BHのマスコット・じんぼうくんがつづるブックハウスの毎日
by bh-jinbocho
カテゴリ
全体
本日のおきゃくさま☆
ブックハウスイベント
お知らせ
サイン本コーナー
あれやこれや
神保町グルメ
イベントレポート
絵本作家さんのこと☆
フェア
原画展
メディア紹介情報
へなちょこスタッフ
ランキング
グッズ情報
勝手に育児日記
おはなしくまさん
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧
「pipio おはなしとあそびのじかん スペシャル!」
f0101969_15482430.jpg7月28日(日)、「ねぇねぇ、なに読む? なにしてあそぶ? pipio おはなしとあそびのじかん」が開催されました。
あそび担当の平澤朋子さんと、先日発売された絵本「これ だれの?」(ブロンズ新社)の作者みやこしあきこさんが大学時代の同級生というご縁があり、今回は「これ だれの?」の刊行記念スペシャルとなりました。
おはなしのじかんでは、おはなし担当の武本佳奈絵さんがお子さんたちとクイズのようにやりとりをしながら「これ だれの?」を読んでくれました。
いろいろな持ちのものが描いてあるページを見ながら、その持ちものを使っている人(お花屋さん、お医者さん、バレリーナなど)を当てていきます。
文章はあまりありませんが、こうやってお子さんたちが参加すると盛り上がるので、読み聞かせにおすすめです。
f0101969_15491920.jpgあそびのじかんでは、平澤さんがあらかじめ描いた持ち主と持ちもののカードをシャッフルして、組み合わせを楽しむ遊びをしました。
「あかちゃん」の「おしゃぶり」、「おじいさん」の「いれば」、「どろぼう」の「くさいくつした」などの組み合わせだったはずが、シャッフルすると「まじょ」の「くさいくつした」、「おじいさん」の「おしゃぶり」という「これ だれの?」と言いたくなるような組み合わせになり、会場は笑い声に包まれました。
f0101969_16114038.jpg途中からはみやこしさんも加わり、その場で新しいカードを描いてもらいました。
「カミナリのおに」の「カミナリ」、「だれかのパパ」の「むしば」、「かしゅ」の「マイク」など、カードの種類が増えて、あそびはさらに白熱! 参加したお子さんたちが自分でカードを描いたりして、みんなで楽しい時間を過ごしました。
f0101969_15495395.jpgイベントのあと、みやこしさんのサイン会を行いました。
もちろん、お店用にもサインしていただいています。

サインは一冊一冊手描きのため、写真と雰囲気が異なる場合がございます。
数に限りがございますので、お早めにどうぞ♪
f0101969_20212722.jpg『これ だれの?』
みやこしあきこ/作
出版社名:ブロンズ新社
出版年月:2013年5月
ISBNコード:978-4-89309-559-6
(4-89309-559-5)
税込価格:1,365円
頁数・縦:1冊(ページ付なし) 23×23cm
f0101969_20224439.jpg『ピアノはっぴょうかい』
みやこしあきこ/作
出版社名:ブロンズ新社
出版年月:2012年4月
ISBNコード:978-4-89309-541-1
(4-89309-541-2)
税込価格:1,365円
頁数・縦:1冊(ページ付なし) 28cm
f0101969_20242273.jpgまた、ただいま店内の棚を2列使って「みやこしあきこの本棚」フェアを8月末まで開催中です。
みやこしさんがセレクトした「絵本作家として糧になっている本」、「素の自分が気に入っている本」、「思い出の本」35冊(一部品切れあり)をみやこしさんの自筆POPとともに陳列・販売しています。
ふだん当店では扱う機会のない「絵本ではない本」もありますので、ぜひご覧ください。
[PR]
by bh-jinbocho | 2013-07-28 16:31 | ブックハウスイベント
「夏だ! 浴衣だ! フェアリーズ☆」
f0101969_1626294.jpg7月27日(土)、小原乃梨子さんとおはなしフェアリーズのみなさんによるおはなし会が開催されました。
フェアリーズのみなさんはきれいな浴衣を着て登場。夏らしい雰囲気で、イベントはいっそう盛り上がりました。
今日のおはなしは、
「めがねうさぎのうみぼうずがでる!!」(せなけいこ/作・絵 ポプラ社)
「わにわにのおふろ」(小風さち/ぶん 山口マオ/え 福音館書店)
「ねこのはなびや」(渡辺有一/作 フレーベル館)
「うらしまたろう」(まつたにみよこ/文 岩崎ちひろ/画 偕成社)
の4作品でした。
f0101969_1626412.jpg大型絵本を使った「わにわにのおふろ」では、わにわに役のフェアリーズのお姉さんの「おじさんっぽい感じ」が絵本のおもしろさを引き立てていました。とくにわにわにがシャワーをマイクがわりにして「オーイェー」と歌うシーンは、みんな大笑い。そのあとの手あそび「わにの家族」も盛り上がり、小原さんも楽しそうでした。
f0101969_1627145.jpg「ねこのはなびや」は、威勢のいい花火師らしくぴったりと息も合っていて、とても迫力がありました。
絵本も大きな花火が打ちあがる場面で大きく広がり、会場からさかんに歓声があがっていました。
写真のしかけ花火「ナイアガラの滝」のシーンでは、身を乗り出して夢中になっているお子さんもいました。
f0101969_16271787.jpg小原さんによる「うらしまたろう」は、小さいお子さんにはちょっとむずかしいところもありましたが、まつたにみよこさんの流れるような文と岩崎ちひろさんの美しい絵を、大人の方がじっくりと味わっているようでした。

