BHのマスコット・じんぼうくんがつづるブックハウスの毎日
by bh-jinbocho
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
本日のおきゃくさま☆
ブックハウスイベント
お知らせ
サイン本コーナー
あれやこれや
神保町グルメ
イベントレポート
絵本作家さんのこと☆
フェア
原画展
メディア紹介情報
へなちょこスタッフ
ランキング
グッズ情報
勝手に育児日記
おはなしくまさん
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2016年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧
「『くものうえのハリー』ママへ贈る絵本よみきかせセラピー」
f0101969_11184051.jpg
3月27日(日)、「『くものうえのハリー』ママへ贈る絵本よみきかせセラピー」が開催されました。
イベントは「くものうえのハリー」(パイ インターナショナル)の作者・城井文さん(右)と、JAPAN絵本よみきかせ協会代表理事の景山聖子さんによるトークからスタート。絵本誕生にまつわるこぼれ話をお聞きしました。
f0101969_11185313.jpg
お子さんたちが景山さん、城井さんと遊んでいる間に、ママたちは「くものうえのハリー」を黙読。子羊ハリーとママとの絆を描いた感動作です。
絵本を読んだあと、いよいよセラピーの開始です。
「お子さんが生まれた日のことを思い出してください」
「子どもたちと過ごしていて、最高に幸せだと感じている状態を「10」だとすると、今はいくつですか?」
「この絵本の中に、もし今の育児でのお悩み解決のヒントがあるとしたら、それは何だと思いますか?」
こんな質問を景山さんとやりとりすることで、ママたちはお子さんを見つめるまなざしがいつも以上にやさしくなったようです。
f0101969_1119564.jpg
最後は城井さんオリジナルのぬり絵をみんなで楽しみました。
当店のいつものおはなし会とはちょっと違った雰囲気でしたが、参加された方たちのみなさんが笑顔になったあたたかいイベントでした。
[PR]
by bh-jinbocho | 2016-03-27 17:15 | ブックハウスイベント
「3月のおはなしフェアリーズ☆」
f0101969_16112792.jpg
3月26日(土)、小原乃梨子さんとおはなしフェアリーズのみなさんによるおはなし会が開催されました。今回の絵本は、
「はるはゆらゆら」(五味太郎/作 小学館)
「たんぽぽはたんぽぽ」(おくはらゆめ/作 大日本図書)
「ともだちや」(内田麟太郎/作 降矢なな/絵 偕成社)
の3作品でした。
f0101969_16113747.jpg
読み聞かせの合間には「春が来た」や「チューリップ」を手遊び付きで歌い、春の訪れを感じさせるおはなし会になりました。
f0101969_16114862.jpg
イベントの終わりに小原さんから「おもしろかった?」と聞かれると、会場のお子さんたちがみんな元気よく「はーい!」と返事をしていました。

次のおはなしフェアリーズのおはなし会は、4月23日(土)の14時からです。
[PR]
by bh-jinbocho | 2016-03-26 16:10 | ブックハウスイベント
「聞かせ屋。けいたろう 絵本講座&絵本読み聞かせ」
f0101969_11101875.jpg
3月21日(月・振休)、「聞かせ屋。けいたろう 絵本講座&絵本読み聞かせ2016」を開催しました。
午前中は「聞かせ屋流 読み聞かせレッスン」。赤ちゃんへの読み聞かせにおすすめの絵本の紹介や、読み聞かせのポイントを解説していただきました。
f0101969_11102880.jpg
今回はゲストとして「おっぱいちゃん」(ポプラ社)の作者、有田奈央さんが登場。絵本製作のこぼれ話などをお聞きしました。
f0101969_11103912.jpg
14時からは、ギタリストの伊藤ゆういちさんをゲストに迎えた読み聞かせセッション。絵本のメニューは
「はじめまして」(新沢としひこ/作 大和田美鈴/絵 鈴木出版)
「どうぶつしんちょうそくてい」(聞かせ屋。けいたろう/文 高畠純/絵 アリス館)
「とべ、カエル、とべ!」(ロバート・カラン/ぶん バイロン・バートン/え 松川真弓/やく 評論社)
「どんないろがすき」(100%ORANGE/絵 フレーベル館)
「きょうはみんなでクマがりだ」(マイケル・ローゼン/再話 ヘレン・オクセンバリー/絵 山口文生/訳 評論社)
「大型絵本 ぴょーん」(まつおかたつひで/作・絵 ポプラ社)
の6冊でした。
f0101969_11104892.jpg
最後は会場のみんなでぴょーん! みんな笑顔のイベントでした。

