼んだ!」 という感じだそうです。 

More
[PR]
by bh-jinbocho | 2010-08-25 17:07 | 絵本作家さんのこと☆
「鈴木のりたけさん サイン本到着!」
お待たせしました! 鈴木のりたけさんのイキなサイン本、ただいま好評販売中。 (9/3まで ギャラリーにて販売しております)

f0101969_1228629.jpgf0101969_12282241.jpg






「ぼくのおふろ」
鈴木 のりたけ作・絵
税込価格: ¥1,260 (本体 : ¥1,200)
出版 : PHP研究所
ISBN : 978-4-569-78061-0
発行年月 : 2010.7

「ぼくのおふろ」のサイン本はご好評につき完売いたしました。 ありがとうございました。





f0101969_1229517.jpgf0101969_1230524.jpg






「しごとば」
鈴木 のりたけ作
税込価格: ¥1,785 (本体 : ¥1,700)
出版 : ブロンズ新社
ISBN : 978-4-89309-461-2
発行年月 : 2009.3

「しごとば」のサイン本はご好評につき完売いたしました。 ありがとうございました。


f0101969_1231325.jpgf0101969_123212.jpg






「しごとば 続」
鈴木 のりたけ作
税込価格: ¥1,785 (本体 : ¥1,700)
出版 : ブロンズ新社
ISBN : 978-4-89309-489-6
発行年月 : 2010.1

「しごとば 続」のサイン本はご好評につき完売いたしました。 ありがとうございました。




★それぞれ、鈴木のりたけさんのイラストとサインが入っています。 写真と実物が異なる場合がございます。 予めご了承くださいませ。 数量限定となりますので、お早めにどうぞ!
[PR]
by bh-jinbocho | 2010-08-22 12:26 | サイン本コーナー
「いっしょにおふろをつくろう! 鈴木のりたけさんワークショップ☆」
f0101969_11511656.jpg9/3(金)まで ブックハウスギャラリーにて開催されております原画展 「ぼくのおふろ(PHP研究所)」 の著者、鈴木のりたけさんが ブックハウスにて 「いっしょにおふろを作ろう! ワークショップ」 を開催してくださいました♪

f0101969_1292124.jpgまずは、「どんなおふろか当ててみよう!」 クイズから! 鈴木のりたけさんが書いたイラストから、なにぶろかを当ててもらいます。 

f0101969_1295740.jpg分かるかな?? 写真の絵は小さいですが、「大トロぶろ」 ! 

f0101969_11544018.jpg見事、当たった子には、鈴木のりたけさん特製の 「ぼくのおふろ」 ロゴ入りタオルをプレゼント☆ おめでとう~。 嬉しいですね~。

f0101969_11554275.jpgクイズの後は、みんなでミニおふろを作って楽しみました。 のりたけさんが、サイコロを開いたような白い紙を用意してくれたので、それに自由に絵を描いて、組み立ててみます。 小さい子も、きゅっきゅっと色を塗って、一生懸命組み立てました。 お父さんお母さんは、とってもステキな作品を作られていましたよ。

f0101969_11562879.jpgできた、できた! おふろの水に いろんな人や動物たちが浸かっているのが、わかるかな~?

f0101969_11573657.jpgワークショップの後は、サイン会。 鈴木のりたけさん、お一人お一人にとっても丁寧にサイン&イラストを描いてくださいました。 お客さまの御要望にもおこたえする場面もあり、とってもステキなサインをたくさん見ることができたスタッフも 幸せでした。

f0101969_12102529.jpg
熱烈な鈴木のりたけファンが多かったらしく、子どもさんたちはみんな ご自分のサインが終わっても のりたけさんにぺったりとくっついて、サインをするのりたけさんの手元をじーっと眺めていましたよ。