次のブックハウスイベントは7月28日(日)の14時から、「ねぇねぇ、なに読む? なにしてあそぶ? PiPio おはなしとあそびのじかん スペシャル版」です。
[PR]
by bh-jinbocho | 2013-07-27 16:26 | ブックハウスイベント
「和歌山静子先生のご来店で、スタッフから歓声が!」
f0101969_15344529.jpgブックハウスギャラリーにて原画展を開催中の
絵本 「王さま」シリーズの和歌山静子先生が、お立ち寄りくださいました☆
f0101969_152446100.jpg
とっても素敵な、やわらかな眼差しの先生。 王さまシリーズで育ったようなスタッフ(ひ)は、小さいころから好きだった絵を描かれた先生にお会いできて感激でした!!

先生に色紙も描いていただいております(期間中はギャラリーに飾っております)。 サイン本も描いていただきました。

王さまいっぱい、貴重な原画展は8/27(火)まで。 どうぞお見逃しなく!!
[PR]
by bh-jinbocho | 2013-07-26 15:35 | 絵本作家さんのこと☆
「レオ・レオニ 絵本のしごと@Bunkamuraザ・ミュージアム」
 Bunkamura ザ・ミュージアムで開催中の 『レオ・レオニ 絵本のしごと』 

f0101969_1339446.jpg

 とにかく壮大な規模の原画展でした! 016.gif 

 「スイミー」 「フレデリック」 「あおくんときいろちゃん」 など、たくさんの絵本の原画をこれほどの規模で一度に観ることのできる機会はそうありません。 絵本好きの人にはたまらない展覧会ですし、もしご存知ない方にも、グラフィック・デザイナーとして名を馳せたレオニの作品ですから、見ごたえのある内容だと思います。

 コラージュを駆使した作品はもちろん、油彩やリトグラフ、アクアチントの作品、プロフィール写真、彫刻など、彼の手によって輝きを与えられたものたちがいっぱい! 私は特にカメレオンの彫刻のフォルムにはまってしまいました。 この彫刻のコピーが売られていたならば・・・!残念! 「色の魔術師」と称されるレオニですが、このカメレオンを始めとした、とことんまで研ぎ澄まされたフォルムにも注目です。 彼の作り出すフレデリックなどの 「ねずみ」 も、よく考えたらシンプルの極みだと思うんですよね。

 最後には書籍やグッズの販売がされており、この展覧会オリジナルグッズもたくさんありました。 記念にひとつ、私も買ってみました012.gif

 会期は8月4日まで。 
何度訪れても、新たな発見がありそうな展覧会でした。 オススメです♪
Bunkamuraザ・ミュージアム レオ・レオニ 絵本のしごと ウェブサイト

☆ブックハウスでも、レオ・レオニ 絵本のしごと 関連フェアを開催中♪ 書籍・グッズもご購入いただけますので、合わせてぜひ! 
Bunkamuraさんより空いていますし・・・(苦笑)
[PR]
by bh-jinbocho | 2013-07-25 14:06 | イベントレポート
「和歌山静子『ぼくは王さま』原画展」
f0101969_1126748.jpg7月25日(木)より、ブックハウスギャラリーにて「和歌山静子『ぼくは王さま』原画展」がスタートしました。
最新刊『たまごがいっぱい』(寺村輝夫/原作 和歌山静子/構成・絵 理論社)の原画に加え、1979年の『あいうえおうさま』、『王さまかるた』、1967年の『王さまばんざい』(寺村輝夫/作 和歌山静子/絵 理論社)の原画もご覧いただけます。
f0101969_11275750.jpgまた、王さまファンの方には懐かしの王さまグッズや、1991年~1995年ごろに活動した「王さまクラブ」の会員証、機関紙「王さまタイムス」(いずれも非売品です)の展示も行っています。
クリアファイル、ポストカードのほか、サイン本も販売中です。
この展示は8月27日(火)まで開催します(最終日は17時まで)。