次回の「聞かせ屋。けいたろう 絵本講座&絵本読み聞かせ」は5月22日(日)です。
[PR]
by bh-jinbocho | 2016-03-21 17:07 | ブックハウスイベント
「第23回 英語絵本リーダーズ・シアター」
f0101969_10271563.jpg
3月20日(日)、「第23回 英語絵本リーダーズ・シアター」を開催いたしました。
今回のテキストは「We Are in a Book !」(Mo Willems/作)でした。
f0101969_10272561.jpg
対照的な性格だけど仲良しのゾウとブタが登場する人気シリーズ「Elephant & Piggie Books」の1冊。ゾウとブタの会話だけでストーリーが進んでいくので、読み合い(リーダーズ・シアター)にも最適です。
f0101969_10274077.jpg
ゾウのセリフはゾウらしく低い声で、ブタのセリフは高い声でと読み分けます。文字の大きさやゾウとブタの表情もよく観察して、感情を込めて音読することで、英語劇としての楽しさをさらに味わうことができますよ。

次のリーダーズ・シアターは、5月15日(日)の13:30からです。
[PR]
by bh-jinbocho | 2016-03-20 16:25 | ブックハウスイベント
「つつみあれいさんがご来店!!そしてサイン本!」
ただ今、巷で 「可愛い、とっても気になる絵本が出た」 と評判になっているのは、この絵本・・・

f0101969_15415033.jpg『カペリーちゃん』 (つつみあれい・作/風濤社) !

当店でも、フェア絶賛開催中です! フェアのことを描いたブログは、こちらです。 ぜひ、読んでみてくださいね。

「カペリーちゃん」のサイン本はご好評につき完売いたしました。 
ありがとうございました。

さて、そんな噂のカペリーちゃんを描いた方は、いったいどんな方なんだろう? 興味津々ですね!
今日、作者のつつみあれいさんが、ご来店くださいましたよ!!
f0101969_15402994.jpg
ブックハウス宛てに、色紙を描いてくださいました。 つつみあれいさん、とっても可愛らしい方で、すみっこもりに住んでいる妖精さんのような方でした。

そして、もちろん、サイン本も・・・
f0101969_15402410.jpg
サラサラサっと可愛いカペリーちゃんを増刷されていく、つつみあれいさん。
絵本ごとにサインが違っていたりしますので、ぜひぜひ、直接お選びくださいーーー!!

サイン本はなくなり次第終了となりますので、お早目にどうぞ。

つつみあれいさん、遊びに来てくださってありがとうございました! また、来てくださいね。
[PR]
by bh-jinbocho | 2016-03-20 15:49 | サイン本コーナー
「ねぎかぉ&コショタンのおはなし会」
f0101969_160148.jpg
3月19日(土)、ねぎかぉのお二人によるおはなし会が開催されました。
まずは、ねぎおにいさんとかぉりんの元気な歌と踊りでスタート! 
f0101969_1601466.jpg
発声練習でウォーミングアップしたあとは、山口県出身のかぉりんに「大きな栗の木の下で」山口弁バージョンを歌ってもらいました。
f0101969_1603184.jpg
今回は特別ゲストとして、大阪古書組合のゆるキャラ「メ~探偵コショタン」も登場! 本の街・神保町にまつわるクイズや手遊び歌をみんなで楽しみました。
f0101969_1604680.jpg
最後の紙芝居は、参加してくれたお子さんたちが描いた絵をおはなしに登場させる、オリジナルの「うらしまたろう」。
みんなが笑顔になる、とっても楽しいおはなし会でした。
f0101969_161258.jpg

[PR]
by bh-jinbocho | 2016-03-19 17:58 | ブックハウスイベント
「3月のおはなし会 読み聞かせ交流広場のみなさん」
f0101969_1792038.jpg
3月12日(土)、読み聞かせ交流広場のみなさんによるおはなし会が開催されました。今回の絵本は、
「ぼくはおいしゃさん」(パトリシア・ベレビー/ぶん クラウディア・ビーリンスキー/え 那須田淳/やく ひくまの出版)
「そばせい」(川端誠/作 クレヨンハウス)
「おどれ!ひなまつりじま」(垣内磯子/作 松成真理子/絵 フレーベル館)
「どうぶつきかんしゃしゅっぱつしんこう!」(ナオミ・ケフォード/ぶん リン・ムーア/ぶん ベンジー・ディヴィス/え ふしみみさを/やく ポプラ社)
の4作品でした。
f0101969_1793936.jpg
「そばせい」はちょっと怖い結末の落語絵本ですが、みんないっしょうけんめい聞いていました。
f0101969_1795348.jpg
手遊び歌「てんぐのはな」をみんなで歌って楽しみました。

次の読み聞かせ交流広場のおはなし会は、7月9日(土)の14時からです。
[PR]
by bh-jinbocho | 2016-03-12 17:08 | ブックハウスイベント
「種村有希子さんが遊びに来てくれました♪」
f0101969_16275973.jpg
種村有希子さんが、遊びにいらしてくださって、楽しいひと時でした。 ギャラリーをご覧いただいたその出口付近にある、工藤ノリコさんのピヨピヨぬいぐるみを手にして、笑顔いっぱいの種村さん。

f0101969_16335618.jpg『サンタクロースになるひ』
作:種村 有希子
出版社:小学館
本体価格:¥1,400+税
発行日:2015年11月04日
ISBN:9784097265894