楽しい一日でした! 鈴木のりたけさん、ありがとうございました~。


★ギャラリー内で、サイン本販売中! 詳しくはこちら。 お早めにどうぞ!
f0101969_1252876.jpg★ギャラリー内で、「みんなで作ろう! あいうえおふろ表」 というコーナーを作っています。 「あ」 から 「ん」 まで みなさんの自由な想像力で 楽しいおふろを考えて、表を完成させましょう! ぼちぼち埋まり始めていますね、まだまだ作品募集中ですので、ふるってご参加くださいね。
[PR]
by bh-jinbocho | 2010-08-22 11:49 | ブックハウスイベント
「だるまさんを作ってあそぼう! おはなし会&ワークショップ」
f0101969_15453014.jpg8月21日(土)、「だるまさんを作ってあそぼう! おはなし会&ワークショップ」が行われました。
かがくいひろしさんの「だるまさんが・の・と」(ブロンズ新社)のだるまさんの絵に色を塗って切り抜き、起き上がりこぼしを作りました。
イベントはまず、絵本のソム理恵さんによるおはなし会からスタート。
f0101969_15464325.jpgそしてワークショップです。まず、だるまさんを思い思いの色に塗ります。だるまさんだからといって、赤じゃなくてもいいんです。黄色やピンクのだるまさんも、すてきでしたよ。
色を塗ったら切り抜いて、ガムテープなどの芯に貼り付けます。

f0101969_15471510.jpg最後に、ちょうどいいバランスが取れるところに、重りを入れます。今回のワークショップでは、小麦ねんどを使いました。
これで起き上がりこぼしの完成です!
3歳くらいのお子さまでも、おうちの方といっしょに30分くらいでできました。
夏休みの宿題にもおすすめです。
「だるまさんが」の大きな絵本の前に、できあがった作品を並べてみました。
かわいいですね。
f0101969_15473736.jpg


次回のブックハウスイベントは、8月22日(日)の14時から、鈴木のりたけさんの「ぼくのおふろ ワークショップ」です。
[PR]
by bh-jinbocho | 2010-08-21 15:54 | ブックハウスイベント
「鈴木のりたけさんにお会いしました☆」
f0101969_16143138.jpg本日(2010/8/19)から始まりました、ブックハウスギャラリー原画展 「ぼくのおふろ(PHP研究所)」 。 この絵本を描かれた 鈴木のりたけさんにお会いしました。 「しごとば (ブロンズ新社)」 も大ヒット中、爽やかで元気いっぱいのキラキラ☆した夏のような、勢いを感じさせる絵本作家さんです。 今日は、この 「ぼくのおふろ」 制作秘話などを含めて 鈴木のりたけさんにお話をしていただいたことを、こちらのブログでご紹介しちゃいますね☆ 
 
-「ぼくのおふろ」 は、どのように生まれたんですか。
 (鈴木のりたけさん;以下(鈴)) ぼくは子どもの頃、おふろの中で遊ぶのが好きだったんですよ。 湯船に浸かったまま蓋をしめて声の反響を楽しんだり、その暗さが実はどこかへつながるトンネルかと想像したり・・。 一作目 「ケチャップマン(文芸社ビジュアルアート)」 はこどもの目線を意識していなかったので、今度はそこに正面から向き合った絵本を作りたいなと思っていたところ、ちょうど 「ストーリー物」 の話をいただいたのです。 そこで、そんな子ども時代からずっと妄想していた冒険ものを考えたという訳です。

 「ぼくのおふろ」 は周りの評価も上々ですね。 友人の子どもから、「たけやん(鈴木のりたけさんのこと)、めいろ作るのうまいねぇ(P6-7)」 なんて言われたり(笑)。 一見したときの反応は 「しごとば」 よりも 「ぼくのおふろ」 のほうが明るいですね。また、『電車のおふろのところ(P14-15)、終着駅に近づくと白濁してきたりして(笑)』 なんて、そういう話で盛り上がる(笑)。 内容が具体的だからですね。 日常の延長で起こるものを想像するのは、楽しいですよね。

f0101969_1622997.jpg-表紙のおしり、評判いいですね(笑)。 ぷくっとしてて、可愛い!
(鈴) 一歳半の娘がいるので、おむつ替えの時のおしりを見たりしてます。 娘がモデルみたいなものですね。