王さまと撮影会&あくしゅ 8/18(日) 13時~/15時~
可愛い?王さまがなんとブックハウスにご来店! あくしゅをしたり、一緒に写真を撮ったりして王さまと遊びましょう♪ 予約不要、各回約30分です。 お気軽に遊びにいらしてください。
(終了しました。イベントの様子はこちらでご覧いただけます♪)



サインは一冊一冊手描きのため、写真と雰囲気が異なる場合がございます。
数に限りがございますので、お早めにどうぞ♪
f0101969_11281864.jpg 『たまごがいっぱい』
寺村輝夫/原作
和歌山静子/構成・絵
出版社名:理論社
出版年月:2013年6月
ISBNコード:978-4-652-20017-9
(4-652-20017-X)
税込価格:1,260円
頁数・縦:31P 23cm

「たまごがいっぱい」のサイン本はご好評につき完売いたしました。ありがとうございました。

f0101969_1651551.jpg『ぞうのたまごのたまごやき』
寺村輝夫/作
和歌山静子/絵
出版社名:理論社
出版年月:2009年4月
ISBNコード:978-4-652-04077-5
(4-652-04077-6)
税込価格:1,365円
頁数・縦:40P 23cm

「ぞうのたまごのたまごやき」のサイン本はご好評につき完売いたしました。ありがとうございました。

f0101969_1663417.jpg『にせものばんざい』
寺村輝夫/作
和歌山静子/絵
出版社名:理論社
出版年月:2009年4月
ISBNコード:978-4-652-04078-2
(4-652-04078-4)
税込価格:1,365円
頁数・縦:32P 23cm

「にせものばんざい」のサイン本はご好評につき完売いたしました。ありがとうございました。

f0101969_1661560.jpg『カレンダーはにちようび』
寺村輝夫/作
和歌山静子/絵
出版社名:理論社
出版年月:2009年7月
ISBNコード:978-4-652-04079-9
(4-652-04079-2)
税込価格:1,365円
頁数・縦:36P 23cm

「カレンダーはにちようび」のサイン本はご好評につき完売いたしました。ありがとうございました。

f0101969_1664847.jpg『しゃぼんだまのくびかざり』
寺村輝夫/作
和歌山静子/絵
出版社名:理論社
出版年月:2009年8月
ISBNコード:978-4-652-04080-5
(4-652-04080-6)
税込価格:1,365円
頁数・縦:40P 23cm

「しゃぼんだまのくびかざり」のサイン本はご好評につき完売いたしました。ありがとうございました。

f0101969_1115643.jpg
『あいうえおうさま』
作: 寺村 輝夫
絵: 和歌山 静子
出版社: 理論社
税込価格: ¥1,050
「あいうえおうさま」のサイン本はご好評につき完売いたしました。ありがとうございました。

f0101969_1115217.jpg

『王さまめいたんてい』
原作: 寺村 輝夫
構成・絵: 和歌山 静子
出版社: 理論社
税込価格: ¥1,260

「王さまめいたんてい」のサイン本はご好評につき完売いたしました。ありがとうございました。
[PR]
by bh-jinbocho | 2013-07-25 11:23 | 原画展
「子どもが生まれて最初に読みたい絵本は?」KI②
 2歳と0歳の子どもと絵本を楽しむ毎日の、スタッフ (ひ) です。 
 まいどどうもこんにちは。

 子どもが生まれて最初に一緒に読む本、さて、みなさんは何を選んだのでしょうか?
 これからの方、何を読むか決めていますか?
 出産祝いが絵本の自治体があるようですし、絵本コーナーにもたくさんの絵本が並んで、何を読むのか選択肢がたくさんあって悩ましいですが、いい時代ですね。


 さて、私はというと、何を読むかは子どもを産むずっと前から決めていました。 そして、子どもがお腹にいる時から読んでいた、長ーいつきあいの絵本です。

f0101969_1554782.jpg「ちいさなうさこちゃん」
作:ディック・ブルーナ
訳:いしいももこ
出版社:福音館書店
¥735

 絵本の中でも 「超」 のつく有名な絵本。
60年もの長い間、そして現在では約40カ国語で読まれているという、世界一有名なうさぎのひとり、ナインチェ・プラウス (うさこちゃん) 。