2015年のクリスマス時期に『くまとめいくんのクリスマス』という企画で、ギャラリーで原画展をさせていただいた種村さん。 
今年は10月くらいに、種村さんの新しい絵本を、読むことができるかも・・・という嬉しい情報をいただきました♪ ワーイ楽しみです。

また、原画展などできたらいいなあ・・・と思いながら。

種村さん、ご来店ありがとうございました☆ 

種村有希子さんの絵本たちは、とても温かです。
f0101969_16351582.jpg『ようちえんのおひめさま』
作:種村 有希子
出版社:講談社
本体価格:¥1,400+税
発行日:2014年06月11日
ISBN:9784061325784

f0101969_16351939.jpg『きいのいえで』
作:種村 有希子
出版社:講談社
本体価格:¥1,300+税
発行日:2013年05月23日
ISBN:9784061325463

[PR]
by bh-jinbocho | 2016-03-12 16:37 | 絵本作家さんのこと☆
「『カペリーちゃん』 つつみあれいさんのキラキラウキウキフェア☆」
とっても可愛い絵本が出ました。

f0101969_1135054.jpg『カペリーちゃん』
作:つつみあれい
出版社:風濤社
本体価格:¥1,400+税
発行日:2016年03月01日
ISBN:9784892194122
にちようびのあさみたいな女の子カペリーちゃんは、すみっこ森のほらあなにすんでいます。 

表紙から、ただものでないぞとドキドキする、カペリーちゃん。 絵やテキストの独特な感じはもちろん、登場する人たちの名前や設定、お話の意外 (すぎる) 展開が、子どもたちをぐいっと引き付けてしまう、魅力的な絵本です。 なんとも不思議な世界がいっぱい広がる、とってもキュートで癒し優し可愛い絵本の登場に、胸がワクワク。 その昂揚感を抱いて、ただ今、フェア好評開催中です♪

このフェアの魅力的すぎるポイント①
f0101969_11275127.jpg
f0101969_11275687.jpg
つつみあれいさんの手作りのポップや飾りたちを、風濤社さんが素敵に飾り付けしてくださいました。 なんと、飾りはつつみあれいさんの直筆です! 原画です!! よく見ると分かります。 ひゃーっ! この飾りつけも、ぜひご覧いただきたいポイント☆

このフェアの魅力的すぎるポイント②
f0101969_11281069.jpg
『カペリーちゃん』 ご購入の方に、先着で、オリジナル 「カペリーちゃんおみくじ」 差し上げております。 (なくなり次第終了となりますので、お早目に!) この 「おみくじ」 ただものではありません。 その理由は・・・ 

・・・ぜひ、直接ご覧いただきたいと思います♪

このフェアの魅力的すぎるポイント③
「カペリーちゃんをさがせ!」 やってます☆ 
f0101969_1128263.jpg
ブックハウス神保町の店内にいる 5ポーズのカペリーちゃんを探してもらうと・・・
f0101969_11324726.jpg
こんな素敵なオリジナルカペリーちゃん缶バッジを差し上げております♪ 注:プレゼントはいろいろ変わるかもしれません。

春先まで開催中のカペリーちゃんフェア! 絵本をまるっとお楽しみください。 みなさまのご来店をお待ちしておりま~す。
[PR]
by bh-jinbocho | 2016-03-12 12:11 | フェア
「山村浩二さんギャラリートーク」
3/11 山村浩二さんギャラリートーク 開催しました。

ただ今、ブックハウスギャラリーで開催中の 「妖怪一家九十九さん」 シリーズの絵を描かれた 山村浩二さんの、様々なお話を伺いました。

絵本のお話はもちろん、今回は先生の原体験 (なんと貴重な) や、アニメーション作家としてのお話、そして今後の展開など、多岐に渡るお話を、伺いました。
f0101969_1105679.jpg
お話が次から次へと飛出して、あっという間の60分でした。
f0101969_1111758.jpg
ナイトイベントなので、プロジェクターを使用している時は会場は真っ暗。 先生のアニメーションがとてもよく見えました!

先生の小さな時、学生時代、その後のお話、絵本デビュー作、アニメーション・・・ 会場からは、驚き・愉快・意外・ため息・感動・・・などなど、いろいろな声があがっていました。

アニメーションは手作業で、だいたい13分の作品でなんと 7000枚描かれるそうです。 震撼とした私でした。

山村先生、たくさんの興味深い貴重なお話をありがとうございました。

サイン会にもたくさんの方がご参加いただき、ありがとうございました。
f0101969_1112141.jpg


山村浩二さんの原画展は、ギャラリーは3/21まで。 ディスプレイウィンドウは、3月末までを予定しております。 お見逃しなく! 原画展
[PR]
by bh-jinbocho | 2016-03-12 11:19 | ブックハウスイベント