-好きな場面や、苦労したところなどありますか。
(鈴) 楽しんで描けたのは、見返しですね。 物語の中で、「こんなおふろあったらいいな」 というページ (P10-11) に盛り込み切れない いろいろなおふろのアイディアがあって、それを見返しにもってきたんです。 見返しだからできる思い切りのよさ、みたいな感じで、とっても楽しんで描いていましたね。
 難しかったところ・・・そうですねえ。 「しごとば」 もそうですが、細かくたくさん描き込むのは大変ですが結構好きなのです。 でも、この絵本の最初のところは割と空間が多いですよね。 そこを抑え気味にして、次第におふろがアップグレードしていってピューーっと全体が盛り上がっていく、という流れを描きたかったので、最初の 「抑え気味」 のところを、空間を生かすという今までと違うタッチにしているため、気を使って描きました。

 ぼくは一枚ずつ絵を仕上げていくのですが、一枚を4~5日くらいで描き上げますね。 この絵本の後半は細かい描き込みが多くて時間はかかりましたが、楽しんで描きました。 ラフの段階でほとんどそのまま完成というくらい描いているので、原画は拡大コピーしてトレースして描き込んでいきます。 色校で苦労しましたが、最終的にステキな仕上がりになったと思います。 アイディアから最後絵本が出るまで、結構早く出来上がりました。

 アイディアは、ぼくの場合は日常にすべてひそんでいます。 でも、普通に生活していると、それらに気付かない。 だから、所々面白そうなところにスポットをあてて、掘りだすということを常に心掛けています。 「面白い」 と思うことに敏感になって、調べたり、さらにもうひと手間かけて掘り下げる、そんなところが大切かなと思います。

続きはこちら☆
[PR]
by bh-jinbocho | 2010-08-19 15:42 | 絵本作家さんのこと☆
「夏のおはなし会 神保町応援隊のみなさん」
f0101969_1526597.jpg今日は、神保町応援隊のみなさんによるおはなし会がありました。
とても暑い一日でしたが、たくさんの方が集まってくださいました。
まず最初のおはなしは「ばけものづかい」(せなけいこ/作・絵 童心社)。ろくろっくび、ひとつめこぞう、からかさなど、いろいろなばけものが登場します。読み手の人たちがそれぞれのばけものになりきって、何度も練習したというだけあり、迫力満点でした。
f0101969_15272545.jpg次に、大型絵本を使った「にゃーご」(宮西達也/作・絵 鈴木出版)。ねこの恐ろしさを知らない無邪気なねずみと、どこか憎めないねことのやりとりに、会場から笑いの声があがっていました。
 このあと、いつものおはなし会とはちょっと違う「パントマイムむかしばなし 三枚のおふだ」がKoTaMaの2人によって披露されました。
f0101969_1527421.jpgやまんばがお寺の小僧さんをしつこく追いかけてくるシーンは、いちばん前で見ていた男の子が「こわいよ……」とつぶやくほどのドキドキ感。パントマイムによるやまんばの動きや表情が、絵本や紙芝居と比べものにならないほどインパクトがありました。
f0101969_1528548.jpg最後はせなけいこさんの「どろどろ」(ポプラ社)で、「ど」のつく食べものを当てっこしたり、歌をうたって楽しく盛り上がりました。
おはなしのジャンルや見せ方に工夫がこらされていて、あっという間の30分でした。

次回のブックハウスイベントは、8月21日(土)の11時30分から 「サトシンさんと歌って遊ぼう!(仮)」です。
[PR]
by bh-jinbocho | 2010-08-14 15:29 | ブックハウスイベント
「靖国打ち水週間 COOLYASUKUNI -2℃」
8/9~8/13まで行われた 「靖国打ち水週間」 。 都会のヒートアイランド現象を少しでも緩和し、快適な環境を維持するため行われます。 本日は最終日ということで、ブックハウスの打ち水現場をちょっぴりお届けしましょう。

f0101969_16105284.jpg
打っています!
f0101969_16111157.jpg
のぼりです。

ブックハウスでは、二次利用水を使って打ち水しました。 ほんのちょっぴり、地球温暖化防止に役立ったでしょうか。。

【打ち水について】
1㎡に1ℓの打ち水でマイナス2度の効果があると言われています。  朝夕の涼しい時間に打ち水するのが有効です。

みなさまも、打ち水いかがですか~☆003.gif
[PR]
by bh-jinbocho | 2010-08-13 16:04 | あれやこれや