 うさこちゃんの魅力は、私がお伝えするまでもなく、既に読んだ方の心に答えがあると思いますが、私がこれを読もうと思っていた大きな理由のひとつに、「読みやすい」、このひとことがありました。

 まず、絵。最高に、これ以上ないほどのシンプルさ。

 そして、文章。 原文は残念ながら私には読めませんが、石井桃子さんの訳された日本語が、なんとまあ心地よいこと。 日本語のリズム、音のながれ、言葉のチョイス・・・。 どんなに優れている文なのか、実際に言葉に出して読んでみて初めてわかることかもしれません。

 以前、訳者の石井桃子さんと共に東京子ども図書館を創設なさった松岡享子さんの講演会で、松岡さんが、「この絵本にはいろんなことが描かれているんですよ」 と、 『ちいさなうさこちゃん』 の素晴らしさを語ってくださっていました。
 お父さんとお母さんがそれぞれお仕事をきちんとしていること、小さな赤ちゃんが生まれて、それを周りの人が祝福するけれど、赤ちゃんやご両親のために、早めにおいとましてあげる気配りをしていること・・・など。
 愛情あふれる家庭と隣人に恵まれたうさこちゃん、それが赤ちゃんにとってどれほど大切なことかが絵本を通して伝わってきます。
 ブルーナさんの絵本が読者を温かい気持ちにさせてくれるところも、長年の人気の秘密なのでしょう。

 いろんな読み方ができる、深い絵本なんだなあ、とますます好きになってしまいました。
 最初に読む絵本として、ぴったりでした。

 さて、私と子どもと 『うさこちゃんの絵本』 で忘れられないエピソードがあります。
 
 感情も外に現れない、眠っているような子に向かって、くり返し、くり返し読むのはちょっぴりシンドイな~なんてちょっぴり思いつつも、絵本の素晴らしさに助けられながら、何度も読み聞かせをしていた新生児時代。 眠る前、電車の中、旅先や入浴中でも、子どもが心地よさそうに聞いていることに私も嬉しくなっていましたが、そんなある日・・・

 8か月頃、絵本の最後の方で、うしが 「うさこちゃんがおうまれになって おめでとう」 というシーンで、子どもがパチパチ拍手をするではありませんか。 特に、教えたわけではないのに、「おめでとう=拍手」 ということが乳幼児の頭の中でつながったということに非常に驚き、また、子育て中の親にとって、こんな成長がどんなに大きく心に響き嬉しかったことか! 心が躍ったことを、今でも鮮明に覚えています。
 絵本の力って、すごい!うさこちゃんは、すごい!
 
 なぜうさこちゃんが愛され続けているのか、残念ながら私には上手に言葉にすることができませんが、我が子がこの絵本の持つ魅力を証明してくれたような気がしました。 もちろん、今でもよーく読んでいます。

 家にたくさんあるから、よく読む・・という理由もありますが(笑)

f0101969_16163587.jpgf0101969_16164071.jpgf0101969_16163814.jpg


 それでは、またいつかお会いしましょう。

*********************************
スタッフ(ひ)・・・ブックハウス神保町オープン時からお店の隅っこにひっそり生息していた、座敷ワラシならぬ、座敷オバサン。
現在、しっかり者の2歳(はなかっぱ似)と0歳(猪瀬直樹似)にダメ出しをされる母親業に勤しんでいます。
好物は、絵本。 たんと召し上がれ。
*********************************
[PR]
by bh-jinbocho | 2013-07-23 16:19 | 勝手に育児日記
「おはなし会 レオ・レオニスペシャル」
f0101969_1641033.jpg7月20日(土)、JPIC読書アドバイザーのみなさんによるおはなし会が開催されました。
今回は東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催中の「レオ・レオニ 絵本のしごと」に合わせて、レオ・レオニの絵本だけでおはなし会を構成していただきました。
最初のおはなしは「あおくんときいろちゃん」(藤田圭雄/訳 至光社)。
絵はシンプルですが、ストーリーはしっかりしています。レオ・レオニが孫のために作った絵本ということで、小さいお子さんから大人の方まで楽しんでくださったようです。
f0101969_16421216.jpg「アレクサンダとぜんまいねずみ」(谷川俊太郎/訳 好学社)は、人から迷惑がられているねずみ、アレクサンダのおはなし。みんなにかわいがられるおもちゃのねずみになることを望んでいたアレクサンダが、最後に選んだ願い事に感動しました。
ボードブック「あそぼうよ」(谷川俊太郎/訳 好学社)は、小さいお子さんたちの反応がよかったです。
f0101969_16425590.jpg「スイミー」(谷川俊太郎/訳 好学社)ではビッグブックが登場。くらげやいせえびなど、海の大きな生きものたちが出てくるシーンは大迫力でした。
美しい絵と、大人でも考えさせられるちょっとした教えのようなものが伝わってくるストーリー。
レオ・レオニの魅力がいっぱい詰まったおはなし会でした。

次のブックハウスイベントは7月27日(土)の14時から、小原乃梨子さんとおはなしフェアリーズのみなさんによるおはなし会です。
[PR]
by bh-jinbocho | 2013-07-20 16:42 | ブックハウスイベント
「せなけいこさん公認!特製スタンプつき絵本」
せなけいこさんの絵本に、かわいい特製スタンプが!!
スタンプつきの絵本は、以下4点。

f0101969_13434438.jpg「おふろにいれて」
作:せなけいこ
出版社:ポプラ社
税込価格:¥924
♪ぴかぴかの新刊!!

「おふろにいれて」のサイン本はご好評につき完売いたしました。 
ありがとうございました。

f0101969_13441874.jpg「はみがきさん」
作:せなけいこ
出版社:ポプラ社
税込価格:¥924
♪せなけいこ節がさく裂!

「はみがきさん」のサイン本はご好評に付き完売いたしました。 ありがとうございました。

f0101969_13442065.jpg「おばけなんてないさ」
作:せなけいこ
出版社:ポプラ社
税込価格:¥924
♪名曲とぴったんこ☆

「おばけなんてないさ」のサイン本はご好評につき完売いたしました。 
ありがとうございました。


f0101969_13442395.jpg「おばけのてんぷら」
作:せなけいこ
出版社:ポプラ社
税込価格:¥1,260
♪大ベストセラー!

「おばけのてんぷら」のサイン本はご好評につき完売いたしました。 
ありがとうございました。



そして、気になるスタンプとは??
こちらです、じゃーん!
f0101969_1340144.jpg


せなけいこさん公認とのこと、よくできています。 数量限定ですので、どうぞお早めに!
なくなり次第終了となりますのでご了承くださいませ。
[PR]
by bh-jinbocho | 2013-07-18 14:02 | サイン本コーナー
「第7回 英語絵本リーダーズ・シアター」
f0101969_19342553.jpg7月14日(日)、「第7回 英語絵本リーダーズ・シアター」を開催しました。
今回のテキストはDavid Wiesnerの「Art and Max」。
絵の得意なArthur(Art)と、絵を描きたいけど何を描いたらいいかわからないというMaxとのやりとりが楽しい絵本です。
f0101969_1935174.jpgArthurは落ち着きのある年長者、Maxはお調子者のイメージで、感じを込めながら読んでいきます。
ほかに、「読んでいるところを指でなぞる」「わからないところはムニャムニャでOK」「イベントが終わったら、24時間以内に誰か(人がいない場合にはペットでも可)に読んであげる」というお約束は「リードアラウド!」と同じです。
f0101969_19351524.jpg最後は前に並んで、シアターを開催! 感情を込めることでArthur、Maxそれぞれの個性が際立ち、迫力のある英語劇になりました。

次のブックハウスイベントは7月20日(土)の14時から、JPIC読書アドバイザーおはなし会 レオ・レオニスペシャルです。
[PR]
by bh-jinbocho | 2013-07-14 19:35 | ブックハウスイベント
「素話とわらべ歌 つくしんぼ文庫のみなさん」
f0101969_15245651.jpg7月13日(土)、つくしんぼ文庫のみなさんによるおはなし会が開催されました。
最初に、手で動物のまねをしながら鳴き声を出す歌を歌いました。
写真は「確かに聞こえるウシの声~」で、ツノを出している様子です。

f0101969_15253412.jpgおはなしのメニューは
素話「世界でいちばんきれいな声」
「せなかに のぼれ」(金尾恵子/作 福音館書店)
素話「口の大きな蛙の子」
「とべコウタ」(吉岡一洋/作 福音館書店)
でした。
f0101969_15255877.jpg最後はわらべ歌を歌いながら、みんなで輪になっての遊び。かごで川を渡るのですが、浅い川と深い川で違った動きをします。
お父さん、お母さんも参加してくださいました。
いっしょに深い川に沈んでいるときの写真です。

次のブックハウスイベントは7月14日(日)の13時30分から、「英語絵本 リーダーズ・シアター 第7回」です。
[PR]
by bh-jinbocho | 2013-07-14 15:26 | ブックハウスイベント